ジャズとは?

ジャズの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ジャズとは?】
ジャズについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ジャズとは?

ジャズ

ジャズ(英: jazz)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ南部の都市を中心に派生した音楽形式。西洋楽器を用いた高度な西洋音楽の技術と理論、およびアフリカ系アメリカ人の独特のリズム感覚と音楽形式とが融合して生まれた。演奏の中にブルー・ノート、シンコペーション、スウィング、コール・アンド・レスポンス(掛け合い演奏)、インプロヴィゼーション、ポリリズム(複合リズム)などの要素を組み込んでいることが、大きな特徴とされている。 その表現形式は自由なものであり、初期からポール・ホワイトマンらの白人ミュージシャンが深くかかわり、演奏技法なども急速に発展した。20世紀後半には世界の多くの国々で、ジャズが演奏されるようになった。 起源 - 1930年代 ジャズは西洋音楽とアフリカ音楽の組み合わせにより発展した音楽である。スピリチュアル、ブルース、ラグタイムの要素を含み、根底的には西アフリカ、西サヘル(サハラ砂漠南縁に東西に延びる帯状の地域)、ニューイングランドの宗教的な賛美歌やヨーロッパの軍隊音楽にある。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズ・フュージョンミュージシャンの一覧

ジャズ・フュージョンミュージシャンの一覧は、ジャズ・フュージョン (音楽) フュージョン(クロスオーバー (音楽) クロスオーバーを含む)の代表的音楽家 ミュージシャン・演奏者についての一覧(グループを除く)である。
姓(ファミリーネーム)の五十音順に記す。【】内は演奏スタイル(ジャズ#主なスタイル/ジャンル参照)。
ピーター・アースキン (Drs / 1954 - ) 【フュージョン】
ルイ・アームストロング(サッチモ) (Tp, Vo / 1901 - 1971) 【ニューオーリーンズ・ジャズ / ディキシーランド・ジャズ】
アルバート・アイラー (Sax / 1936 - 1970) 【フリー・ジャズ】
青柳誠 (Pf, Sax / 1961 - )
赤松敏弘 (Vib / 1957 - )
Akiko (Jazz) akiko (Vo / 1976 - )
穐吉敏子(秋吉敏子) (Pf / 1929 - )

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズ喫茶

ジャズ喫茶(ジャズきっさ)とは、主にジャズのSP・LPレコード音源をかけ、客は鑑賞を主目的として来店する形式の喫茶店。昭和初期にもジャズの普及と共にはじまったが、戦争により一時消滅。1950年代に再開し60年代に隆盛を迎え70年代に下火を迎えた。現在では音源の多様化、経営形態の多様化も見られる。 1950年代は輸入盤のジャズのLPは高価であったため、何千何万枚もの所蔵レコードがある店もあり、コーヒー一杯で本場のジャズのレコードを聴け、リクエストも受け付けてくれるジャズ喫茶はジャズファンやミュージシャンの溜まり場ともなっていた。現在プロとして著名な日本人ジャズミュージシャンの中にも「開店から閉店までコーヒー一杯でねばった」という人もいたという(なお、一部グループ・サウンズ・ロカビリーなどのライブステージ主体の音楽喫茶もジャズ喫茶とよばれていた)。 当時ジャズ喫茶では、家庭ではなかなか揃えることのできない高価なオーディオシステムを装備し、音質の良さを店の特徴としたり、経営する「名物オヤジ」の独自のジャズ観・口調を売りにしていた店もあった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズフェス

『定禅寺ストリートジャズフェスティバル in SENDAI』より : ジャズ(英: jazz)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ南部の都市を中心に派生した音楽形式。西洋楽器を用いた高度な西洋音楽の技術と理論、およびアフリカ系アメリカ人の独特のリズム感覚と音楽形式とが融合して生まれた。演奏の中にブルー・ノート、シンコペーション、スウィング、コール・アンド・レスポンス(掛け合い演奏)、インプロヴィゼーション、ポリリズム(複合リズム)などの要素を組み込んでいることが、大きな特徴とされている。 その表現形式は自由なものであり、初期からポール・ホワイトマンらの白人ミュージシャンが深くかかわり、演奏技法なども急速に発展した。20世紀後半には世界の多くの国々で、ジャズが演奏されるようになった。 起源 - 1930年代 ジャズは西洋音楽とアフリカ音楽の組み合わせにより発展した音楽である。スピリチュアル、ブルース、ラグタイムの要素を含み、根底的には西アフリカ、西サヘル(サハラ砂漠南縁に東西に延びる帯状の地域)、ニューイングランドの宗教的な賛美歌やヨーロッパの軍隊音楽にある。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズ・フュージョン

『フュージョン (音楽)』より : フュージョン(Fusion, Jazz Fusion)は1960年代後半から現在に至るまでのジャズを基調にロックやラテン音楽、R&B、電子音楽などを融合(フューズ)させた音楽のジャンルである。一般的には、ジャズジャンルから確立されたものの一種に位置づけされている。 1966年に、ラリー・コリエルが在籍していたザ・フリー・スピリッツがアルバムを発表したが、これがフュージョン以前の初期のジャズ・ロックのアルバムとされている。1960年代後半には、マイルス・デイヴィスを中心としたエレクトリック・ジャズのムーブメントが始まった。さらに70年代に入ると、電気楽器やロック・サウンドを取り入れた演奏スタイルであるジャズ・ロック、ソウル・ミュージックやラテン音楽の要素を取り入れたクロスオーバーのジャンルが誕生する。同時期にはクラシック音楽を題材にした曲もあり、デオダートの「ツァラトゥストラはかく語りき」(R.シュトラウス)や、ボブ・ジェームスの「はげ山の一夜」(M.ムソルグスキー)等がある。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズ・クルセイダーズ

『ザ・クルセイダーズ』より : ザ・クルセイダーズ(The Crusaders)は、主に1970年代に活躍したアメリカのフュージョングループ。ジャズ・クルセイダーズを前身とする。 そのサウンドは、トロンボーンとテナーサックスという管楽器によるアンサンブルに、スティックス・フーパーとゲスト・ベーシストによるリズム隊。ジョー・サンプルのフェンダー・エレクトリック・ピアノによるアドリブやソロ・プレイがからむことで醸しだされる、洗練されたフィーリングが特徴である。 フュージョンはおろかクロスオーバーという言葉もなかった時代から、ジャズという既成概念にとらわれずにさまざまなジャンルの音楽を取り込み、独自の音楽世界を表現しようとしてきた点に、このグループの革新性がある。「Mr.335」ラリー・カールトンという、のちのフュージョン・シーンを牽引するトップ・ギタリストを、グループの結成初期から準メンバーとして参加させていたところにもそれが顕われているといえる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズマン

「ジャズマン (JAZZ MAN)」は、サザンオールスターズの9枚目のシングル。1980年6月21日発売。発売元はビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)/Invitation。 5ヶ月連続リリースするFIVE ROCK SHOWの第4弾シングルである。 1988年6月25日にCD化、1998年2月11日にも8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発され、計3回再発売されている。 解説 本作は英題の『JAZZ MAN』も入ったものが正しい表記であるが、タイトルの英語表記であるため、ここでは省略する。 本作はA面、B面ともに全く同じ4分27秒である。オリジナル盤はオリコンウィークリーチャートで最高33位であったが、現在シングル盤のみに収録ということもあり、2005年の再発盤が32位にチャートインし、1つ順位を更新した。 収録曲 ジャズマン (JAZZ MAN)(作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:八木正生) 歌詞の内容や曲調は、ジャズ、とりわけスイングと呼ばれるスタイルを意識したものになっている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズ (アルバム)

Name ジャズ
Type スタジオ・アルバム
Artist クイーン (バンド) クイーン
Released 1978年11月14日
Recorded 1978年7月 - 10月
Genre ロック (音楽) ロック
Length 54分12秒
Producer クイーン (バンド) クイーンロイ・ベイカー
Chart position *全英2位(ミュージック・ウィーク)
全米6位(ビルボード)
日本5位(オリコンチャート オリコン)
Certification
Last album 世界に捧ぐ(1977年)
This album ジャズ(1978年)
Next album ライヴ・キラーズ(1979年)
『ジャズ』(”Jazz”)は、イギリスのロックバンド、クイーン (バンド) クイーンの7作目のアルバム。
再度、ロイ・トーマス・ベイカーをプロデューサーに迎えた作品。前作以上に作品の幅が広がり、ディスコファンク、ヴォードヴィル、ハードロック、ピアノ・ロックなど非常に多彩である。なお、ここでのJazzとは「ジャズ ジャズ・ミュージック」を意味するものではなく「戯言」や「ナンセンス」を意味したものである。ちなみに、当時クイーンを目の敵にしていたニュー・ミュージカル・エクスプレス NMEからは、「あなたに耳の聞こえない親戚がいたら、是非クリスマスの贈り物には『ジャズ』を差し上げてください」と酷評された。カヴァーの絵は、1960年代に流行ったポップアートを使用している。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズ組曲 (ショスタコーヴィチ)

『ジャズ組曲』は、20世紀のソ連(現在のロシア)の作曲家ドミートリイ・ショスタコーヴィチが作曲したオーケストラのための組曲である。第1番、第2番の2つの組曲がある。各曲はこの組曲のオリジナルではなく、他の曲からの転用もある。 ショスタコーヴィチは一般に交響曲や弦楽四重奏曲のジャンルにおいて、戦争などをテーマにした暗く重い作品を多く作曲したことで知られているが、ジャズ組曲はとても同じ作曲家が作曲したとは思えないほど軽妙な作品であり、ショスタコーヴィチの意外な一面を映し出していると評されている。 ただし、内容は必ずしも現代的な意味における「ジャズ」ではなく、どちらかというとダンス音楽に近い。 作曲の経緯 ソビエト・ジャズ委員会に所属していたショスタコーヴィチが、ソ連におけるジャズの普及、およびバンドの向上を目的として作曲。 編成 楽器編成は、オーケストラやジャズバンドというよりも、ライトミュージックやプロムナードコンサートの編成に近い。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズ (クイーン)

Background Orange
Name ジャズ
Released 1978年11月14日
Type レコード LP
Recorded 1978年7月 - 10月
Genre ロック
Length 54分 12秒
Label EMI (UK)ハリウッド・レコード (US)
Producer クイーン (バンド) クイーン , ロイ・ベイカー
Artist クイーン (バンド) クイーン
Last album ”世界に捧ぐ”(1977年)
This album ”ジャズ”(1978年)
Next album ”ライヴ・キラーズ”(1979年)}}
『ジャズ』(”Jazz”)は、イギリスのロックバンド、クイーン_(バンド) クイーンのアルバムのひとつ。クイーンにとって、新たな世界観を生み出した一枚。
カヴァーの絵は、60年代に流行ったポップアートを使用している。再度、ロイ・トーマス・ベイカーをプロデューサーに迎えた作品。そのため音の密度は前期のピーク以前に戻った。前作以上に作品の幅が広がり、ロジャーとブライアンの作品に時代を意識した曲作りの要素が加わり始める。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズマスター

ジャズマスター(Jazzmaster)は、1958年に発表された、フェンダー社のエレクトリック・ギターである。 歴史・特徴 1950年代当時、ギブソン・レスポールはジャズ・ギタリストに愛用されていたが、テレキャスターやストラトキャスターをジャズで使用するギタリストはいなかった。そこでレオ・フェンダーは、ジャズに対応出来るギターの開発に着手する。「ジャズマスター」という名称はこれに由来している。座っても、立っても安定するオフセットウエストと呼ばれる左右非対称のボディシェイプ、トレモロアーム使用時の調律安定のため前後に可動し弦高調整も可能なブリッジなど多くのアイデアが取り入れられた。 ジャズに対応出来るギターとして開発されただけあり、ジョー・パス等のジャズ・ギタリストに愛用されていた。フロント・ピックアップからは、ギブソン製のギターにも似たジャジーなサウンドを発する。実際の音は、ジョー・パスのPacific Jazzレーベル時代の演奏で聴くことができる。リア・ピックアップからはかなりワイルドなサウンドも出せるため、ベンチャーズなど等のサーフ系バンドのギタリストや、1970年代以降はガレージロック、特に90年代以降はオルタナティブ・ロック系のギタリストに愛用されており、近年ではシューゲイザー系のギタリストにも多用されている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズの日

ジャズの日(じゃずのひ)は、JAZZ DAY実行委員会が制定した記念日の一つである。毎年1月22日。
東京都内の老舗ジャズクラブ「バードランド」「サテンドール」「オールオブミークラブ」のオーナーらによる「JAZZ DAY実行委員会」が2001年から実施。
JAZZの"JA"が"January"(1月)の先頭2文字であり、"ZZ"が"22"に似ていることから。
ジャズのファン層の裾野を広げる為に、ライブコンサートなど様々なPR活動が行われる。
2001年1月22日
:日比谷公会堂大ホールで“JAZZ DAY”制定記念コンサートを開催
:全国各地の賛同ライブハウスを中心とした記念連動ライブ
2002年1月22日
:日比谷公会堂大ホールで第2回“JAZZ DAY”制定記念コンサートを開催
:全国各地の賛同ライブハウスを中心とした記念連動ライブ

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズランド・レコード

ジャズランド・レコード(Jazzland Records)アメリカのジャズ・レコード・レーベル。本項で詳述。 ノルウェーのレコード・レーベル。1997年にブッゲ・ヴェッセルトフト(Bugge Wesseltoft)によって「ジャズの新しいコンセプト」の元に創設された、フューチャー・ジャズのレーベル。現在はユニバーサル ミュージック グループの一部にある。 公式サイト(外部リンク)ジャズランド・レコード(Jazzland Records)は1960年にオリン・キープニューズとビル・グラウアーによってリバーサイド・レコードの子会社として創設されたジャズ・レコード・レーベル。 現在はコンコード・ミュージック・グループのファンタジー・レコードの傘下にあり、同レーベルが形成したオリジナル・ジャズ・クラシックス(OJC)よりカタログがリイシューされていた。 沿革 1960年 オリン・キープニューズとビル・グラウアーによってリバーサイド・レコードの子会社として創設。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズ大名

『ジャズ大名』(ジャズだいみょう)は、筒井康隆の中編小説。これを原作としたラジオドラマと映画も製作された。 小説 幕末を舞台にした中編の時代小説。『小説新潮』1981年1月号に発表された。黒人奴隷が幕末の小藩に漂流し、藩主を巻き込んでジャム・セッションをする騒動を描く。同年に短編集『エロチック街道』に収録された。1984年に新潮文庫になり、1986年の映画化の際に書名が『ジャズ大名』に改められて、表題作となった。 ラジオドラマ 1982年1月9日にNHK-FM放送で放送された45分のラジオドラマ。NHK制作。脚本・竹内銃一郎、主演・立川光貴(現・三貴)(亮勝)、由利徹(トマス叔父)。維新なって行進する官軍の「トンヤレ節」を鼻で笑い飛ばしてジャムセッションを再開するラストのアイディアは、映画版でもほぼそのまま採用されている。演奏には原作者の筒井康隆も参加した。 映画 1986年4月19日に大映製作、松竹配給で公開された。同時上映は『犬死にせしもの』。 舞台を原作の南九州から駿河に変更し、東海道の難所を細長く占める城のため、官軍と幕府軍の通り道となってしまうという設定を加え、“戊辰戦争を完全に無視してのセッション”という側面を強調した。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズ・ロック

ジャズ・ロック(jazz rock)とは、音楽のジャンルにおいて、ジャズおよびロックより発展した一つの演奏スタイルである。欧米ではJazz fusionと呼ばれることもある。 1960年代に、アート・ロックやブラス・ロックなどの楽器演奏を中心としたロックミュージックが台頭した。それらの影響を受け、ジャズにおいても電気楽器(エフェクトを多用したエレクトリック・ギターや、エレクトリック・ピアノ)の使用によるロック風な奏法を取り入れ、新しい演奏スタイルが生まれた。ロックにおいてもより即興演奏を中心とするスタイルに発展した。これをジャズ・ロックと分類した。 スタンダードなジャズで既に名声のあった、マイルス・デイヴィスやリー・モーガン、ジョン・マクラフリン、ハービー・ハンコックなどが先鋭的な試みとして、演奏に取り入れた。さらに、これが受け入れられて商業的に傾向していくクロスオーバー、フュージョンへと展開した。 1970年代前後に、アメリカのジャズ・ミュージシャンより早く革新的なサウンド実験を試行した、英国のロック及びジャズ系のミュージシャンがいる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズ・ファンク

ジャズ・ファンク(Jazz-funk)はポピュラー音楽のスタイルの一種。スタイルとしての使い方を狭めない場合はジャズ・フュージョンに含まれることが多い。 ジャズにファンク、ソウル、R&Bなどの要素が混合され、即興演奏(ジャム)が含まれることもある。 グルービーなジャズは、60年代のブルー・ノートのオルガン・ジャズなどに起源を持つ。さらに1960年代の後半から、マイルス・デイヴィスらのジャズ・ミュージシャンが電気楽器とロックのスタイルを取り込んだエレクトリック・ジャズやジャズ・ロックの作品を発表するようになった。これが後にクロスオーバー、フュージョンと呼ばれるようになる。 その中には、一定のグルーブを強調したリズム・アンサンブルからなるファンクの要素を取り込んだものもあったが、ほとんどはセールス的に芳しいものではなく、忘れられた存在になっていた。しかし、80年代の後半のレアグルーブのブームによって、再注目されることになる。また、1990年前後に、イギリスからアシッドジャズのブームが起こり、同時期に流行の兆しを見せたヒップホップのサンプリングのソースとして、これらの作品がジャズ・ファンクとして脚光を浴びるようになった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズ・シンガー

『ジャズ・シンガー』(The Jazz Singer)は、1927年10月6日にアメリカ合衆国のワーナー・ブラザーズが公開し、ヴァイタフォン方式による音声付きの映画。やや不正確な表現であるが、しばしば「世界初」のトーキーとして言及されることがある。 「Wait a minute, wait a minute. You ain't heard nothin' yet! (「待ってくれ、お楽しみはこれからだ!」 直訳では「―君はまだ何も聴いてないんだぜ」)」というセリフが有名である。2005年6月に発表された「アメリカ映画の名セリフベスト100」ではこのセリフが第71位にランクインしている。映画全編を通してのトーキーではなく、部分的なトーキー(パートトーキー)だったが、驚異的な興行収入を記録し、トーキーの時代の幕開きとなった。第1回アカデミー賞で脚色賞部門でノミネートされた。 1953年と1980年にリメイクされている。 ストーリー ユダヤ人の少年ジョン・ラーヴィノヴィッツは或る酒場で俗的な歌を歌っていたのをユダヤ教司祭長で厳格な父に見つかり勘当されてしまう。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズダンス

ジャズダンスとは、バレエの要素を取り入れたダンスのジャンル。単にジャズと略す場合もある。 20世紀初頭にアメリカで誕生した。 名前の由来は当初アフリカ系アメリカ人がジャズミュージックに合わせて踊っていたことからこの名前が付いた。 バックダンサーやミュージカルで多く見られ、武富士のCMで有名になった武富士ダンサーズや映画「フラッシュダンス」などが有名である。 最近はストリートダンスでも見られるようになった。 参考文献 オックスフォード バレエダンス事典 ジュディス・マックレル、デブラ・クレイン共著(鈴木晶訳) 平凡社 2010年 ISBN 4582125220 外部リンク 一般社団法人日本ジャズダンス芸術協会 日本ジャズダンス協会。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズトロ

『』より :
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


ジャズトロニック

『』より :
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


「ジャズ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ジャズ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ジャズ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る