前奏曲とは?

前奏曲の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【前奏曲とは?】
前奏曲について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

前奏曲とは?

前奏曲

前奏曲(ぜんそうきょく)は、プレリュード(英語: prelude、フランス語: prélude)、フォアシュピール(ドイツ語: Vorspiel、ただし古典派音楽以前に関しては通常Präludium; プレルーディウム)ともいい、(他の楽曲の・大規模な楽曲の)前に演奏する楽曲の意味である。普通、声楽を伴わない器楽曲である。類似する形態として序曲(オーヴァーチュア)やシンフォニアがある。 本来はリュートや鍵盤楽器によって即興により演奏されるものであったが、後に書きとどめられるようになり、しばしば演奏技巧を発揮するような曲として、また、即興的で自由な作風の作品として、作曲された。 フランスで発達したプレリュード・ノン・ムジュレでは、奏者の即興性を重視して拍子を定めず、小節線も書かれない。 後には独立した楽曲として演奏技巧を発揮するような、また即興的な自由な作風の作品、特にピアノ曲にこの名が付けられるようになった。性格的小品の一種である。ショパンの24曲から成る前奏曲集、ドビュッシーの前奏曲集全2集、スクリャービンの85曲から成る前奏曲集が有名である。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%A5%8F%E6%9B%B2


前奏曲 (ショパン)

フレデリック・ショパン作曲の前奏曲(ぜんそうきょく)Prélude は、ピアノのための作品。24曲の前奏曲から成る曲集と独立曲2曲の、計26曲である。 ショパンの前奏曲は以下の26曲である。 24の前奏曲作品28 24 Préludes 前奏曲嬰ハ短調作品45 Prélude 前奏曲変イ長調(遺作)Préludeいずれも非常に短い小品である。ここでいう前奏曲とは、何かの前奏ではなく、前奏曲風の作品、または、J.S.バッハの平均律クラヴィーア曲集にある前奏曲(第1巻、第2巻ともに前奏曲とフーガ(遁走曲)の一対で24の長短調すべてに対応する48曲が含まれる)のような作品、というような意味である。前奏曲は形式にとらわれない自由な転調、劇的な展開を見せバッハの時代には革命的な内容であった。また24の調を使用するというのも前例のないことであり、ショパンが前奏曲と銘打ったのは作曲者への敬意だけでなくその革新的な内容に挑もうという意図があったものといえる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%A5%8F%E6%9B%B2


前奏曲、アダージョと「来たれ創り主なる聖霊」によるコラール変奏曲

モーリス・デュリュフレの前奏曲、アダージョと「来たれ創り主なる聖霊」によるコラール変奏曲(作品番号4)は、オルガン独奏のために書かれた作品である。任意で単旋律男声合唱を加えることも出来る。1930年作曲、デュラン社より出版、演奏時間約20分。
初演は1930年5月16日にデュリュフレ自身によってフランス国立音楽協会(SIM)主催のパリ音楽院での演奏会にて行われた。また同年6月にこの曲は「オルガン友の会」作曲賞を受賞した。
この曲で最も特徴的なのは3曲目にあたるコラール変奏曲で、これはグレゴリオ聖歌の『来たり給え、創造主なる聖霊よ 来たれ創り主なる聖霊』”(Veni creator Spiritus)”の旋律を元としている。ホ調上のミクソリディア教会旋法に基づくため、第7音が長音階より半音低い。このため聴覚上はイ長調にも聴こえ、全曲の最終部分が属和音で終わるような印象を受けることもある。またコラール変奏曲に限らず全曲がこのホ調ミクソリディア旋法を基盤としており、そのためデュリュフレのオルガン曲の中では特に長調に近く明るい印象を持つ曲である。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%A5%8F%E6%9B%B2


前奏曲ト短調 (ラフマニノフ)

前奏曲ト短調 作品23の5は、セルゲイ・ラフマニノフの『10の前奏曲』作品23(1903年完成)に含まれるピアノ独奏曲。1901年に作曲された。濃厚なロシアの民族的情緒に溢れ、今日でも広く演奏されている。ラフマニノフの技巧と非凡性を象徴した傑作である。 楽曲構造 Alla Marcia Poco Meno Mosso Tempo I (Alla Marcia)作品はAlla Marciaの指示に従い、行進曲風のテンポで開始する。同一のリズムを刻みながら次第に雄々しさを増し、主題へ戻る。Poco Meno Mossoの部分に入ると、 右手が大きな和音及びオクターブを奏し、左手の大きなアルペジオ風の動きを持って、テンポを落とし美しく歌うような曲想へ発展する。その後、最初のテンポに戻るための漸加速的な推移部を経て、再び勇猛な和音を刻む再現部へと移行する。フォルティッシモの和音連打を伴うコーダを示した後、ピアニッシモによる特徴的なトッカータ風の走句をもって終結を迎える。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%A5%8F%E6%9B%B2


前奏曲 (ドビュッシー)

クロード・ドビュッシーの作曲したピアノのための前奏曲(フランス語:Préludes)は全24曲あり、各12曲からなる曲集『前奏曲集第1巻』『前奏曲集第2巻』に収められている。第1巻は1910年、第2巻は1913年に完成。 バッハの『平均律クラヴィーア曲集』やショパンの『24の前奏曲』などと同様に、24曲からなる前奏曲集である。ただし、これらとは異なり24の調に1曲ずつを割り振ったものではない。 ピアノのための小品集ながらも、作曲語法のさまざまな試みや音楽的な美しさにおいて、ドビュッシーの後期における重要作品の位置を占めている。 各曲の詳細 いくつかの曲には当時ドビュッシーが好んだ新しい響きが好んで用いられている。例えば「ヴェール(帆)」では曲中のほとんどを全音音階で占め、一瞬雲間から光が差すように五音音階が現れる。「枯葉」では半音と全音の組み合わせによるオクタトニック(後年メシアンにより「移調の限られた旋法」第2番と名付けられた)をやはり曲中のほとんどで使用している。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%A5%8F%E6%9B%B2


前奏曲 イ短調 (ラヴェル)

前奏曲 イ短調(ぜんそうきょく いたんちょう)は1913年、モーリス・ラヴェルがパリ音楽院の初見で楽曲を弾く試験用に作曲した。僅か27小節の典雅な小品で、調性もイ短調とシンプルであるが、臨時記号が多く見られ、初見で弾くにはいささか苦労する。この初見演奏でラヴェルも絶賛した当時15歳の作曲家、ジャンヌ・ルルーに献呈されている。
ピアノ独奏曲 せんそうきよく いたんちよう らうえる
ラヴェルの楽曲 せんそうきよく いたんちよう

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%A5%8F%E6%9B%B2


前奏曲 イ短調

『前奏曲 イ短調 (ラヴェル)』より : 前奏曲(ぜんそうきょく)は、プレリュード(英語: prelude、フランス語: prélude)、フォアシュピール(ドイツ語: Vorspiel、ただし古典派音楽以前に関しては通常Präludium; プレルーディウム)ともいい、(他の楽曲の・大規模な楽曲の)前に演奏する楽曲の意味である。普通、声楽を伴わない器楽曲である。類似する形態として序曲(オーヴァーチュア)やシンフォニアがある。 本来はリュートや鍵盤楽器によって即興により演奏されるものであったが、後に書きとどめられるようになり、しばしば演奏技巧を発揮するような曲として、また、即興的で自由な作風の作品として、作曲された。 フランスで発達したプレリュード・ノン・ムジュレでは、奏者の即興性を重視して拍子を定めず、小節線も書かれない。 後には独立した楽曲として演奏技巧を発揮するような、また即興的な自由な作風の作品、特にピアノ曲にこの名が付けられるようになった。性格的小品の一種である。ショパンの24曲から成る前奏曲集、ドビュッシーの前奏曲集全2集、スクリャービンの85曲から成る前奏曲集が有名である。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%A5%8F%E6%9B%B2


前奏曲 (ラヴェル)

前奏曲 イ短調(ぜんそうきょく いたんちょう)は1913年、モーリス・ラヴェルがパリ音楽院のソルフェージュ(初見で楽曲を弾く)試験用に作曲した。僅か27小節の典雅な小品で、調性もイ短調とシンプルであるが、臨時記号が多く見られ、初見で弾くにはいささか苦労する。この初見演奏でラヴェルも絶賛した当時15歳の作曲家、ジャンヌ・ルルーに献呈されている。
ラヴェルのピアノ独奏曲
前奏曲 らへる

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%A5%8F%E6%9B%B2


前奏曲 (リスト)

『前奏曲』(ぜんそうきょく、Les Préludes(レ・プレリュード))ハ長調は、フランツ・リストにより1854年に作曲された交響詩。13曲あるリストの交響詩の代表作である。「人生は死への前奏曲」という考え(アルフォンス・ド・ラマルティーヌの詩による)に基づき、リストの人生観が歌い上げられている。 作曲の経緯 原曲は男声合唱曲「四大元素」(Les quarte éléments, オートランの詩に基づく、1844年 - 1845年)のための序曲として、その合唱曲に使われた主題を用いて1848年に作曲された楽曲である。後にこれを改訂したうえで独立した交響詩として発表する際に、ラマルティーヌの詩『詩的瞑想録』を再構成した上で楽曲の標題として付加した。初演はリスト自身の指揮により1854年にヴァイマルで行われた。 楽器編成 フルート3、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、チューバ1、ティンパニ、小太鼓、大太鼓、シンバル、ハープ、弦五部 曲の構成 曲は2つの主題を用いた、4部構成(緩 - 急 - 緩 - 急)の形式を持つ一種の変奏曲と見なすことができる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%A5%8F%E6%9B%B2


前奏曲、アダージョと「来たれ創り主なる精霊」によるコラール変奏曲

『』より :
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%A5%8F%E6%9B%B2


「前奏曲」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「前奏曲」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「前奏曲」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る