トッカータとは?

トッカータの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【トッカータとは?】
トッカータについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

トッカータとは?

トッカータ

トッカータ(伊 toccata)とは、主に鍵盤楽器による、速い走句(パッセージ)や細かな音形の変化などを伴った即興的な楽曲で、技巧的な表現が特徴。toccataは動詞toccare(触れる)に由来しており、オルガンやチェンバロの調子、調律を見るための試し弾きといった意味が由来である。最初期の鍵盤用トッカータは16世紀中ごろに北イタリアで現れた。 発生〜ルネサンス期 16世紀までの器楽音楽は、声楽アンサンブル用のポリフォニー楽曲の即興的転用あるいは編曲であった。オルガンは教会典礼における声楽ポリフォニーの伴奏楽器として用いられていたが、これは合唱の音程を安定させることも目的のひとつであった。最初期のトッカータ的な特徴を持った楽曲は、教会で宗教曲を演奏するのに際して音を提示する(いわゆる「音取り」)行為を音楽的に発展させ、ある種の和声的進行に音階的走句をともなった簡単な即興曲であった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BF


トッカータとフーガ「ドリア調」

《トッカータとフーガ ニ短調(「ドリア調」)》BWV 538は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハのオルガン独奏曲。作曲年代はヴァイマール時代の1708-17年。
トッカータ楽章は、多声の模倣様式によっており、開始からの16分音符の動きが、ほぼ終始一貫して楽章の終わりまで鳴り続けており、これが異なる声部に受け渡されるため、コンチェルタート様式で労作されたような印象さえ醸し出される。バッハはわざわざ手を焼いて、オルガニストがどの手鍵盤を演奏すべきかについても指示を出しているが、これは当時としては異例なことであり、またバッハの作品でも他に類が見られない。このトッカータは、バッハのたいていの開かれた自由形式によるトッカータに比べると、より独立性が強く、しかも自己完結した情趣が認められる。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BF


トッカータとフーガニ短調

トッカータとフーガ ニ短調(ドイツ語: Toccata und Fuge in d-Moll)BWV565は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハが作曲したオルガン曲である。 解説 数多いヨハン・ゼバスティアン・バッハ(以下バッハ)のオルガン曲のなかでも特に人気の高い作品のひとつである。演奏時間は8~12分程度。トッカータ部の演奏時間は3分足らずで、強烈な旋律で始まる。全体的に急速であり重厚感を併せ持つ。フーガ部は、4声体で書かれてはいるものの対旋律の性格が弱く、他のバッハのフーガと比べると比較的単純な構成になっている。楽想が絡み合うような濃厚なものではなく、強弱をつけながら連なり出会うといった簡素なものであるが、重厚感は強い。演奏の難易度は比較的高めではあるが他のバッハのオルガン作品と比較すれば平易である。 とりわけ開始部は非常に有名であり、喜劇などにもパロディ的に用いられることがある。突然訪れた悲劇を面白おかしく強調する様な場合に用いられる。 本作はもともとはヴァイオリン用で、後にオルガン用に編曲されたという説もあり、復元を試みヴァイオリン・ソロ用に編曲した版(アンドリュー・マンゼら複数ある)による録音もリリースされている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BF


トッカータ (シューマン)

ロベルト・シューマンのトッカータ ハ長調 作品7は、1833年に書かれたピアノ独奏曲である。この頃のシューマンはピアニストを志向しており、パガニーニのカプリスをピアノのために編曲するなど、演奏技術の向上を目指していた。そのような時期に書かれたこの曲も例外ではなく、きわめて高い演奏技術を前面に押し出し、華やかな外面的効果を狙った作品である。そのため今日でも人気が高く、演奏会などでしばしば取り上げられる。 親友だったピアニスト・作曲家のルートヴィヒ・シュンケに献呈された。シュンケは返礼として『大ソナタ ト短調』作品3を献呈したが、翌1834年に肺結核のため23歳で夭折した。後に、シューマンは『大ソナタ』の一節を自作のピアノ協奏曲に引用している。 『練習曲』("Exercice")と題された初稿は1830年にまで遡るが、長らく行方不明となっていた。近年自筆譜が発見されて2009年にヘンレ社から出版され[1]、2012年に初録音がリリースされた。 曲はソナタ形式で書かれていて、跳躍する2小節の序奏に始まり、終始、重音で軽やかに鍵盤上を広く駆け回る。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BF


トッカータとフーガ

『』より :
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BF


「トッカータ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「トッカータ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「トッカータ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る