アコースティックとは?

アコースティックの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【アコースティックとは?】
アコースティックについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

アコースティックとは?

アコースティック

アコースティック(英: Acoustic、英語発音: [əkúːstɪk](アクースティック))は、音響の意。また、楽器本来の響きを生かした音を指し、電気楽器と対照して用いることが多い。 アコースティック楽器 - 電気的な増幅なしに演奏する楽器 アコースティック・ギター - 電気的な増幅なしに演奏するギター エレクトリック・アコースティック・ギター - ピックアップをつけたアコースティック・ギター アコースティック・ベース - ピックアップをつけたアコースティック・ベース・ギター アコースティック音楽(en:Acoustic music)、アンプラグド - 楽器のプラグを使わないで演奏する音楽ジャンル アコースティック録音 - 音波の力で原盤に刻む録音法 楽器用アンプの製造会社、アコースティック・コントロール・コーポレーションのブランド アコースティック・アルケミー - フュージョン・デュオ、もしくはバンド アクースティックス(Acoustics) - 音響学のこと A-Coustic - アントン・エワルドのアルバム。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF


アコースティック・ギター

アコースティックギター(英: acoustic guitar)とは、撥弦楽器であるギターのうち、より古典的な、楽器から直接音声を得るものを指す。ピックアップを備え電気信号を出力するエレクトリックギターに対して旧来のギターを区別するためのレトロニムである。狭義ではフォークギターのことを指し、こちらのほうが一般的な用法である。 標準で6本の弦をもち、指で爪弾くフィンガーピッキング、あるいはピックではじくピック奏法で演奏される。弦の振動および音波は楽器本体および本体内の空洞の共鳴を経て奏者や聴客の耳へ届く。 (チューニング等は、チューニングの項参照。) 信号変換や電気増幅を伴わないことから「生ギター」と呼ばれることがある。「アコギ」という略称で呼ばれることも多い。1980年代後半から、(アコースティックピアノや、アコースティックベースなどと同列に)「アンプラグド(unplugged)」という言葉も使われだした。 広義には「クラシックギター」(古くはガット弦、現在一般的にはナイロン弦を張り、元々はクラシックの楽曲を、指弾きで演奏するためのギター。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF


アコースティックギター

『アコースティック・ギター』より : アコースティックギター(英: acoustic guitar)とは、撥弦楽器であるギターのうち、より古典的な、楽器から直接音声を得るものを指す。ピックアップを備え電気信号を出力するエレクトリックギターに対して旧来のギターを区別するためのレトロニムである。狭義ではフォークギターのことを指し、こちらのほうが一般的な用法である。 標準で6本の弦をもち、指で爪弾くフィンガーピッキング、あるいはピックではじくピック奏法で演奏される。弦の振動および音波は楽器本体および本体内の空洞の共鳴を経て奏者や聴客の耳へ届く。 (チューニング等は、チューニングの項参照。) 信号変換や電気増幅を伴わないことから「生ギター」と呼ばれることがある。「アコギ」という略称で呼ばれることも多い。1980年代後半から、(アコースティックピアノや、アコースティックベースなどと同列に)「アンプラグド(unplugged)」という言葉も使われだした。 広義には「クラシックギター」(古くはガット弦、現在一般的にはナイロン弦を張り、元々はクラシックの楽曲を、指弾きで演奏するためのギター。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF


アコースティック・アルケミー

アコースティック・アルケミー(Acoustic Alchemy)は、イギリス出身のアコースティック・ギター・デュオ、現在はバンドの形態をとっている。 オリジナルメンバーはスティール弦ギターのニック・ウェブとナイロン弦ギターのサイモン・ジェイムス。1980年代始めに結成。1枚のアルバムを自主製作。その後サイモンがソロ活動を従事するようになり脱退、ウェブはグレッグ・カーマイケル(1953年8月7日-)を加入させ、ウェブがスティール弦ギターを持ちバッキングを、カーマイケルがナイロン弦ギターを持ちメロディを弾くという形態となる。 ヴァージン・アトランティック航空の機内でのライブを切っ掛けにMCAと契約。1987年にアメリカでデビュー・アルバムRed Dust and Spanish Laceをリリース。ラジオを中心にヒットし、成功を収める。MCAではNatural Elements (1988)とBlue Chip (1989)とアルバムを残す。 1990年にMCAがジャズ・レーベルGRPを買収した事により、GRPに所属変更。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF


アコースティック・キティ

『聞き耳ネコちゃん』より : アコースティック・キティー(英語:Acoustic Kitty)とは、1960年代にCIAがネコをスパイ活動に利用しようとした計画である。 この計画で使用されたネコには、小型マイクと電池、さらに尻尾部分にはアンテナが埋め込まれた。また、ネコが注意散漫になること(任務を忘れネズミを追いかけてしまう等)を防ぐため、ネコにはあらかじめ、空腹を感じなくするための手術が施された。訓練・手術等に費やした諸費用は、約1,000万ドルだったといわれている。 最初の任務は、ワシントンD.C.ウィスコンシン大通りにあったソビエト連邦大使館近くの公園で行われた。任務の内容は、ベンチに座っている二人の人物の会話を盗聴してくる、というものだった。しかしネコは放たれた直後、通りがかったタクシーに轢かれ死亡した。結局この計画は失敗に終わり、予算をただ浪費しただけだと結論付けられた。目標のすぐ近くから放たれた場合には一定の成功をみたものの、実際の諜報活動において工作員が目標の至近距離までネコを連れて行くのは困難であり、あまりにも実用性に欠けると判断された。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF


アコースティック録音

アコースティック録音(アコースティックろくおん)とは、音楽・音響の録音において、音声を電気信号に変換することなく、機械的振動を直接レコード原盤に伝達して刻み込む録音方式のこと。ラッパ型の集音器を使うため、しばしば「ラッパ録音」と呼ばれることもあり、後に登場した電気録音に対するレトロニムであり、古い録音法の意から「旧吹き込み」などとも呼ばれる。 初期のレコード録音においては、マイクロフォンが発明されていなかったため、蓄音機の逆の方法、すなわちラッパに向かって歌いあるいは楽器を演奏し、その音でダイヤフラムを振動させ、その振動を針に伝達して記録用媒体に溝を記録(カッティングという)しており、これがアコースティック録音である。 この方式では、ある程度の音質で記録可能な音源は独唱曲か小編成の器楽曲程度で、オーケストラの記録はかなり貧弱な音質にしかならなかった。特にヴァイオリンなどの弦楽器の収録は楽器の広い範囲から音が輻射・拡散するため、集音用のラッパで捕らえることが難しかった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF


アコースティック楽器

アコースティック楽器(アコースティックがっき)は、電気的な増幅なしに演奏される楽器。ピアノ、アコースティック・ギターなどのいわゆる生楽器を指す。ただしPublic Address PA機材が発達して以降は楽器本来の音色を活かしたまま増幅させることが可能になったため、エレクトリックアコースティックギターのように電気的に増幅させるアコースティック楽器も存在する。
電気楽器・電子楽器と対照して用いられることが多いため、文脈によってはそれらがほとんど普及していないトランペットなど管楽器に対しては用いないこともある。
アコースティック・ギター
エレクトリックアコースティックギター
アコースティック・ベース
アンプラグド

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF


アコースティック・ベース

アコースティック・ベースとは、弦楽器のひとつで、電気的音量増幅を必要としない(アンプラグド)ベースの総称。エレクトリックベースが登場したことによるレトロニムである。 アップライト型の楽器 床に立てて弾く。ダブルベース (double bass)、和製英語のウッドベースなど呼称は多様。 アコースティック・ベース・ギター アコースティック・ベース・ギター (acoustic bass guitar) はコントラバスやエレクトリックベースと同じ低音域を受け持つ4~6弦の弦楽器。座って抱えて弾くか、ストラップを使って肩から下げて弾く。基本的な仕組みはエレクトリックアコースティックギターと同様で、エレクトリックベースの奏法を活かすことができる。 日本ではベースギターのことを単に「ベース」と呼ぶ習慣があるので、「アコースティック・ベース」と言う場合は通常この楽器を指すことが多い。通称はアコベ。ただし英語ではacoustic bassといえばコントラバスを指すものであり、日本でもそのとおりの意味で使う人もいるので、時折混乱を招くことがあるため注意を要する。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF


アコースティック・ベース・ギター

『アコースティック・ベース』より : アコースティック・ベースとは、弦楽器のひとつで、電気的音量増幅を必要としない(アンプラグド)ベースの総称。エレクトリックベースが登場したことによるレトロニムである。 アップライト型の楽器 床に立てて弾く。ダブルベース (double bass)、和製英語のウッドベースなど呼称は多様。 アコースティック・ベース・ギター アコースティック・ベース・ギター (acoustic bass guitar) はコントラバスやエレクトリックベースと同じ低音域を受け持つ4~6弦の弦楽器。座って抱えて弾くか、ストラップを使って肩から下げて弾く。基本的な仕組みはエレクトリックアコースティックギターと同様で、エレクトリックベースの奏法を活かすことができる。 日本ではベースギターのことを単に「ベース」と呼ぶ習慣があるので、「アコースティック・ベース」と言う場合は通常この楽器を指すことが多い。通称はアコベ。ただし英語ではacoustic bassといえばコントラバスを指すものであり、日本でもそのとおりの意味で使う人もいるので、時折混乱を招くことがあるため注意を要する。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF


「アコースティック」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「アコースティック」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「アコースティック」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る