シャープとは?

シャープの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【シャープとは?】
シャープについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

シャープとは?

シャープ

シャープ株式会社(SHARP、英: Sharp Corporation)は、大阪府堺市に拠点を置く総合家電メーカー。 台湾・鴻海精密工業による買収に合意したため、日本の大手電機メーカーとしては初の外資系企業傘下となった。中華圏では「夏普電器有限公司」(「夏普」/Xiàpǔ/ は音訳)と表記される。 1912年、早川徳次が東京で創業した。徳尾錠というベルトのバックルの発明が始まりである。1915年、金属製繰出鉛筆(早川式繰出鉛筆)を発明。販売開始後、商品名をエバー・レディ・シャープ・ペンシルに変えた。アメリカで爆発的にヒット。現在の社名はこれに由来する。 だが1923年に関東大震災によりシャープペンシル工場を焼失。早川は家族もすべて失い、大阪へ移り再起を図った。1925年に鉱石ラジオをシャープの名前で発売。戦前の主力商品となる。 戦後、総合家電では松下電器産業やソニーが台頭し、営業・販売力においてこの2社に圧倒的な差を付けられていた上、シャープ製のテレビ(ブラウン管はアメリカ等海外製)が突然発火して大火事になった事件などもあり、低迷の時代が続く。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープ株式会社

『シャープ』より : 社名 シャープ株式会社Sharp Corporation
設立 1935年5月2日
本社所在地 大阪府大阪市阿倍野区長池町22番22号
関係する人物 早川徳次 (シャープ) 早川徳次、町田勝彦
業種 : 日本の電気機器産業 製造
製品・サービス エレクトロニクス、電子部品
売上高 単体:2兆2,831億円(2006年3月期連結:2兆7,971億円(2006年3月期)
シャープ株式会社(”Sharp Corporation”、旧社名 早川電機工業)。とりわけ、液晶ディスプレイ 液晶で有名な総合家電企業。商標SHARP。中華人民共和国 中国では「夏普電器有限公司」と表記される。
経営信条は「誠意と創意」。
1912年、早川徳次 (シャープ) 早川徳次が東京で創業。徳尾錠というベルトのバックルの発明がはじめ。1915年、金属製繰出鉛筆(シャープペンシル 早川式繰出鉛筆)を発明。販売開始後、商品名をエバー・レディ・シャープ・ペンシルに変えた。米国で爆発的にヒット。現在の社名はそこから取られている。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープ・エッジ

『シャープ・エッジ』は坂入慎一/著、凪良 (nagi) /画 のライトノベルであり、第9回電撃ゲーム小説大賞<選考委員奨励賞>受賞作品である。 主な登場人物 カナメ この物語の主人公。天涯孤独の身であったがスイーパーであるハインツに拾われ、ハインツから“殺す”技術を徹底的に叩き込まれた。武器はナイフで、遠い敵に対してはスローイングナイフで攻撃するが、接近戦では刃の部分が異様に長く柄が短い黒塗りなナイフを用いる。口数が少なく冷たい印象を与えるが、1巻の最後で涙したりキラのためにわざわざ料理を作ったりと、単に感情を表に出すのが苦手なだけかと思われる。また、誰彼構わず殺すのではなく、自分に殺意が無いもの及び殺意を失くしたものは殺すことができないらしい(このことはクリステルが推測している)。 基本的に魔女絡みの仕事が多いが、本人も電磁の能力を持つ魔女である。ハインツから特に愛情を受けて育ったという訳でも無かったがその存在は決して軽くはなく、彼を殺したシルビアを殺害することを決意。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープ亀山工場

座標: 北緯34度52分15秒 東経136度24分20秒 / 北緯34.870962度 東経136.40551度 / 34.870962; 136.40551 シャープ亀山工場(シャープかめやまこうじょう)は、三重県亀山市にある電機メーカーシャープの工場。 2000年代には「世界の亀山」ブランドの液晶テレビの生産で知られたが、2012年以降はスマートフォン用のIGZOディスプレイが主力となっている。 同じ敷地内に第1工場と第2工場が存在する。ちなみに、中空の渡り廊下でつながっているが、第1工場に設置されたアップルのオフィスにつながる通路があるため、シャープ社員の立ち入りが一部区間で禁止されている。 IT不況下の2002年2月に、三重県の企業誘致政策により、135億円(三重県90億円+亀山市45億円)の補助金とともに誘致された。その後の景気回復のシンボルとして、また、世界初となる最新鋭の液晶テレビの一貫生産工場として話題を集め、テレビなどでのCMでも大々的に紹介された工場である。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープと共に

シャープと共に(しゃーぷとともに)は、ラジオ沖縄で1970年代以前〜2005年3月26日まで、月曜〜土曜22時台前半に放送されたラジオ番組。沖縄シャープ電機(シャープ系列の家電卸売会社、本社:沖縄県那覇市)の一社提供。
日曜を除く毎日、22時台前半の20分間放送(最初は22:00〜22:20、のちに22:10〜22:30)していたが、平日と土曜日では内容が異なることが多かった。平日はパーソナリティー2人(男女各1人)、リクエスト番組中心で、日によってはリクエスト以外のはがきのコーナーもあった。土曜日は「ヤングヤングプラザ」というサブタイトルで、平日とは別のパーソナリティーを1人で務め、スタジオを飛び出して沖縄本島内各地をリポートするパターンが多かった(前半と後半に1曲ずつ、ロケ地にまつわる方のリクエストを流した)。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープ兄弟

シャープ兄弟は、1950年代~1960年代に活躍したプロレスの外国人兄弟タッグ。カナダ・オンタリオ州ハミルトン (オンタリオ州) ハミルトン出身。1954年に来日して力道山・木村政彦組と対戦し、日本のプロレスブームの火付け役となった。
兄:ベン・シャープ(”Ben Sharpe”、1921年 - )
:身長197cm、体重112kg。1936年ベルリンオリンピックのボート競技にカナダ代表として出場。力道山に敬意を表して息子をリキ・シャープと命名した。
弟:マイク・シャープ(”Mike Sharpe”、1923年 - 1988年)
:身長199cm、体重119kg。1988年に死去。息子のマイク・シャープ・ジュニア アイアン・マイク・シャープ(マイク・シャープ・ジュニア)もプロレスラーとなった。
祖父がレスラー、父がボクサーという格闘技一家に生まれ、1947年にトロントでプロレスデビュー。1949年にカナダからアメリカ合衆国 アメリカに渡り、NWA世界タッグチーム王座 世界タッグ王座を獲得。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープ・シューター

『サソリ固め』より : サソリ固め(サソリがため)は、プロレスで使われるサブミッション技であり、スコーピオン・デスロックとも呼ばれる。アメリカなどの英語圏ではこの名前の他に、ブレット・ハートの名付けたシャープシューター(The Sharpshooter)という名称も普及している。 倒れている相手の両足の間に右足を入れて相手の左脇腹の横へ踏み込んで、相手の両足を膝でクロスさせて相手の右足を自分の右腕でロックし、右足を軸にして反転(ステップオーバー)して相手をひっくり返すしてから腰を落とす。掛けられた相手の姿がサソリのように見えることからこの名が付いた。 完全に極まれば相手の足首、膝、腰が締め上げられ、また気道や横隔膜の動きが制限されるため相手を窒息させる効果もある(実際、遊びや体罰でサソリ固めや逆エビ固めを一般人にかけて死亡させた例がある)。フィニッシュ・ホールドとして使用されることも多い。 日本におけるサソリ固め カール・ゴッチが開発したといわれ、日本では長州力が自らの代名詞的な必殺技としてデビュー当初から用いたことで有名になった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープレス不斉ジヒドロキシ化

シャープレス不斉ジヒドロキシ化(しゃーぷれすふせいひどろきしか、Sharpless asymmetric dihydroxylation)は四酸化オスミウムによりアルケンを酸化して1,2-ジオールを得る化学反応において、キラルなアミンを共存させることで光学活性なジオールを得る手法のことである。 1980年にバリー・シャープレスらは四酸化オスミウムによりアルケンを酸化する際にキニーネ(キニン)、キニジンのそれぞれの誘導体である、ジヒドロキニン (DHQ) 、またはジヒドロキニジン (DHQD) を加えると光学活性なジオールが得られることを報告した。しかしこの反応は当量反応であり、高価な四酸化オスミウムやキラルなアミンを多く使用する必要があった。 シャープレスらはさらに検討を行ない、1992年にヘキサシアノ鉄(III)酸カリウムを共酸化剤とし、キラルなアミンとしてビス(ジヒドロキニニル)フタラジン ((DHQ)2PHAL) またはビス(ジヒドロキニジニル)フタラジン ((DHQD)2PHAL) を使用することで、多くのアルケンから高い光学純度のジオールが得られる触媒的不斉オスミウム酸化の手法を確立した。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープレス酸化

シャープレス酸化(シャープレスさんか、Sharpless oxidation)とは、遷移金属触媒を使用してヒドロペルオキシドによりアリルアルコール誘導体の二重結合をエポキシ化する化学反応のことである。 1973年にバリー・シャープレスらによって報告された反応である。 触媒としてはバナジウムやモリブデンのアセチルアセトナート錯体を使用し、ヒドロペルオキシドには tert-ブチルヒドロペルオキシド (TBHP) が使用される。 ホモアリルアルコールやビスホモアリルアルコールも反応性は低いがエポキシ化される。 2級アリルアルコールにこの反応を適用した場合の立体選択性は、ヒドロキシル基を含む置換基に対して二重結合のシスの位置に置換基が無い場合には普通エリトロ型が優先し、シスの位置に置換基がある場合には普通トレオ型が優先する。 しかしこれは用いる触媒によっても変化する。 香月・シャープレス不斉エポキシ化 香月・シャープレス不斉エポキシ化(かつき-ふせい-か、Katsuki-Sharpless asymmetric epoxidation)は、1980年に香月勗とバリー・シャープレスによって報告されたアリルアルコールの不斉エポキシ化法である。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープレス不斉エポキシ化

『シャープレス酸化』より : シャープレス酸化(シャープレスさんか、Sharpless oxidation)とは、遷移金属触媒を使用してヒドロペルオキシドによりアリルアルコール誘導体の二重結合をエポキシ化する化学反応のことである。 1973年にバリー・シャープレスらによって報告された反応である。 触媒としてはバナジウムやモリブデンのアセチルアセトナート錯体を使用し、ヒドロペルオキシドには tert-ブチルヒドロペルオキシド (TBHP) が使用される。 ホモアリルアルコールやビスホモアリルアルコールも反応性は低いがエポキシ化される。 2級アリルアルコールにこの反応を適用した場合の立体選択性は、ヒドロキシル基を含む置換基に対して二重結合のシスの位置に置換基が無い場合には普通エリトロ型が優先し、シスの位置に置換基がある場合には普通トレオ型が優先する。 しかしこれは用いる触媒によっても変化する。 香月・シャープレス不斉エポキシ化 香月・シャープレス不斉エポキシ化(かつき-ふせい-か、Katsuki-Sharpless asymmetric epoxidation)は、1980年に香月勗とバリー・シャープレスによって報告されたアリルアルコールの不斉エポキシ化法である。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープカップ 平成ボウル

『NEW ERA BOWL』より : ニューエラボウル(英表記:NEW ERA BOWL)は関西学生アメリカンフットボール連盟主催のアメリカンフットボールのボウルゲームである。関西学生アメリカンフットボール連盟所属各校の選抜選手・コーチと全米大学体育協会(NCAA)加盟大学からの招待選手・コーチがBLUE STARSとWHITE STARSに分かれて戦うオールスター形式のゲームである。例年、春季の締めくくりの試合として7月初旬に開催される。   元々は1990年から阪急西宮スタジアムを舞台に行われた「シャープカップ・平成ボウル」という大会で7月に行われた。関東と関西の大学の代表チームがアメリカ合衆国の全米大学体育協会(NCAA)加盟の大学と連合チームを結成しての対戦で春季締めくくりのゲームとして位置づけられた。出場校にとってはアメリカ人選手とのプレーだけでなく、本場のコーチの指導を直接受けられることが最大の利点であったが、関東のチームの招待は第2回大会までで終わり、第3回大会からは前年度の関西学生リーグDiv.1の上位2校に全米大学体育協会からの招待大学がそれぞれ連合して戦う形式が定着していた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープカップ平成ボウル

『NEW ERA BOWL』より : ニューエラボウル(英表記:NEW ERA BOWL)は関西学生アメリカンフットボール連盟主催のアメリカンフットボールのボウルゲームである。関西学生アメリカンフットボール連盟所属各校の選抜選手・コーチと全米大学体育協会(NCAA)加盟大学からの招待選手・コーチがBLUE STARSとWHITE STARSに分かれて戦うオールスター形式のゲームである。例年、春季の締めくくりの試合として7月初旬に開催される。   元々は1990年から阪急西宮スタジアムを舞台に行われた「シャープカップ・平成ボウル」という大会で7月に行われた。関東と関西の大学の代表チームがアメリカ合衆国の全米大学体育協会(NCAA)加盟の大学と連合チームを結成しての対戦で春季締めくくりのゲームとして位置づけられた。出場校にとってはアメリカ人選手とのプレーだけでなく、本場のコーチの指導を直接受けられることが最大の利点であったが、関東のチームの招待は第2回大会までで終わり、第3回大会からは前年度の関西学生リーグDiv.1の上位2校に全米大学体育協会からの招待大学がそれぞれ連合して戦う形式が定着していた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープカップ・平成ボウル

『NEW ERA BOWL』より : ニューエラボウル(英表記:NEW ERA BOWL)は関西学生アメリカンフットボール連盟主催のアメリカンフットボールのボウルゲームである。関西学生アメリカンフットボール連盟所属各校の選抜選手・コーチと全米大学体育協会(NCAA)加盟大学からの招待選手・コーチがBLUE STARSとWHITE STARSに分かれて戦うオールスター形式のゲームである。例年、春季の締めくくりの試合として7月初旬に開催される。   元々は1990年から阪急西宮スタジアムを舞台に行われた「シャープカップ・平成ボウル」という大会で7月に行われた。関東と関西の大学の代表チームがアメリカ合衆国の全米大学体育協会(NCAA)加盟の大学と連合チームを結成しての対戦で春季締めくくりのゲームとして位置づけられた。出場校にとってはアメリカ人選手とのプレーだけでなく、本場のコーチの指導を直接受けられることが最大の利点であったが、関東のチームの招待は第2回大会までで終わり、第3回大会からは前年度の関西学生リーグDiv.1の上位2校に全米大学体育協会からの招待大学がそれぞれ連合して戦う形式が定着していた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープール1世

シャープール1世(Shāpūr, ? - 272年?)は、サーサーン朝ペルシア帝国の皇帝(シャーハーンシャーフ、在位:241年 - 272年)。初代皇帝アルダシール1世の子。中期ペルシア語ではシャー(フ)プフル(š'(h)pwhl / Šā(h)puhr)、マニ教文書ではシャー(フ)ブフル(š'(h)bwhl / Šā(h)buhr)。ペルシア語資料ではシャープール(شاپور Shāpūr)、アラビア語資料ではサーブール(سابور Sābūr)と表記される。「シャープフル」とは中期ペルシア語で Šāh(王)+puhr (息子)であり「王子」を意味する。 生涯とその政策 生年不詳。ペルシアの国家的伝統に愛着をもつ祭司サーサーンからは孫、君主バーバクの子にあたるアルダシールは、パルティア王国の要塞の指揮官を務めていたが、3世紀初頭、パルティアを統治していたアルサケス朝に対し反乱を起こした。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープペンシル

シャープペンシルは、細い黒鉛の芯を繰り出して用いる機械式筆記具である。略称で「シャープ」、「シャーペン」とも呼ばれ、「シャープペン」の表記も一般に見られる。 「シャープペンシル」という名前は、日本の商標「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」に由来するが、アメリカではそれ以前から「Eversharp Pencil(エバーシャープ・ペンシル))」という呼び名があった(これも元は商標である)。「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」は電機メーカーシャープの社名の語源にもなっている(詳細は後述)。なお、アメリカ合衆国では「mechanical pencil(メカニカルペンシル)」、イギリスでは「propelling pencil(プロペリンペンシル)」と言い、また「黒鉛の芯を使う筆記具の総称」とし一括りに「pencil(ペンシル)」と言うこともある。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープペン

『シャープペンシル』より : シャープペンシルは、細い黒鉛の芯を繰り出して用いる機械式筆記具である。略称で「シャープ」、「シャーペン」とも呼ばれ、「シャープペン」の表記も一般に見られる。 「シャープペンシル」という名前は、日本の商標「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」に由来するが、アメリカではそれ以前から「Eversharp Pencil(エバーシャープ・ペンシル))」という呼び名があった(これも元は商標である)。「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」は電機メーカーシャープの社名の語源にもなっている(詳細は後述)。なお、アメリカ合衆国では「mechanical pencil(メカニカルペンシル)」、イギリスでは「propelling pencil(プロペリンペンシル)」と言い、また「黒鉛の芯を使う筆記具の総称」とし一括りに「pencil(ペンシル)」と言うこともある。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープ・スターアクション

『シャープ・スターアクション!』は、1973年10月2日から1979年12月18日まで日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作のクイズ番組である。その後も1979年12月25日から1980年9月23日まで『シャープ・新スターアクション!』と題して放送されていた。いずれもシャープの一社提供。放送時間は毎週火曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。 当初は1974年1月に放送開始する予定だったが、前々番組『ファイヤーマン』が1973年7月に打ち切りになったため、一旦『いじわるじいさん大追跡(英語: Here Comes the Grump)』でつないだ後、1973年10月に繰り上げて開始された。 この番組はいわゆるNHK『ジェスチャー』のリメイク版で、身振り手振りを見て答えるクイズ番組だった。収録は日本各地の公会堂で行われていた。 合言葉は「アクショ〜ン!Q!」で、ゲームスタート時にも司会の金原がコールしていた。 オープニングにはシャープのオープニングキャッチがあった。これは地球を人工衛星が回っているイメージ(模型)⇒太陽(実写)を映し、「♪シャープ、シャープ…」と連呼。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープビル虐殺事件

シャープビル虐殺事件(シャープビルぎゃくさつじけん、アフリカーンス語: 英語: Sharpeville massacre)は、1960年3月21日に南アフリカ共和国トランスバール州ヨハネスブルグ近郊のシャープビルで発生した虐殺事件である。 アパルトヘイト政策を進める南アフリカ政府は、1952年にパス法を成立させ、国内(バントゥースタンを含む)に居住する18歳以上の男性黒人に身分証の携帯を義務付けた。政府はパス法を黒人女性にも適用し、白人との分離政策の強化を図った。 このような政府の方針に対して、アフリカ民族会議(ANC)はパス法に対する抗議活動を1960年3月31日に実施することを決定した。しかし、ANCに対抗するパン・アフリカニスト会議(PAC)は、ANCが主導権を握る抗議活動に反発し10日前の3月21日の実施を主張したが、賛同を得ることはできなかった。PACはこのため独自に抗議活動を実施することを決定した。 3月21日、午前10時頃にPACが組織した5,000~7,000人の群集は逮捕を覚悟で身分証を持たずにシャープビルの警察署前で抗議行動を開始した。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープ米子

シャープ米子株式会社(シャープよなご -)は、鳥取県米子市にある、シャープの子会社である液晶ディスプレイパネルの生産会社。
2005年6月に、富士通の子会社である富士通ディスプレイテクノロジーズ(旧・米子富士通)の米子工場、および富士通研究所の液晶関係の研究設備が、富士通からシャープに譲渡され、シャープの子会社として発足。
“液晶のシャープ”における中小型パネルの生産拠点となっている。
富士通からシャープへの譲渡により、生産品目をパーソナルコンピュータ PC用の17インチ級から、小型機器用の2〜10インチ級に転換したこと、また“液晶のシャープ”のブランドバリューもあって、発足1年後の業績は好調という。
シャープ よなこ

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


シャープさん・フラットさん

『シャープさん・フラットさん』は、1962年4月6日から1970年3月30日までNHK総合テレビで放送されたクイズ番組である。 2人の回答者が「シャープさん」と「フラットさん」に分かれ、レコードや生演奏で出題される音楽のタイトル(クラシック、ポピュラー、歌謡曲等)を当てるた音楽クイズである。スタジオに設えた碁盤風の電光掲示板(横軸M・U・S・I・C、縦軸1・2・3・4・5の25マス)を使い、最初の問題でシャープ(#)かフラット(♭)かの陣地を決め、次の問題以後は正解した際にその回答者が1マスを選んで自分の符号を埋めていく。不正解だとお手つきとなり、お手つき二つで一時回答権を失う。最終的に縦横斜めにマスが一列揃えば勝ち(5人抜きで賞金と賞品が贈られる)、というビンゴゲーム的な要素を絡ませたものであった。 音楽を聴いて楽しむ要素があり、『クイズ・ドレミファドン!』(フジテレビ系列、1976年 - 1988年)などのイントロクイズのように、イントロ段階で激しく早押しを競うようなスタイルではなかった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97


「シャープ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「シャープ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「シャープ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る