ネウマとは?

ネウマの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ネウマとは?】
ネウマについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ネウマとは?

ネウマ

『』より :
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%A6%E3%83%9E


ネウマ譜

ネウマ譜(ネウマふ、英: neumatic notation)とは、楽曲の楽譜を「ネウマ」と呼ばれる記号を用いて書き表す記譜法のことである。9世紀頃に現れ、音高を明示しないネウマ、音高ネウマ(ダイアステマ記譜法)といった初期の記譜法が発展し、11世紀になると譜線ネウマが見られ、4本の譜線が用いられるようになった。この頃、線譜表には、C音とF音が付けられるようになり、それがハ音記号とヘ音記号となる(ト音記号もG音の記号である)。ネウマ(希: νευμα)とはギリシャ語で「合図、身振り」という意味であり、合唱を指揮する際の手の合図である。 ネウマによる記譜法 ネウマによる記譜法は、時代、地方によって様々なバリエーションがあるが、ここでは譜線ネウマについて記述する。 音部記号 譜線ネウマでは4本の譜線が使われ、近代記譜法と同じように線上または線と線の間に音符が書かれる。先頭にはC音(ハ音、ド)またはF音(ヘ音、ファ)の音部記号が書かれる。これが後にハ音記号、ヘ音記号となる。 1音ネウマ 2音ネウマ 3音ネウマ 合成ネウマ その他の基本的記号 解釈記号 。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%A6%E3%83%9E


「ネウマ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ネウマ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ネウマ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る