電子音楽とは?

電子音楽の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【電子音楽とは?】
電子音楽について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

電子音楽とは?

電子音楽

電子音楽(でんしおんがく)は、現代音楽の一種。語義としては電子楽器を用いた音楽全般であるが、一般には、電子楽器や、録音テープを用い、それらなくしては演奏し得ないような技法によって作り出された、前衛的な現代音楽をいう。 奏法 楽器音やその他の音を録音したテープを切ってつなげたり、走行速度を変えたり、逆方向に走行させて再生する。 シンセサイザーを用いて、伝統的な楽器音以外の音を音楽に用いる(シンセサイザーの音を主体とした内容である場合は、特に「シンセサイザー音楽」と呼称される場合がある)。 サンプラーを用いて、音素材を自由に組み合わせる。 それらをコンピュータによって制御する。 コンピューターによる制御を、偶然性に任せたり、そのときどきの演奏によって即興的に変化させたりする。 黎明期 19世紀におけるピアノの構造的な発展が、音楽のそれと同調しているように、電子音楽の歴史は、電子工学というテクノロジーと道を同じくしている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E9%9F%B3%E6%A5%BD


電子音楽の世界

電子音楽の世界(でんしおんがくのせかい、原題:Electronic Sound)は、1969年5月9日に発表されたジョージ・ハリスンのオリジナル・アルバム。調律されていないモーグ・シンセサイザーを演奏して出した音をそのまま録音した前衛的な内容の作品である。ビートルズが設立したレコード会社「アップル・レコード」のサブ・レーベル、「ザップル」から発売された。日本では同年10月10日に東芝音楽工業(現:EMIミュージック・ジャパン)からリリースされた。 収録曲 Side Aマージー壁の下で - Under the Mersey Wall (18:42)Side B超時間, 超空間 - No Time or Space (25:07) 演奏者 George Harrison - Moog SynthesizerAssistant Rupert and Jostick, The Siamese Twins Bernie Krause 外部リンク Album Cover - ジャケット写真。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E9%9F%B3%E6%A5%BD


「電子音楽」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「電子音楽」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「電子音楽」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る