ソルフェージュとは?

ソルフェージュの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ソルフェージュとは?】
ソルフェージュについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ソルフェージュとは?

ソルフェージュ

ソルフェージュ(フランス語: solfège)とは西洋音楽の学習において楽譜を読むことを中心とした基礎訓練のことである。類義語にリトミックがあり、どちらも広い意味においては音楽を学ぶ者すべてがその専門にかかわらず修めるべき基礎訓練全般を指すが、リトミックは体の動きと音とを結びつけたリズムを中心とした訓練を指すのに対し、ソルフェージュは楽譜を中心とした音楽理論を実際の音に結びつける訓練を指す。これらの訓練を通じて得られる能力、特に読譜能力はソルフェージュ能力と呼ばれる。 現在、フランスでは、新しいソルフェージュとして、フォルマシオン・ミュジカル(フランス語: formation musicale)が主流になってきており、パリ音楽院をはじめ、多くのコンセルヴァトワールでは、この名称が使われている。 音楽大学を始めとする養成機関での入試においては、ソルフェージュ能力を計る試験が実施される。 読譜訓練 読譜とは、楽譜を読んでそれを音にイメージし、実際に歌または楽器で演奏することである。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5


「ソルフェージュ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ソルフェージュ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ソルフェージュ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る