ソナタ形式とは?

ソナタ形式の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ソナタ形式とは?】
ソナタ形式について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ソナタ形式とは?

ソナタ形式

ソナタ形式(ソナタけいしき)は、楽曲の形式のひとつ。古典派の時代に大きく発展した楽曲形式。 古典派ソナタや、古典派ソナタに類似している交響曲、独奏協奏曲、弦楽四重奏曲などの、第1楽章や終楽章に多く見られるところからソナタ形式と呼ばれている。ソナタ形式=ソナタの形式ではない。 シェーンベルク「作曲の基礎技法」においては「ソナタ形式、ソナタ・アレグロ形式、または第1楽章形式などと、さまざまに呼ばれる」と前置きした上で、基本的にソナタ・アレグロ形式という呼称を採用している。ソナタ形式は、基本的に次のような形式をしている。 序奏 特に大規模なソナタ形式の作品ではしばしば序奏を伴う。この序奏は、主部の動機、主題等を用いたものや、あるいは主部とはまったく関係なく、気分的な準備を行うものまでさまざまである。主部の動機を十全に用いたものではたとえばブラームスの交響曲第1番の第1楽章の序奏などがある。気分的な序奏の例としては、ベートーヴェンの交響曲第7番の第1楽章のものがあげられる。また、序奏は主部と同じテンポか、それよりも遅いテンポをとる場合が多い。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF%E5%BD%A2%E5%BC%8F


「ソナタ形式」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ソナタ形式」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ソナタ形式」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る