十二音技法とは?

十二音技法の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【十二音技法とは?】
十二音技法について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

十二音技法とは?

十二音技法

十二音技法(じゅうにおんぎほう、英: Twelve-tone music、独: Zwölftonmusik)は、一般にはアルノルト・シェーンベルクが「五つのピアノ曲」作品23で1921年に完全に体系化した(とされる)作曲技法であり、ドデカフォニー(dodecaphony)ともいうが、実際は「無調音楽」や「雑音音楽」・「電子音楽」のように複数の作曲家によって同時代に別々に独立して出てきた作曲技法である。 12平均律にあるオクターブ内の12の音を均等に使用することにより、調の束縛を離れようとする技法である。十二音技法による音楽を一般に十二音音楽と呼ぶ。一般に無調の音楽の一つとされるが、十二音技法を用いることにより一種の調にも似た統一感が得られるので、パウル・ヒンデミットのように十二音技法を一種の調であると主張する専門家もいる。 この技法の原型は、ヨーゼフ・マティアス・ハウアーが1919年に著作で発表した「トローペ」と呼ばれる音列技法である。その他ではロシアのニコライ・オブーホフがシェーンベルクより5年前(1916年)に発表したピアノ曲「インヴォカシオン」IとIIで12音技法の曲を作っている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E9%9F%B3%E6%8A%80%E6%B3%95


「十二音技法」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「十二音技法」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「十二音技法」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る