セレナードとは?

セレナードの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【セレナードとは?】
セレナードについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

セレナードとは?

セレナード

『セレナーデ』より : セレナーデ(ドイツ語: Serenade(南ドイツ・オーストリアではセレナーデ、北ドイツではゼレナーデ))は音楽のジャンルの1つであるが、一般的な言葉としては、恋人や女性を称えるために演奏される楽曲、あるいはそのような情景のことを指して使う。 各国では、フランス語: sérénade(セレナード)、イタリア語: serenata(セレナータ)、英語: serenade(セレネイド)。 日本ではセレナーデもしくはセレナードと呼ぶことが多い。また夜曲((やきょく))あるいは小夜曲((さよきょく))と言う。 音楽史とセレナーデ 音楽史においては、以下の3つのカテゴリーが存在する。 セレナーデの祖形 夜に演奏される音楽の歴史は紀元前に遡ることができる。古代ギリシアでは、夜に野外で恋人を褒め称えるために歌われる「扉の前で」と呼ばれる音楽ジャンルが存在した。 こんにち口語に残っている「セレナーデ」も、親しい相手や、その他の称賛すべき人物のために、夕方しばしば屋外で演奏される音楽を指す。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%89


セレナード (シェーンベルク)

アルノルト・シェーンベルクの『セレナード』作品番号 作品24(Serenade op.24)は、1920年から1923年にかけて作曲された、バリトン独唱をともなう室内楽作品である。シェーンベルクはこの時期、十二音技法の確立に向かっていた。この作品では第4楽章のみが十二音技法に基づいて作曲されているが、他の楽章でも様々な音列技法が試みられている。このように、この作品は無調から十二音技法への過渡的様相を呈している。
初演は1924年7月20日、ドナウエッシンゲン音楽祭において、シェーンベルク自身の指揮によって行われ、同年に楽譜が出版された。
クラリネット、バスクラリネット バス・クラリネット、マンドリン、ギター、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、声(バリトン、第4楽章のみ)

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%89


セレナード (リヒャルト・シュトラウス)

『』より :
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%89


「セレナード」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「セレナード」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「セレナード」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る