テンポ・ルバートとは?

テンポ・ルバートの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【テンポ・ルバートとは?】
テンポ・ルバートについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

テンポ・ルバートとは?

テンポ・ルバート

西洋音楽の器楽曲においては、少なくとも21世紀までよく演奏されているものの中では、フレデリック・ショパン ショパンの楽曲で多用されたのが最初であろう。マズルカ、バラード、スケルツォ、ワルツ、ノクターン、即興曲といった、叙情的な作品の演奏において多く用いられる。普通は、フレーズの最初と最後を遅めに、また、強調したい音を長めに演奏するためにその前後を遅めに演奏し、それ以外の場所を速めに演奏する。この場合、完全にテンポが自由というよりは、基本のテンポを設定しておいて、それを基準に遅め、速めにずらす、という手法を採るのが一般的である。なお、ショパンの場合、このようなテンポの変化は楽譜に書かれていないから、演奏者の解釈に任されている。というよりも、テンポの変化が楽譜に書かれていない楽曲ではテンポを演奏者があまり自由に揺らすべきでないとされる器楽曲において、ショパンの楽曲は伝統的に書かれていないテンポの変化を演奏者が付ける習慣となっている、と言ったほうが正しいかもしれない。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88


「テンポ・ルバート」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「テンポ・ルバート」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「テンポ・ルバート」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る