アルトとは?

アルトの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【アルトとは?】
アルトについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

アルトとは?

アルト

アルト(伊 alto)は、女声の声域(声種)のひとつで、コントラルト(contralto)とも言う。イタリア語の「高い」が原義で、テノールよりも高い音域を指すようになった。現在では女声の低い声を言い、女声を2部に分けたときの下の声部、3部に分けたときの一番下の声部の名前ともなる。おおむねアルト歌手はF3からB5くらいの声域をもち、4声体和声や合唱ではG3からE5くらいが用いられる。混声4部合唱ではテノールと合わせて内声、バスと合わせて低声とよばれる。日本におけるアルト歌手の数は現在、非常に少なく希少なものである。記譜は通常ソプラノと同様にト音記号が用いられる。 また、「アルトの音域の」という意味で楽器名に使われることもある。フランス語ではアルト(alto)がヴィオラを意味する。 オペラでは、ソプラノやテノール、バリトンやメゾソプラノに比べて主役級の役を演じる機会は少ないが、脇役の中で重要な人物を演じることも多い。どちらかといえば、年輩の人物(ワーグナーの『ニーベルングの指環』におけるエルダ、ムソルグスキーの『ボリス・ゴドノフ』における乳母、マスカーニの『カヴァレリア・ルスティカーナ』におけるルチアなど)を受け持つことが多い。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトフルート

『フルート』より : フルートは木管楽器の一種で、リードを使わないエアリード(無簧)式の横笛である。 今日一般にフルートというと、銀色または金色の金属製の筒に複雑なキー装置を備えた横笛、つまりコンサート・フルートを指すが、古くは広く笛一般を指していた。特にJ.S.バッハなどバロック音楽の時代にあっては、単にフルートというと、現在一般にリコーダーと呼ばれる縦笛を指し、現在のフルートの直接の前身楽器である横笛は、「トラヴェルソ(横向きの)」という修飾語を付けて「フラウト・トラヴェルソ」と呼ばれていた。かつてはもっぱら木で作られていたが、後に出現した金属製が現在では主流となっている。しかし、フルートは唇の振動を用いないエアリード式の楽器なので、金属でできていても木管楽器に分類される。 現代のフルート(モダン・フルート)は、バス・フルートなどの同属楽器と区別する場合、グランド・フルートまたはコンサート・フルートとも呼ばれ、通常C管である。19世紀半ばに、ドイツ人フルート奏者で楽器製作者でもあったテオバルト・ベームにより音響学の理論に基づいて大幅に改良され、正確な半音階と大きな音量、精密な貴金属の管体、優美な外観を持つに至った。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトゥール・アントゥネス・コインブラ

『ジーコ』より : ジーコ (Zico) ことアルトゥール・アントゥネス・コインブラ(Arthur Antunes Coimbra、ポルトガル語発音: [aʁˈtuʁ ɐ̃ˈtũnis koˈĩbɾɐ]、1953年3月3日 - )は、ブラジル出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。 愛称である「Zico」は「やせっぽち」の意味で、より原音に近い表記をすればズィーク ([ˈziku]) となる。 しばしば「白いペレ」と呼ばれることもあり、また、最も技術のあるフィニッシャー、最も優れたパサーの一人、1980年代初頭の世界一の選手とも評される。さらに、歴史上最も優れたフリーキックのスペシャリストの一人としても知られており、速いスピードで曲がるボールを蹴ることができた。2004年3月には、ペレによる偉大な存命サッカー選手125人にも名を連ねた。歴代最も偉大なサッカー選手と言われるペレは、「今までの間、私に最も近づいたのはジーコだった」と述べた。 ブラジル代表では、72試合に出場し52ゴールを挙げており、FIFAワールドカップでは1978年、1982年、1986年の3大会に出場した。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトネリコ

『アルトネリコ』(Ar tonelico)は、コンピュータゲーム、アニメ、漫画などにて展開されるメディアミックス作品、およびその作中に登場する巨大建造物の名称である。原作メーカーは製作をガスト販売をバンプレスト(後のバンダイナムコゲームス)が担当する。シリーズを通してディレクターを土屋暁(ガスト)、プロデューサーを河内厚典(バンダイナムコゲームス)、主題歌を志方あきこが務めている。 コンピュータゲームはシリーズとして第3作まで発売されている。 シリーズ第1作および関連作品は『アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女』を参照のこと。 シリーズ第2作および関連作品は『アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩』を参照のこと。 シリーズ第3作および関連作品は『アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く』を参照のこと。 本項では、主にアルトネリコシリーズ全体の概要と、シリーズ共通となっている世界観について記述する。 アルトネリコシリーズは、過去の人災によって大地が失われてしまった惑星アルシエルを舞台に、詩魔法(うたまほう)と呼ばれる特殊能力を行使することができる種族「レーヴァテイル」を巡る冒険および主人公とヒロインの心のふれあいを描くSFファンタジー。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女

『アルトネリコ』より : 『アルトネリコ(Ar tonelico) 世界の終わりで詩い続ける少女』(アルトネリコ せかいのおわりでうたいつづけるしょうじょ)は、ガストとバンプレスト(後のバンダイナムコゲームス)が共同開発したPlayStation 2用コンピュータRPG。2006年1月26日に発売された。 『アトリエシリーズ』を制作したガストと『サモンナイトシリーズ』の発売元であるバンプレスト(後のバンダイナムコゲームス)が初めて共同で開発したゲームであり、一連のアルトネリコシリーズの原点となる第1作。キャラクターデザインは小説『風水学園』の挿絵などを手がけたイラストレーターの凪良。主題歌は志方あきこの「謳う丘」。予約特典は登場キャラクターの設定やイラストが掲載された『アルトネリコ Official Visual Book』。 本作独自のゲームシステムとして、女性キャラのレーヴァテイル(歌唱によってこの世界の物理法則や古代のテクノロジーを操り、超常の力を行使することができる種族)が謳う詩魔法によって戦闘を行う「詩魔法戦闘システム」が導入されている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトゥク朝

アルトゥク朝(英語 Artuqid Dynasty)はディヤール・バクルを11世紀から15世紀にかけて支配した王朝。 アルトゥク朝はオグズ族系トゥルクマーンによるセルジューク朝系アタベク政権であり、ディヤール・バクル(ディヤール・バクルは地方名。今日のディヤルバクルの街はアーミドという)などクルディスターンあるいは北部ジャズィーラを11世紀から15世紀にかけて支配した。アルトゥク朝はマリク・シャーのもとで働いた始祖アルトゥクが南クルディスターンに領地を得て以降、この地域を本拠地として前サファヴィー朝・オスマン朝期に至る長い期間、独立あるいは半独立王朝を築いている。 初期の一時期には、アルトゥクの子イル・ガーズィーやスクマーン、バラクがシリアに進出し、一時期はアレッポを獲得している。この時期はちょうど第一回十字軍の到来にあたっており、彼らはそれぞれ十字軍との戦いに勝利し、最初期の聖戦の英雄として名高い。 ただしアルトゥク朝のシリアへの関与は12世紀はじめの約20年間であり、大部分の時代、アルトゥク朝はディヤール・バクルの群小地方政権であった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトサクソフォーン

『サクソフォーン』より : サクソフォーンまたはサクソフォンは、金属製の木管楽器の一種である。サックスと略称で呼ばれることが多い。 1840年代にベルギーの管楽器製作者アドルフ・サックスによって考案された。1846年に特許を取得している。saxophoneの名は彼にちなむ。元々吹奏楽団における木管楽器と金管楽器の橋渡しを目的に開発された。構造上、木管楽器に分類されるが、真鍮を主とした金属で作られており、木管楽器の運動性能の高さ、金管楽器のダイナミックレンジの広さを兼ね備えている。新しい楽器の恩恵として、洗練された運指、発音の容易さは他の吹奏楽器に類がない。 クラシック音楽からポップス、ロック、ジャズに至るまで、様々な分野の音楽で用いられる。特に吹奏楽やビッグバンドには欠かせない存在である。管弦楽では使用されることは少ないが、曲によっては使用される場合もある。ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4本のサクソフォーンで演奏されるサクソフォーン四重奏は、クラシカルサクソフォーンの代表的な合奏形態のひとつである。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトゥーロ・トスカニーニ

アルトゥーロ・トスカニーニ(Arturo Toscanini, 1867年3月25日 - 1957年1月16日)は、イタリア出身の指揮者。 1867年 3月25日、イタリア北部の町パルマのオルトレトレンテ(労働者階級が住む地域)ボルゴ・サン・ジャコモ(現ボルゴ・ロドルフォ・タンツィ)13番で生まれる。父クラウディオは仕立屋。母パオラ(パオリーナ、旧姓はモンターニ)は裁縫師。アルトゥーロは第1子で、唯一の男児。(子供は計4名。) 1871年 初めて歌劇場に連れて行かれ「仮面舞踏会」を聴く。 1876年 パルマ王立音楽学校に入学。当初は通学生。後に寮生となる。 1885年 9年間の厳しい教育の後、チェロと作曲で最高の栄誉を得て首席で卒業。(ピアノも最高点。)巡業歌劇団と首席チェロ奏者・副合唱指揮者の契約を結ぶ。18歳の若者にとってこれは名誉な事であった。 1886年 6月30日、歌劇団のブラジル リオ・デ・ジャネイロ公演において、ヴェルディの「アイーダ」の指揮者として突然デビューすることとなる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルト・アディジェ

『ボルツァーノ自治県』より : ボルツァーノ自治県 Provincia autonoma di Bolzano ボルツァーノ自治県の位置 ボルツァーノ自治県(イタリア語: Provincia autonoma di Bolzano)は、イタリア共和国トレンティーノ=アルト・アディジェ特別自治州に属する県。県都はボルツァーノ。 歴史的にティロルと呼ばれた地域の一部で、南ティロル(Südtirol)とも呼ばれる。ドイツ語を母語とするドイツ系(バイエルン系、アレマン系の一部)住民が人口の半分以上を占めるほか、ラディン語(レト・ロマンス語群の言語)の話者もおり、3つの公用語を併用する県である。 県名の正式表記は、3つの公用語で以下のようになる。 ドイツ語: Autonome Provinz Bozen - Südtirol イタリア語: Provincia autonoma di Bolzano - Alto Adige ラディン語: Provinzia autonoma de Balsan/Bulsan - Südtirolこの地域は、ティロル地方の南部に位置することから南ティロル(標準ドイツ語・アレマン語: Südtirol ; バイエルン語: Sidtiroul)とも呼ばれる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトゥール・ルリエー

アルトゥール・ルリエー(本名アルトゥール・セルゲイェヴィチ・ルリイェ Artur Sergeyevich Lur'ye 〔ロシア語:Артур Сергеевич ЛУРЬЕ 〕、1892年5月14日、スラウハラド – 1966年10月12日)はロシア出身の作曲家。1920年代には名実ともにソ連楽壇における指導的作曲家の一人として、スクリャービン後の前衛音楽の可能性を追究した。後にドイツ、フランス、アメリカ合衆国へと亡命し、ストラヴィンスキーの影響のもとに新古典主義音楽の信奉者となった。フランス時代にカトリックに帰依し、後半生にはアルテュール(=ヴァンサン)・ルリエ(Arthur[-Vincent] Lourié)と名乗った。代表作であり、草創期のグラフィック・スコアの一つと呼ばれる《大気のかたち Formes en l'Air 》がパブロ・ピカソに献呈されているように、ルリエは同時代の美術に通暁しており、改宗後のミドルネーム「ヴァンサン」は、ゴッホの洗礼名にちなんでいる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトゥール・ルリエ

『アルトゥール・ルリエー』より : アルトゥール・ルリエー(本名アルトゥール・セルゲイェヴィチ・ルリイェ Artur Sergeyevich Lur'ye 〔ロシア語:Артур Сергеевич ЛУРЬЕ 〕、1892年5月14日、スラウハラド – 1966年10月12日)はロシア出身の作曲家。1920年代には名実ともにソ連楽壇における指導的作曲家の一人として、スクリャービン後の前衛音楽の可能性を追究した。後にドイツ、フランス、アメリカ合衆国へと亡命し、ストラヴィンスキーの影響のもとに新古典主義音楽の信奉者となった。フランス時代にカトリックに帰依し、後半生にはアルテュール(=ヴァンサン)・ルリエ(Arthur[-Vincent] Lourié)と名乗った。代表作であり、草創期のグラフィック・スコアの一つと呼ばれる《大気のかたち Formes en l'Air 》がパブロ・ピカソに献呈されているように、ルリエは同時代の美術に通暁しており、改宗後のミドルネーム「ヴァンサン」は、ゴッホの洗礼名にちなんでいる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトトロンボーン

アルトトロンボーン(alto trombone)は、アルトの音域をもつトロンボーンである。トロンボーン ソプラノトロンボーンとトロンボーン テナートロンボーンの中間に位置する。最も一般的なトロンボーンであるテナートロンボーンよりもやや小ぶりの楽器である。音色もテナートロンボーンに比較してやや明るく軽やかである。
主としてオーケストラの中で使用されるが、稀にソロ楽器としても使用される。かつてのオーケストラではトロンボーンをアルト、テナー、バストロンボーン バスの3本で使用する習慣があったものの、現代ではアルトの役割はほぼテナートロンボーンに譲られ、テナー2本とバス1本が標準的な編成になっている。
古くはヘ (音名) ヘ(F)管も作られたが、現在は変ホ(E♭)管が一般的である。トロンボーン テナートロンボーンよりwikt:完全四度 完全四度高い音が出る。音域は、中央ハの13度下の変ホ E♭から中央ハの15度上の変ロ B♭程度だが、技術次第でさらに高い音も出せる。下もペダルトーンが出せるが、アルトトロンボーンにその音域が要求されることは少ない。楽譜は通常音部記号#アルト記号 アルト記号で書かれる。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトゥール・ルービンシュタイン

アルトゥール・ルービンシュタイン(Arthur Rubinstein, 1887年1月28日 - 1982年12月20日)は、ポーランド出身のピアニスト。様々な作曲家の作品の演奏で国際的な名声を博し、特にショパンの演奏では同時代の最も優れたピアニストであるとみなされている.。また、20世紀の代表的なピアニストの1人である 。ルービンシュタインの演奏家としてのキャリアは80年にも及んだ。 前半生はヨーロッパで、後半生はアメリカ合衆国で活躍した。ショパン以外では、ブラームスやスペインのピアノ音楽も得意とした。 出生名Artur Rubinstein(Arthurではない)としてウッチのユダヤ人の家庭に生まれる。8人きょうだいの末子で、父は富裕な工場主であった。2歳の時、姉のピアノのレッスンを聴いて、即座にその演奏を魅惑的に再現してみせ、絶対音感とともにピアニストとしても並ならぬ才能の持ち主であることを証明した。ルービンシュタインも4歳の頃までには、自ら神童であると自覚していた。ハンガリーの著名なヴァイオリニストであったヨーゼフ・ヨアヒムは、4歳のルービンシュタインの演奏を聴いて強い印象を受け、家族に次のように話したという。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトゥール・ルービンシュテイン

『アルトゥール・ルービンシュタイン』より : アルトゥール・ルービンシュタイン(Arthur Rubinstein, 1887年1月28日 - 1982年12月20日)は、ポーランド出身のピアニスト。様々な作曲家の作品の演奏で国際的な名声を博し、特にショパンの演奏では同時代の最も優れたピアニストであるとみなされている.。また、20世紀の代表的なピアニストの1人である 。ルービンシュタインの演奏家としてのキャリアは80年にも及んだ。 前半生はヨーロッパで、後半生はアメリカ合衆国で活躍した。ショパン以外では、ブラームスやスペインのピアノ音楽も得意とした。 出生名Artur Rubinstein(Arthurではない)としてウッチのユダヤ人の家庭に生まれる。8人きょうだいの末子で、父は富裕な工場主であった。2歳の時、姉のピアノのレッスンを聴いて、即座にその演奏を魅惑的に再現してみせ、絶対音感とともにピアニストとしても並ならぬ才能の持ち主であることを証明した。ルービンシュタインも4歳の頃までには、自ら神童であると自覚していた。ハンガリーの著名なヴァイオリニストであったヨーゼフ・ヨアヒムは、4歳のルービンシュタインの演奏を聴いて強い印象を受け、家族に次のように話したという。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトゥーロ・ルポリ

名前=アルトゥーロ・ルポリ
本名=
愛称=The Wolf / Wolfman, Il Lupo
カタカナ表記=アルトゥーロ・ルポリ
アルファベット表記=Arturo LUPOLI
原語名=
原語表記=
誕生日=1987年6月24日
身長=177cm
体重=76kg
血液型=
ポジション=フォワード (サッカー) FW
背番号=9
利き足=左
CAP数=
代表ゴール数=
アルトゥーロ・ルポリ(Arturo LUPOLI, 1987年6月24日 - )は、イタリア出身のサッカー選手。ポジションはフォワード (サッカー) フォワード。アスコリ・カルチョ所属。
パルマFC パルマの下部組織出身であり、将来的にはサッカーイタリア代表 イタリア代表のフォワードをジュゼッペ・ロッシと共に担う存在といわれている。下の世代の代表はU-16から各年代に呼ばれ、2007年現在はU-21イタリア代表に招集されている。17歳にして国外のトップリーグに移籍した異色のキャリアの持ち主でもある。2004-2005シーズンのイングランドプレミアリーグのリザーブリーグ得点王。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトゥール・オネゲル

『アルテュール・オネゲル』より : アルテュール・オネゲル(フランス語: Arthur Honegger、1892年3月10日 - 1955年11月27日)は、近代フランスの作曲家である。フランス6人組のメンバーの一人。 生涯と作風 生涯 1892年の3月12日にスイス人の両親の元、ルアーブルに生まれる。本来「オスカル=アルテュール・オネゲル(Oscar-Arthur Honegger)」という名前であったが、「オスカル」の部分は使われることはなかった。父アルテュール・オネゲル=ユルリックはコーヒーの輸入商社の支配人を務めていた人物で、母と同じく音楽の愛好家でもあった。音楽好きでピアノも得意だった母ジュリー・ユルリックから音楽の手ほどきを受け、最初ヴァイオリンを習うが、作曲の試みがこの最初の頃から行われていたとオネゲル自身が語っている。また1904年頃には詩や小説の創作を試みたりしている。 1905年、教会のオルガニストを経て、ソートゥルィユに和声法と対位法の音楽理論の手ほどきを受けた。チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の創設者でチューリッヒ音楽院の院長でもあったフリードリヒ・ヘーガー(1841年 - 1927年)に勧められ作曲家を志す。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトロンガンダム

『シェンロンガンダム』より : シェンロンガンダム(Shenlong Gundam)は、1995年放送のテレビアニメ『新機動戦記ガンダムW』に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。 東洋の龍の意匠を持つ格闘戦用ガンダムタイプMSで、主要人物の一人である「張五飛(チャン・ウーフェイ)」の搭乗機。機体名の「シェンロン」は、「神龍」の中国語読み。敵組織である「OZ(オズ)」からは「'ガンダム05’(ゼロファイブ)」のコードネームで呼ばれる。劇中後半では、改修型である「アルトロンガンダム」として登場する。 メカニックデザインは大河原邦男が担当。テレビ放送終了後に発表されたOVAおよび劇場用アニメ『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』では、カトキハジメの手により再デザインされたアルトロンが登場する。これに伴い、改修前のシェンロンも再デザインされた。以降、大河原デザインの機体は「テレビ版」、カトキデザインの機体は「EW版」として区別されているが、設定上は同一機あつかいとなっている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトロンガンダムカスタム

『シェンロンガンダム』より : シェンロンガンダム(Shenlong Gundam)は、1995年放送のテレビアニメ『新機動戦記ガンダムW』に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。 東洋の龍の意匠を持つ格闘戦用ガンダムタイプMSで、主要人物の一人である「張五飛(チャン・ウーフェイ)」の搭乗機。機体名の「シェンロン」は、「神龍」の中国語読み。敵組織である「OZ(オズ)」からは「'ガンダム05’(ゼロファイブ)」のコードネームで呼ばれる。劇中後半では、改修型である「アルトロンガンダム」として登場する。 メカニックデザインは大河原邦男が担当。テレビ放送終了後に発表されたOVAおよび劇場用アニメ『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』では、カトキハジメの手により再デザインされたアルトロンが登場する。これに伴い、改修前のシェンロンも再デザインされた。以降、大河原デザインの機体は「テレビ版」、カトキデザインの機体は「EW版」として区別されているが、設定上は同一機あつかいとなっている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトゥル・ザイス=インクヴァルト

アルトゥル・ザイス=インクヴァルト(Arthur Seyß-Inquart、1892年7月22日 - 1946年10月16日)は、オーストリア及びドイツの政治家、法曹。 1938年の独墺合邦(アンシュルス)においてオーストリア側で中心的な役割を果たした。第二次世界大戦中にはドイツ軍が占領したオランダの国家弁務官(Reichskommissar)を務めていた。戦後、ニュルンベルク裁判の被告人の一人となり、絞首刑となった。 前半生 ザイス=インクヴァルトは、1892年7月22日に当時オーストリア=ハンガリー帝国領だったメーレン地方のシュタンネルン(Stannern)(現チェコのストナジョフ))に中学校教師の息子として生まれた。はじめはアルトゥル・ツァジィティッヒ(Arthur Zajtich)という名前だったが、後に姓をザイス=インクヴァルトに変えた。 1907年に一家でウィーンに移住。法律を学んでいたが、第一次世界大戦の勃発で1914年8月にオーストリア陸軍のチロル猟兵連隊(Tyroler Kaiserjäger)に入隊した。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトゥール・ザイス=インクァルト

『アルトゥル・ザイス=インクヴァルト』より : アルトゥル・ザイス=インクヴァルト(Arthur Seyß-Inquart、1892年7月22日 - 1946年10月16日)は、オーストリア及びドイツの政治家、法曹。 1938年の独墺合邦(アンシュルス)においてオーストリア側で中心的な役割を果たした。第二次世界大戦中にはドイツ軍が占領したオランダの国家弁務官(Reichskommissar)を務めていた。戦後、ニュルンベルク裁判の被告人の一人となり、絞首刑となった。 前半生 ザイス=インクヴァルトは、1892年7月22日に当時オーストリア=ハンガリー帝国領だったメーレン地方のシュタンネルン(Stannern)(現チェコのストナジョフ))に中学校教師の息子として生まれた。はじめはアルトゥル・ツァジィティッヒ(Arthur Zajtich)という名前だったが、後に姓をザイス=インクヴァルトに変えた。 1907年に一家でウィーンに移住。法律を学んでいたが、第一次世界大戦の勃発で1914年8月にオーストリア陸軍のチロル猟兵連隊(Tyroler Kaiserjäger)に入隊した。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


アルトゥール・ザイス=インクヴァルト

『アルトゥル・ザイス=インクヴァルト』より : アルトゥル・ザイス=インクヴァルト(Arthur Seyß-Inquart、1892年7月22日 - 1946年10月16日)は、オーストリア及びドイツの政治家、法曹。 1938年の独墺合邦(アンシュルス)においてオーストリア側で中心的な役割を果たした。第二次世界大戦中にはドイツ軍が占領したオランダの国家弁務官(Reichskommissar)を務めていた。戦後、ニュルンベルク裁判の被告人の一人となり、絞首刑となった。 前半生 ザイス=インクヴァルトは、1892年7月22日に当時オーストリア=ハンガリー帝国領だったメーレン地方のシュタンネルン(Stannern)(現チェコのストナジョフ))に中学校教師の息子として生まれた。はじめはアルトゥル・ツァジィティッヒ(Arthur Zajtich)という名前だったが、後に姓をザイス=インクヴァルトに変えた。 1907年に一家でウィーンに移住。法律を学んでいたが、第一次世界大戦の勃発で1914年8月にオーストリア陸軍のチロル猟兵連隊(Tyroler Kaiserjäger)に入隊した。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88


「アルト」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「アルト」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「アルト」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る