スケルツォとは?

スケルツォの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【スケルツォとは?】
スケルツォについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

スケルツォとは?

スケルツォ

スケルツォ(scherzo)は、楽曲の区分に用いられる名前のひとつ。イタリア語で「冗談」を意味し、語源的にはふざけた音楽を指すが、その意味あいは形骸化していった。諧謔曲(かいぎゃくきょく)。 スケルツォは、メヌエットに代わって多楽章形式の器楽作品に組み込まれるようになり、室内楽曲にハイドンが導入したり、器楽ソナタや交響曲にベートーヴェンが導入したのをきっかけに、頻繁に用いられるようになった。 楽曲の性格を現す語であり、特定の形式や拍子テンポに束縛されない。ただし、初期のものは、テンポが速いことを除けば、3拍子だったり、舞踏的な性格を持ったり、トリオ(中間部)を持つ複合三部形式をとったりと、メヌエットの性質を借用していることが多い。主部は「舞踏的な性質」「歌謡的性質の排除」「強拍と弱拍の位置の交代」「同一音型の執拗な繰り返し」「激しい感情表現」などが目立ち、中間部は逆に「歌謡的な性質」「牧歌的な表現」が目立つことが多いのは、緩徐楽章との対照を狙っていると考えられている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%A9


スケルツォとマーチ

スケルツォとマーチ(Scherzo und Marsch)は、フランツ・リストが1851年に作曲したピアノ曲。1854年に出版された。サール番号はS.177。「スケルツォと行進曲」と表記されることもある。 ドイツのポーゼン(現ポーランドのポズナン)出身のピアニスト・作曲家テオドール・クラクに献呈された。しかし、クラク自身やカール・タウジヒにはこの曲は弾くことができず、当時演奏できたピアニストはハンス・フォン・ビューロー一人だけだったという。 曲の名前の通り、大きく6/8拍子と2/4拍子が混在するニ短調のスケルツォ部 (Allegro vivace, spiritoso) と4/4拍子の変ロ長調のマーチ部 (Allegro moderato, marciale) に分かれる。その後、スケルツォの主題が回想された後に圧倒的なコーダに到達し、ニ長調で締めくくられる。 当初、この曲は "Wild Jagd"(幽鬼の群れ)という題名が付けられていたが、この題名は『超絶技巧練習曲』の第8曲に用いたため、こちらは『スケルツォとマーチ』とされた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%A9


スケルツォ第4番 (ショパン)

フレデリック・ショパンのスケルツォ第4番 ホ長調 作品54は、ピアノのための4曲のスケルツォのうちの最後の1曲である。1842年に作曲、翌年出版された。
スケルツォ第1番 (ショパン) 第1番ロ短調、スケルツォ第2番 (ショパン) 第2番変ロ短調、スケルツォ第3番 (ショパン) 第3番嬰ハ短調に比べると晴れ晴れとした喜びにあふれており、憤怒・皮肉・絶望といった感情は影を潜め洗練されている。
構成は非常に自由なロンド・ソナタ形式(ソナタ形式に近い大三部形式とも、あるいは大規模なロンド形式ともとれる)。「プレスト」の発想記号が指定された、967小節に及ぶ大作である。
主題はH-C-G-C-Hの5音で現れ、4分の3拍子で全音符を使った優雅なもの。何回も使い回しされるが変奏修飾されることはなく穏やかに繰り返される。途中で変イ長調と変ホ長調に転調するが一時的であり、激しい展開部もなく最後にオクターブのユニゾンで音階が奏でられ終結する。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%A9


スケルツォ第3番 (ショパン)

フレデリック・ショパンのスケルツォ第3番 嬰ハ短調 作品39は、ピアノのための4曲のスケルツォのうちの1曲で、1839年に完成された。
構成はソナタ形式を取り、古典回帰を感じさせるが、独創的な序奏部など内容は幻想性に満ちている。
序奏は1小節に4連符がおかれ、拍子感が曖昧になり、調性も不明確であり、無調音楽の先駆とも取ることができる。この独創的な序奏のあとに現れる第1主題は明確な嬰ハ短調を示し、オクターブで鳴らされ、曲想はルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン ベートーヴェン的である。この主題は労作的であり、曲中は終始この動機と、続く第2主題の動機が展開される。第2主題はコラール風の問いに、下降する分散和音が応えるというような印象的なものであり、しばしば「レース」「すだれ」と形容される。なお、この第2主題は提示部では同主調の変ニ長調で、再現部では平行調のホ長調で現れるため、通常のソナタ形式とは逆の形になっている。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%A9


「スケルツォ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「スケルツォ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「スケルツォ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る