旋法とは?

旋法の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【旋法とは?】
旋法について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

旋法とは?

旋法

旋法(せんぽう、英語:musical mode、モード)とは、旋律の背後に働く音の力学である。 一般に旋法は音階を用いて記述されるので、音階と混同されがちであるが、音階が単に音を音高により昇順あるいは降順にならべたものであるのに対し、旋法は主音あるいは中心音、終止音、音域などの規定を含む。 旋法は特殊化した音階、あるいは一般化した旋律として定義できる。 様々な旋法 西洋音楽 古代ギリシアの旋法 教会旋法中東 アラブ音楽のマカーム ペルシア音楽のダストガーアジア インド音楽のラーガ 雅楽の調 呂旋法、律旋法 陽旋法(田舎節)、陰旋法(都節) 中国の調式 ジャワ音楽のララス、パトゥッ(パテット)近、現代に体系化された旋法 移調の限られた旋法 ポピュラー音楽における用法 1950年代終わりから1960年代に入る当初、マイルス・デイヴィスなどによって、研究やトライアルの末、積極的にジャズにも取り入れられ、特に即興演奏(アドリブ)に効果を発揮した。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%8B%E6%B3%95


「旋法」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「旋法」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「旋法」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る