印象主義とは?

印象主義の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【印象主義とは?】
印象主義について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

印象主義とは?

印象主義

『印象派』より : 印象派(いんしょうは)または印象主義(いんしょうしゅぎ)は、19世紀後半のフランスに発した絵画を中心とした芸術運動であり、当時のパリで活動していた画家たちのグループが起源である。フランスの保守的な美術界からの激しい批判にさらされながらも、独立した展覧会を連続して開催することで、1870年代 - 1880年代には突出した存在になった。この運動の名前はクロード・モネの作品『印象・日の出』に由来する。この絵がパリの風刺新聞「ル・シャリヴァリ」で、批評家ルイ・ルロワの槍玉に挙げられ、その結果「印象派」という新語が生まれた。 印象派の絵画の特徴としては、小さく薄い場合であっても目に見える筆のストローク、戸外制作、空間と時間による光りの質の変化の正確な描写、描く対象の日常性、人間の知覚や体験に欠かせない要素としての動きの包摂、斬新な描画アングル、などがあげられる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%B0%E8%B1%A1%E4%B8%BB%E7%BE%A9


印象主義音楽

印象主義音楽(いんしょうしゅぎおんがく)は、20世紀初頭のフランスに興ったクラシック音楽の流派の一つ。
ロマン派音楽に見られるような主観的表現を斥け、激しい情緒や物語性の描写よりも、気分や雰囲気の表現に比重を置いた音楽様式である。ドイツ後期ロマン派音楽のいきすぎへの反動に始まり、中世西洋音楽・ルネサンス音楽などバロック以前の音楽様式の影響の下、長調と短調をぼかすような音楽語法、非機能的な和声法や完全音程の平行、旋法性、不協和音の多用、簡潔で明快な形式への偏愛などを特徴とする。
音楽界の「印象主義」と美術界の「印象派」は相互に関連がある芸術運動ではない。両者の名称の一致にとらわれすぎることは、おおむね正しいとはいえない。クロード・ドビュッシー ドビュッシー自身は、印象派の画家たちとは何か違うことをしようとしているのだと言い、同時代のフランス美術よりも、ジェームズ・マクニール・ホイッスラー ホイッスラーやダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ ロセッティらのイギリス絵画や、モデスト・ムソルグスキー ムソルグスキーやニコライ・リムスキー=コルサコフ リムスキー=コルサコフのロシア音楽への共感を語り、印象派(またはドビュッシー主義)と呼ばれることを嫌って、象徴主義と呼ばれることをよしとした。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%B0%E8%B1%A1%E4%B8%BB%E7%BE%A9


「印象主義」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「印象主義」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「印象主義」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る