絶対音感とは?

絶対音感の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【絶対音感とは?】
絶対音感について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

絶対音感とは?

絶対音感

絶対音感(ぜったいおんかん、英語:perfect pitch)は、ある音(純音および楽音)を単独に聞いたときに、その音の高さ(音高)を記憶に基づいて絶対的に認識する能力である。狭義には、音高感と音名との対応付けが強く、ある楽音を聞いたときに即座に音名・階名表記を使用して表現できる能力である。 別名として「絶対的音感」、「絶対的音高感」などがある。 相対的な音程で音の高さを認識する相対音感に対して、音高自体に対する直接的な認識力を「絶対音感」と呼ぶ。 人間は誰しも大幅に音高が異なればこれを区別することができる。例えばソプラノ歌手の歌声が高い、コントラバスの音が低い、というようなおおざっぱな音域については誰でも言い当てることができるのであって、そういう意味の「絶対的音感」は程度の差はあれ誰もが持っている。ただし、この程度のものは「絶対音感」と呼ばれることはない。絶対音感保持者はそれとは異なる音高認識方法を駆使しているとされる。それはかれらが音当てにおいてしばしばオクターブ・エラーとよばれる特有のミスをすることからも推測される。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B6%E5%AF%BE%E9%9F%B3%E6%84%9F


「絶対音感」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「絶対音感」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「絶対音感」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る