弱音器とは?

弱音器の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【弱音器とは?】
弱音器について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

弱音器とは?

弱音器

弱音器(じゃくおんき)とは、(西洋音楽の)楽器の音を弱めるために必要に応じて楽器に取り付けられる器具である。音を弱める目的は、 音楽的表現としてそれが必要な場合 練習の音が周囲に迷惑を及ぼすのを防ぐために必要な場合の2つがある。弱音器はミュート (mute) とも呼ばれる。 ただし、ロマン派以降の楽曲においては、音強の変化はもとより、音色の変化を主眼とする場合が多い。 ヴァイオリン属の楽器の弱音器 ヴァイオリン属の楽器の弱音器は、駒に取り付けられる。用途によって2つのものがある。 弱音器(ミュート、ソルディーノ) 作曲者の指示により装着する。これを取り付けると駒の振動が吸収され、音が弱まり音色が和らぐ。ただし絶対的な音量を落とすよりも、音色上の要求により指定されることが多い。木製、ゴム製、金属製などがあり、形も様々であるが、音楽的にそれらの種類を使い分けることはなく、演奏者の好みや付け外しの便によって選ばれる。弱音器の装着を最初に指定したのは、リュリ(1632-1687)のオペラ「アルミード」(1686年)だと言われる(リュリによる弱音器装着の指示については、実際には少なくとも1681年の「アムールの勝利」に既に見られる)。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B1%E9%9F%B3%E5%99%A8


「弱音器」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「弱音器」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「弱音器」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る