序曲とは?

序曲の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【序曲とは?】
序曲について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

序曲とは?

序曲

序曲(じょきょく)は、本来フランス語で開始を意味する ouverture の訳語で、オペラや劇付随音楽、古典組曲などの最初に演奏される音楽である。オペラや劇付随音楽などの劇音楽の序曲と、組曲などの序曲では多少性格を異にするが、前座の音楽という位置づけではなく、全体の開始にふさわしい規模と内容を持つのが一般的である。 性格 劇音楽の序曲 もともと、劇音楽の序曲は、聴衆がまだざわめいている中で、聴衆の注意を引く目的を持って演奏されるのが常であった。おおむね劇全体の性格や粗筋を予告するように作曲された。歌劇など声楽を伴う劇音楽でも、序曲は器楽(オーケストラ)のみで演奏され、従って器楽の形式で構成される。バロック期にはフランス風序曲形式、古典派期以降ソナタ形式が確立してからは、ソナタ形式またはその簡略な形式である序曲形式で書かれるのが普通である。こうして、序曲は交響曲の第1楽章同等の楽式と物語性とを兼ね備えるようになる。 組曲の序曲 バロック音楽において、古典組曲の各楽曲は舞曲を中心に構成されるが、第1曲は舞曲形式ではなく、フランス風序曲の形式で作曲されることがあった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%8F%E6%9B%B2


序曲1812年

序曲『1812年』(じょきょく1812ねん、露: Торжественная увертюра «1812 год»)変ホ長調 作品49は、ピョートル・チャイコフスキーが1880年に作曲した演奏会用序曲。タイトルの「1812年」はナポレオンのロシア遠征が行われた年である。大序曲『1812年』(だいじょきょく-)、荘厳序曲『1812年』(そうごんじょきょく-)、または祝典序曲『1812年』(しゅくてんじょきょく-)などと呼ばれることもある。チャイコフスキー自身は決して精魂を込めて書き上げた作品とは受け止めてはいなかったものの、歴史的事件を通俗的に描くという内容のわかりやすさによって、人々に大いに喜ばれる作品となった。 作曲の経緯 1880年5月末、チャイコフスキーは一通の手紙を受け取る。差出人は懇意の楽譜出版社ユルゲンソーンであり、手紙には以下の趣旨のことが書かれていた。「ニコライ・ルビンシテインが将来開催される産業博覧会の音楽部長に任命され、ニコライは貴殿を取り立てるべく、以下の3つの題材のうち1つに基づいた作品を書いてもらいたいとのこと。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%8F%E6%9B%B2


序曲、スケルツォと終曲

序曲、スケルツォと終曲(じょきょく、すけるつぉとしゅうきょく)または序曲、スケルツォとフィナーレ(独: Ouvertüre, Scherzo und Finale)作品番号52は、ロベルト・シューマンが1841年および1845年に作曲した管弦楽曲である。 メンデルスゾーン門下で親交のあったオランダの作曲家ヨハネス・フェルフルストに献呈されている。 経緯 シューマンは1840年頃までピアノ曲の作曲に専念していたが、1841年には交響曲第1番(3月31日初演)をはじめ、管弦楽作品を次々と作曲する。この「序曲、スケルツォと終曲」もその1つで、この年1841年に完成(初稿)。 同年12月6日、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏会で、交響曲第4番の初演と共に、この曲も初演された。指揮は、メンデルスゾーンが体調不良のためコンサートマスターのフェルディナント・ダーヴィトが行った。 尚、4年後の1845年に改訂が行われて現在の形に落ち着いた。作品の名称も、「組曲」「小交響曲」などの名称を経て、現在の名称に落ち着いた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%8F%E6%9B%B2


序曲「真夏の夜の夢」

『夏の夜の夢序曲』より : 『夏の夜の夢』序曲(なつのよのゆめじょきょく、ドイツ語 独語:”Ein Sommernachstraum”)ホ短調 作品番号 作品21は、フェリックス・メンデルスゾーンが1826年に作曲した演奏会用序曲。もとはメンデルスゾーンが、姉のファニー・メンデルスゾーン ファニーと楽しむためのピアノ連弾用として書いたものであった。
ウィリアム・シェイクスピア シェイクスピアの戯曲『夏の夜の夢』に基づいており、さまざまな特徴的な音型や、あらゆる楽器の音色効果を用いて、妖精たちや動物(獣人)の住む幻想的な世界を描写している。
この作品を完成したとき、メンデルスゾーンは弱冠17歳にすぎなかったが、作品は驚異的な完成度と豊かな創意を誇っている。この序曲に感銘を受けたプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世 (プロイセン王) フリードリヒ・ヴィルヘルム4世の勅命により、1843年には序曲の主題も再利用して付随音楽 劇付随音楽『夏の夜の夢 (付随音楽) 夏の夜の夢』作品61を作曲することとなった。作品21は劇の上演のための序曲として転用された。作品21と作品61は、従って別々の時期の作品であるが、作品61の全曲または抜粋が演奏される際には、作品21も共に演奏されることが多い。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%8F%E6%9B%B2


序曲「レオノーレ」第3番

『レオノーレ序曲第3番』より : レオノーレ序曲第3番(レオノーレじょきょくだい3ばん)はルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン ベートーヴェンが1806年の初頭に作曲した管弦楽のための楽曲である。元来、オペラ 歌劇「レオノーレ」(現在の歌劇「フィデリオ」)の改訂上演のためにその序曲として作曲されたものである。この楽曲の前に同じ歌劇のために2曲、後に1曲の序曲が書かれており、最後のものが現在歌劇「フィデリオ」の序曲として演奏される。どの序曲も単独で演奏されることが多くあるが、演奏機会からいえばこの「レオノーレ序曲第3番」が最も多いだろう。
作品番号:72
演奏時間:約12分
初演:1806年3月29日、ウィーン国立歌劇場 ウィーン王立劇場にて、リッター・イグナツ・フォン・ザイフリートの指揮による。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%8F%E6%9B%B2


序曲レオノーレ第3番

『レオノーレ序曲第3番』より : レオノーレ序曲第3番(レオノーレじょきょくだい3ばん)作品72bは、ベートーヴェンが1806年の初頭に作曲した序曲である。 歌劇《レオノーレ》(フィデリオ)の改訂上演(いわゆる第2版)のために、その序曲としてレオノーレ序曲第2番を改作する形で作曲されたものである。初演はオペラの上演と同時に1806年3月29日、アン・デア・ウィーン劇場にて、イグナーツ・フォン・ザイフリート(Ignaz Xaver Ritter von Seyfried)の指揮によって行われた。 《フィデリオ》にはこの楽曲の前に1曲、後に2曲の序曲が書かれており(フィデリオ序曲を参照)、単独で演奏される機会はこの「レオノーレ序曲第3番」が最も多い。グスタフ・マーラーが始めたと言われる習慣として、《フィデリオ》上演の際、第2幕第2場の前にこの序曲が挿入されることがある。 楽器編成 フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ、弦五部、舞台裏にトランペット1 構成 ハ長調、序奏を持つソナタ形式。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%8F%E6%9B%B2


「序曲」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「序曲」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「序曲」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る