パヴァーヌとは?

パヴァーヌの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【パヴァーヌとは?】
パヴァーヌについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

パヴァーヌとは?

パヴァーヌ

パヴァーヌ(仏: pavane)は、16世紀のヨーロッパに普及した行列舞踏である。 パヴァーヌのかしこまった行進は、厳粛なスペインに影響された16世紀イタリアの宮廷作法に似つかわしく、パヴァーヌはスペイン起源の舞曲なのかもしれないと想像させるが、パヴァーヌの名称の由来はいまだに諸説に分かれている。そのうち一つは、「パドヴァの踊り」(padovana )の転訛とするもの、もう一つは、一列に並んだ女性を、孔雀(ラテン語でpavo、スペイン語でpavon)の尻尾に見立てたとするものである。 パヴァーヌは、イングランドやフランス、イタリアの舞踏指南書に登場し、より活き活きとした舞曲ガイヤルドとしばしば対にされている。またパヴァーヌという語は、ダンスを伴奏する特定の音楽を描写するのに使われた。1630年代半ばにダンスそのものは時代遅れになり、ルイ14世の宮廷でパヴァーヌはアルマンドに追い落とされたが、曲としてのパヴァーヌは数百年にわたって生き続けてきた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%8C


「パヴァーヌ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「パヴァーヌ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「パヴァーヌ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る