ハ音記号とは?

ハ音記号の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ハ音記号とは?】
ハ音記号について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ハ音記号とは?

ハ音記号

『音部記号』より : 音部記号(おんぶきごう)は西洋音楽の五線記譜法による楽譜に用いられる音楽記号の一種。五線の左端に記し、五線上の位置と音の高さとの関係を指定する。 音部記号の種類 音部記号の名称には、その音部記号自体の名称と音部記号の置かれた場所による名称とがある。 音部記号自体の名称にはト音記号(高音部記号)、ヘ音記号(低音部記号)、ハ音記号(中音部記号)がある。 音部記号の置かれた場所による名称には次のものがある。 次の楽譜で、黒い全音符は中央ハ音、緑は中央ハ音のすぐ上のト音、赤は中央ハ音のすぐ下のヘ音である。 音部記号の一覧 これらのうち現在最も一般的に使用されているのは、ヴァイオリン記号、バス記号の2種類であり、それぞれ記号自体の名称でト音記号、ヘ音記号と呼ばれている。そのほかアルト記号、テノール記号が補助的に使われている。この内アルト記号は記号自体の名称でハ音記号と呼ばれることも多い。 楽譜を印刷する技術が未発達であった時代には、加線をなるべく用いずに記譜できるように各種音部記号が活用されたが、現在では、上記4種以外はあまり用いられない。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E9%9F%B3%E8%A8%98%E5%8F%B7


「ハ音記号」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ハ音記号」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ハ音記号」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る