主題とは?

主題の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【主題とは?】
主題について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

主題とは?

主題

言語学における話題(わだい:Topic)は、主題(しゅだい、ドイツ語: Thema、英語: theme)、題目(だいもく)などともいい、文によって陳述される中心的対象をいう。文中に明示された場合には話題語(主題語)ともいう。日本語では話題が前の文と同じである場合には省略することが多い(主題役割というときの「主題」とは直接関係はない)。 話題は基本的には、談話の相手にとって何らかの情報がある「既知」のもの、つまり典型的には英語でいえば定冠詞つき名詞や代名詞で示されるもの、日本語でいえば助詞「は」で示されるものである(定性参照)。 それに対し、文の与える情報として一番重要な部分として強調したいものは焦点(Focus)と呼ばれ、言語によっては話題と区別しにくいこともあるが、焦点は一般に談話の相手にとって「未知」のものである。 多くの言語では、話題を示すのに以下のようないろいろの方法を用いる: 主語(英語などではこれが話題を兼ねることが多い)として明示する。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E9%A1%8C


主題と変奏 (シェーンベルク)

主題と変奏(しゅだいとへんそう、Theme and Variations)はアルノルト・シェーンベルクの楽曲。1943年に吹奏楽曲として作曲され、1944年に管弦楽に編曲された。オリジナル吹奏楽版に作品番号 作品43a、管弦楽版に作品43bが付けられている。吹奏楽曲としてはシェーンベルク唯一の作品である。
この作品は、シェーンベルクがカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の教授を務めていた時代の作品である。アメリカ亡命後のシェーンベルクは、長らく放置していた室内交響曲第2番 (シェーンベルク) 室内交響曲第2番を完成させるなど、いくつか調性音楽を作曲しているが、この作品もその1つで、ト短調の調号が付けられている。ニューヨークの楽譜出版社G・シャーマー社からの、高校生の吹奏楽団でも演奏可能な優れた作品をという依頼に応えて、1943年に作曲された。しかし実際完成した作品は、高度な技量を要するものとなった。この吹奏楽版の初演は同年の夏、プロの吹奏楽団であるゴールドマン・バンドによって行われた。翌1944年に管弦楽編曲が行われ、同年10月20日、セルゲイ・クーセヴィツキー クーセヴィツキー指揮、ボストン交響楽団によって初演された。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E9%A1%8C


主題 (音楽)

音楽における主題(しゅだい、またはテーマ)とは、楽曲を作る上での中心となる旋律、リズム上特徴のある段落(短い一区切りの旋律)をいう。動機の発展によってできた段落が小楽節であるが、多くの場合それだけで主題を構成する。主題の内容は、動機の変奏、動機の対比、動機の延長などのよってできたものである。
普通主題は、第1(主要・中心)主題、第2(副)主題(またはさらに第3主題、…)の2つがあって、楽曲はこれらの主題を発展させて構成されてゆく。独立した序奏部に現れる主題は序奏主題ということもある。
ソナタ形式は、主題が提示され、これらをもとに展開が行われたのち、主題が再現されるというのが基本構造である。
フーガは、カノンから発達した技法で、主題の旋律と応答の旋律が、追いかけたり、からみあったりして対位法的なあらゆる技法が用いられる。たとえば、3声からなるフーガでは、主要主題が3回、3つの異なる声部(ソプラノ・アルト・バス (声域) バスなど)で演奏され、4声フーガでは主要主題は4回演奏される。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E9%A1%8C


主題優勢言語

主題優勢言語(しゅだいゆうせいげんご、英: topic-prominent language)とは、文における主題(話題)が統語論的に決まった方法で明示され、それに比して主語が重視されない言語を指す。話題卓越性言語などともいう。 代表的なものとして日本語、朝鮮語、中国語、インドネシア語など東・東南アジアの諸言語がある(東アジア言語参照)。これと対立するタイプの言語を主語優勢言語(subject-prominent language)と呼ぶ。これらは言語類型論的観点からチャールズ・N・リーとサンドラ・トンプソンが1976年に提唱したものである。 主題(話題語)は、日本語のように係助詞「は」で示されるもの、中国語のように語順(文頭)で示されるものがあり、見かけ上主語と区別しにくい場合も多い。 英語などの主語優勢言語と比較すると、以下のような特徴が見られる。 一般に主語を示す必要がなく、動詞の人称変化も、英語 “It rains.” のような非人称主語もないこと。 日本語「象は鼻が長い」のようないわゆる「総主文」が存在する。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E9%A1%8C


主題役割

言語学で、主題役割(thematic role)とは、述語と項 (言語学) 項の意味関係を分類したものである。主題関係(thematic relation)、意味役割(semantic role)とも呼ばれる。チャールズ・フィルモア フィルモアの格文法における「格」も同様の概念である。
文の解釈に重要な役割を果たすと言われるが、一体全部でいくつあるのかなど不明な点も多い。また格 文法格(「が」「を」)や後置詞(「で」「へ」など)と相関があるが、決して一対一に対応しているわけではない。
主な主題役割には以下のようなものがある。
theme 主題または patient 被動者:太郎が次郎をなぐった。
agent 動作主:太郎が次郎をなぐった。
goal 目標:北へすすむ。
source 起点:町から来た。
なお、話題の意味で用いられる「主題」とは直接関係ない。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E9%A1%8C


主題と変奏

主題と変奏(しゅだいとへんそう)は、
変奏曲のこと。
主題と変奏 (シェーンベルク) - アルノルト・シェーンベルクの吹奏楽曲、管弦楽曲
主題と変奏 (リスト) - フランツ・リストのピアノ独奏曲『パガニーニによる大練習曲』の第6番
主題と変奏 (メシアン) - オリヴィエ・メシアンの室内楽曲
ニコロ・パガニーニのヴァイオリン独奏曲『24の奇想曲』作品1の最終曲。上記のリストの作品はこの曲を基にしている。
カミーユ・サン=サーンスのピアノ独奏曲 - 『主題と変奏』作品97
ガブリエル・フォーレのピアノ独奏曲 - 『主題と変奏』作品73
小山清茂の和楽器のための四重奏曲第2番『主題と変奏』
ブルーノ・ワルターの自伝のタイトル
吉田秀和の著書の1つ

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E9%A1%8C


主題歌

主題歌(しゅだいか)とは、映画・テレビ・ラジオなどのテーマ・ソング(和製英語, 英語ではtheme music)およびメイン・テーマ(main theme)の曲を指す。主にオープニングあるいはエンディングに演奏され、必ずしも歌曲とは限らない。広義には挿入歌・劇中歌も含む。 テーマソングという和製英語が、主題歌と同義の意味である点を指すように、基本的に映像作品やテレビ番組の看板といえる音楽である。 オープニングで使われる曲をオープニングテーマ(英: opening theme)、エンディングで使われる曲をエンディングテーマ(英: ending theme / closing theme)といい、日本ではオープニングテーマをOP、エンディングテーマをEDと略されることがある。主にオープニングが存在する場合はオープニングテーマが主題歌とされる場合が多いが、オープニング曲が短い、あるいは存在しない場合はエンディングテーマを主題歌とする場合が多い。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E9%A1%8C


「主題」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「主題」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「主題」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る