トリスタン和音とは?

トリスタン和音の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【トリスタン和音とは?】
トリスタン和音について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

トリスタン和音とは?

トリスタン和音

トリスタン和音(―わおん)は、 ヘ(F)、ロ(H)、嬰ニ(Dis)、嬰ト(Gis)からなる和音で和声学で言う「導七の和音」又は「減五短七の和音」(Half-diminished seventh chord)の一種である。また一般に同じ音程(下から順に増4度、長3度、完全4度)からなる和音をもいう。この和音がリヒャルト・ワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』の冒頭に現れることから名づけられた。 440px この和音の和声上の機能についてはいろいろな解釈が可能であり、調性的には曖昧である。 この和音はエンハーモニック(異名同音)により、変ト長調Ⅶ7または変ホ短調Ⅱ7の へ(F) - 変イ(As) - 変ハ(Ces) - 変ホ(Es)とも、またイ短調ドッペルドミナント7のロ(H) - 嬰ニ(Dis) - 嬰ヘ(Fis) - イ(A)の第五音を下方変異させた ロ(H) - 嬰ニ(Dis) - ヘ(F) - イ(A)(嬰ト(Gis)は倚音または経過音である)とも解釈でき、第五音の下方変異したドッペルドミナントの第二転回形である増六の和音の一種、フランスの六として捉えることもできる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E5%92%8C%E9%9F%B3


「トリスタン和音」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「トリスタン和音」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「トリスタン和音」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る