チャールダーシュとは?

チャールダーシュの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【チャールダーシュとは?】
チャールダーシュについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

チャールダーシュとは?

チャールダーシュ

チャールダーシュまたはチャルダッシュ(ハンガリー語: csárdás [ˈʧɑ̈ːrdɑ̈ːʃ]、スロバキア語: čardáš)は、ハンガリー音楽(英語版)の、ヴェルブンコシュから派生したジャンルである。 ハンガリー語で「酒場」という意味のチャールダcsárda [ˈʧɑ̈ːrdɒ]に由来する。 ヴェルブンクとヴェルブンコシュは兵士が居酒屋(チャールダ)で兵士募集のために踊り、それが農民の改作も交えて次第に芸術的要素を増していき、19世紀にロージャヴェルジらによりチャールダーシュとなったのであり、ヴェルブンコシュを農民が改作してチャールダーシュとなったのではない。 19世紀にはウィーンをはじめヨーロッパ中で大流行を極め、ウィーン宮廷は一時チャールダーシュ禁止の法律を公布したほどだった。 その遺産は、当時作られた内外の作曲家によるオペレッタ、バイオリン曲の中になお今も見ることができる。 他のハンガリー音楽と特徴が同じ面としては、「遅い」部分(lassú, lassan)と「速い」部分(friss/frišká)があるところだが、ラッシュー部分はかなり遅く、哀愁をもって演奏される。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5


チャールダーシュの女王

『チャルダッシュ侯爵夫人』(ドイツ語: Die Csárdásfürstin、ハンガリー語: A Csárdáskirálynő)は、エメリッヒ・カールマンが作曲したオペレッタ。1915年11月17日、ウィーンのヨハン・シュトラウス劇場で初演された。 あらすじ 第1幕 レオポルト・マリア侯爵の息子エドウィンは、歌手のシルヴァと愛し合っている。エドウィンは、アメリカ公演に旅立とうとするシルヴァに公証人をたてて結婚誓約書を書くが、エドウィンの両親はいとこのシュタージとの婚約を決めてしまう。 第2幕 エドウィンとシュタージの婚約披露宴にアメリカ帰りのシルヴァがボニ伯爵夫人と偽って現れる。エドウィンとシルヴァは互いの愛を確かめる。一方、ボニとシュタージも愛し合うようになる。エドウィンはシルヴァとの結婚を宣言するが両親に反対される。 第3幕 エドウィンの母親である侯爵夫人も昔歌手だったことが明らかになり、結婚に反対できなくなり、ハッピーエンド。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5


「チャールダーシュ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「チャールダーシュ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「チャールダーシュ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る