アダージョとは?

アダージョの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【アダージョとは?】
アダージョについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

アダージョとは?

アダージョ

アダージョ(イタリア語: adagio)は、音楽用語の一つ。原義は「くつろぐ」であるが、音楽用語としては遅い速度を示す(演奏記号#速度記号を参照)。また、遅い速度で書かれた楽章や楽曲そのものをアダージョと呼ぶ場合もある。 アダージョの題名で呼ばれる楽曲の例 アルビノーニのアダージョ - レモ・ジャゾットがトマゾ・アルビノーニ作曲として発表した楽曲。 弦楽のためのアダージョ - サミュエル・バーバーの弦楽合奏曲。 その他 アダージョ・カラヤン - ヘルベルト・フォン・カラヤンの没後に発売され世界的にヒットしたコンピレーション・アルバム。 アダージョ - スウィートボックスのアルバム。 Adagio (寺井尚子のアルバム) - 寺井尚子のアルバム。 アダージョ (バンド) - フランスのシンフォニックメタル・バンド。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7


アダージョとアレグロ (シューマン)

アダージョとアレグロ(独: Adagio und Allegro)変イ長調作品番号70は、ロベルト・シューマンが1849年に作曲した室内楽曲である。元々、独奏ホルンとピアノの編成の曲であるが、ホルンの代わりにヴァイオリンやチェロの版も残されている。 シューマンは1841年以降、様々なジャンルの作品を書いた。管楽器の独奏曲にも、オーボエ・クラリネットのための作品が残っている。この曲は、ホルンのために作曲された。 当初「ロマンスとアレグロ」という題名がつけられていたが、その後現在の曲名に変更された。 作曲者自身によって、チェロ独奏曲・ヴァイオリン独奏曲としての楽譜も残された(ホルン版とは、譜面の一部が微妙に異なっている)。現在では作曲者以外の編曲によってさまざまな楽器のための独奏曲として重宝されている。また伴奏はピアノだがエルネスト・アンセルメの編曲によって管弦楽編曲版も作られている なお、この「アダージョとアレグロ」は、ホルンの中でも、半音ごとの各音が全て自由に出せるヴァルヴホルンのために書かれている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7


「アダージョ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「アダージョ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「アダージョ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る