トルヴェールとは?

トルヴェールの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【トルヴェールとは?】
トルヴェールについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

トルヴェールとは?

トルヴェール

トルヴェール(Trouvère)は、12世紀後半に盛んになった吟遊詩人で、11世紀に生じたトルバドゥールが北フランスに伝播し、変化したものである。アーサー王物語など騎士道物語を広めたフランスのクレティアン・ド・トロワは、代表的な吟遊詩人である。 トルバドゥールやトルヴェールというと一般的なイメージは、弦楽器を背に、町から町へとさすらう放浪の楽師というものである。確かにそのような人々はいたのだが、彼らはジョングルールやミンストレルと呼ばれ、社会の底辺に属する男女の貧しい芸人であった。トルバドゥールやトルヴェールは、対照的に、貴族階級の音楽の担い手だった。こちらは詩人兼作曲家であり、貴族階級の庇護を受けたか、しばしば自ら貴族ないしは騎士であった。トルバドゥールやトルヴェールは、貴族のために創作や演奏を行い、伝統ある宮廷文化の一環を担っていた。その担い手には、王侯貴族だけでなく、その妃も含まれていた。トルバドゥールやトルヴェールの歌詞は、それを生み出した社交界を自然に反映し、「宮廷の愛」や宗教的情熱といった理想の扱い方を軸に動いている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AB


トルヴェール・クヮルテット

トルヴェール・クヮルテット(Trouvère Quartet)は1987年に結成された、日本を代表するサクソフォーン四重奏団。 メンバー 須川展也(すがわのぶや):ソプラノ・サクソフォーン 彦坂眞一郎(ひこさかしんいちろう):アルト・サクソフォーン 田中靖人(たなかやすと):バリトン・サクソフォーン 新井靖志(あらいやすし):テナー・サクソフォーン(除名)メンバーは、いずれも大室勇一の門下である。 須川展也(ソプラノ・サクソフォーン)、彦坂眞一郎(アルト・サクソフォーン)、新井靖志(テナー・サクソフォーン)、田中靖人(バリトン・サクソフォーン)の4人のソリスト達によって1987年に結成された。 1992年の東京国際音楽コンクールで第2位、第5回日本吹奏楽アカデミー賞「演奏部門」受賞。当時の日本ではクラシックにおけるサクソフォーン四重奏団は珍しいものであったが、1998年8月26日にテレビ朝日「徹子の部屋」に出演した後、その存在を広く一般に知られるようになる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AB


トルヴェールクヮルテット

『』より :
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AB


「トルヴェール」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「トルヴェール」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「トルヴェール」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る