アンダンテとは?

アンダンテの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【アンダンテとは?】
アンダンテについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

アンダンテとは?

アンダンテとフィナーレ (チャイコフスキー)

《アンダンテとフィナーレ》は、《交響曲変ホ長調_(チャイコフスキー) 交響曲 変ホ長調》の草稿のうち、緩徐楽章と終楽章の部分に基づいている。この未完成交響曲に、チャイコフスキーは1892年に着手するもやがて放棄した。そしてその草稿を転用して、フランスのピアニスト、ルイ・ディエメに完成を約束していたピアノ協奏曲を書き上げることにした。したがって未完成交響曲の緩徐楽章が協奏曲の第2楽章、終楽章がそのまま終楽章に引き継がれるはずであり、1893年5月から7月の間に、改作の作業に着手された。だがチャイコフスキーは第1楽章の改作を終えると、秋にその管弦楽法 オーケストレーションを進めた上で、単一楽章の《演奏会用アレグロ》として完成させたのである。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%86


アンダンテと変奏曲 (シューマン)

アンダンテと変奏曲(アンダンテとへんそうきょく、ドイツ語 独:”Andante und Variationen” )変ロ長調作品番号 作品46は、ロベルト・シューマンが1843年に作曲した楽曲。室内楽の版と、ピアノ二重奏 2台ピアノの版とがある。作品番号は、厳密に言うと2台ピアノ版の方にのみ付けられている。
当初、2台ピアノとチェロ2、ホルン1という編成の室内楽曲として作曲された。一旦非公式の場で試奏され、その評価を踏まえて、2台ピアノ用の曲に改訂された。改訂時、当初の室内楽版の序奏部分・間奏部分、および第10変奏を割愛した(それ以外は曲の進行は同じである)。
原曲の室内楽版では、チェロ・ホルンが含まれているにもかかわらず、ほとんどの部分はピアノ主導で曲が進行する。これは、改訂時に2台ピアノ編成に変更された背景の一つにもなっていると思われる。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%86


アンダンテと変奏曲

アンダンテと変奏曲(アンダンテとへんそうきょく) アンダンテと変奏曲ヘ短調 - フランツ・ヨーゼフ・ハイドンのピアノ独奏曲。 アンダンテと5つの変奏曲 K.501 - ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのピアノ連弾曲。四手のためのピアノソナタ (モーツァルト) を参照。 アンダンテと変奏曲 (シューマン) - ロベルト・シューマンの楽曲(室内楽、2台ピアノの2版がある)。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%86


アンダンテ・フェスティーヴォ

アンダンテ・フェスティーヴォ(Andante festivo)はジャン・シベリウスが作曲した弦楽合奏曲。最初は弦楽四重奏のために書かれた。フェスティーヴォとは「祝祭的な」という意味。演奏時間は約5~7分。
原曲の弦楽四重奏版は、1922年にサイナトゥサロ製作所からの依頼で、その25周年記念祝賀会のための曲として書かれた。初演は1922年12月28日の祝賀会において行なわれたが、その際参加者に配付された記念冊子に総譜が収録されている。1930年に、使用任意のティンパニを含む弦楽合奏用に編曲され、1941年に出版された。現在ではもっぱら弦楽合奏版で演奏される。
この作品はシベリウスのお気に入りの曲だったらしく、しばしば演奏会のプログラムやアンコールで取り上げていて、シベリウス自身の指揮による1939年の放送録音が残されている。このシベリウス自演の録音はCD化されているが、最初にCD化されたものは録音テープの取り違えで別の指揮者(何者かは不明)によるものであることが後に判明した。その後、本物の自演もCD化された。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%86


「アンダンテ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「アンダンテ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「アンダンテ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る