ア・カペラとは?

ア・カペラの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ア・カペラとは?】
ア・カペラについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ア・カペラとは?

ア・カペラ

ア・カペラ(イタリア語 : a cappella)は、簡素化された教会音楽の様式のこと。また、そこから転じて、教会音楽に限らず無伴奏で合唱・重唱を行うこと、またはそのための楽曲全般を指す。日本語では「アカペラ」、あるいはイタリア語の発音に近い「ア・カペッラ」、英語発音に近い「アーカペラ」と表記されることもある。 クラシック音楽におけるア・カペラ ルネサンス期のア・カペラ ルネサンス音楽では、音楽家が教会を舞台にして、複雑で豪華な曲作りを競い合っていた。このため、宗教儀式なのか音楽会なのか分からない状態となり、また肝心な歌詞が聞き取りにくくなっていた。これを問題視したバチカンは、さまざまな教会改革(対抗改革・トリエント公会議)の一環として、教会音楽の簡素化にとりくんだ。こうして生まれたのがア・カペラ様式であり、それを担った代表的な音楽家がジョヴァンニ・ダ・パレストリーナである。事実、パレストリーナの曲は、それ以前の曲よりも平易で歌いやすいものが多い。イタリア語のa cappella(ア・カペラ)は、英語のin chapelに相当し、「聖堂で」「聖堂において」という意味の副詞句である。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%9A%E3%83%A9


「ア・カペラ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ア・カペラ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ア・カペラ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る