アゴーギクとは?

アゴーギクの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【アゴーギクとは?】
アゴーギクについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

アゴーギクとは?

アゴーギク

アゴーギク(独:Agogik)とは、テンポやリズムを意図的に変化させることで行う、音楽上の表現の一つ。ディナーミク(強弱法)との対比で速度法、緩急法とも言う。通常、同じ速度記号が適用されている間に行われ、テンポの揺らぎがその速度記号の示す範囲を大きく超えることはあまりない。なお、アゴーギグと書かれることもあるが、原語では語尾はkなので「グ」とするのは誤りである。 ディナーミクと同じく、度合いは演奏者の裁量に任されている部分が音高や音価に比べてやや大きいため、演奏者にとって重要な表現方法のひとつであるが、ディナーミクと違って音価そのものに影響を及ぼしやすいので濫用は避けられることが多い。 日本では、俗に「(テンポの)伸び縮み」と呼ぶことがある。 表現の実際 自然界に完全な直線(線分)や平面が存在することが考えにくいのと同様に、ごく微妙なテンポの揺らぎは無意識のうちに常に起こっていると考えた方がよい(メトロノームなどに合わせて演奏する場合やいわゆる打ち込みの楽曲の場合などはこの限りではない)。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%82%AF


「アゴーギク」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「アゴーギク」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「アゴーギク」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る