拍とは?

拍の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【拍とは?】
拍について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

拍とは?

拍(はく) 拍節を意味する拍は音楽用語。 発音の単位としての拍(モーラ)は言語学・音声学用語。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%8D


拍手水ましマイク

『ドラえもんの道具 (は)』より : ドラえもんのひみつ道具 (はあ-はと) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち 、読みが「はあ」で始まるものから「はと」で始まるものを列挙する。 バードキャップ バードキャップは、「バードキャップ」(てんとう虫コミックススペシャル『ドラえもんカラー作品集』第1巻に収録)に登場する。 かぶると手をはばたかせて空を飛べるようになる(飛ぶ事が苦手なニワトリのキャップ等例外もあり)。同時にその鳥の特徴も自分の体に反映される。たとえば、夜行性であるミミズクやフクロウのキャップをかぶれば、昼間では上手く飛ぶ事ができない。カワセミのキャップならば、勝手に水に飛び込んで口で魚を獲らされる。 類似したひみつ道具に「ワンニャンごっこつけ耳」「動物ごっこ帽子」などがある。 バードキャップ新型 『のび太と翼の勇者たち』に登場した新型。前述の特徴に加えて背中から翼が生え、翼で羽ばたいて空を飛べるようになった。ただし「ペンギンさんキャップ」は飛べない。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%8D


拍子

拍子(ひょうし)は、一般には、拍や拍の連なりのこと。西洋音楽では強拍に連なるいくつかの拍の集まりの繰り返しを言う。日本では「三三七拍子」という言葉でわかるように、この言葉は、西洋音楽の定義の「拍子」とは異なる使われ方をする。アラブ古典音楽のイーカーア(イーカー)やインド古典音楽のターラ(サンスクリット読み)を「何々拍子」と表現することがあるが、これも西洋音楽の定義の「拍子」とは異なる。 以下、本項においては、西洋音楽のそれについて述べる。 西洋音楽における拍子 西洋音楽において拍子とは、拍の連なり(拍節)において、拍に重軽が生じたとき、ひとつの重である拍(「強拍」という)とそれに後続する1つないしいくつかの軽である拍(「弱拍」という)の集まりが(原則として)周期的に繰り返され、強拍から次の強拍まででひとつのまとまりを感ずることをいう。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%8D


拍子木切り

『切る (調理)』より : 切る(きる)とは、食材を調理する際の加工方法の一つ。 本稿では主に野菜を調理するときの様々な切り方について紹介する。魚介類については刺身や三枚おろし、さくどり等を参照。なお、中華料理における切り方は切る (中華料理)、フランス料理における切り方は切る (フランス料理)を参照のこと。 機能 食材を切ることには次のような機能がある。 食材の不可食部分を取り除く。 食材の形状や大きさを整える。 食材の表面積を大きくして加熱調理での熱伝導あるいは調味料の浸透をよくする。 盛り付けなどでの仕上がりを美しくする。 食材を細かくすることで消化吸収をよくする。 様々な切り方 繊切り(千切り:せんぎり) 線のように細長く切る。繊切りを参照。 針切り(はりきり) 繊切りよりさらに細長く切る。 微塵切り(みじんぎり) 1-2mm角程度の大きさに細かく切り刻む。繊切りをさらに切る事によって作る事が多い。薬味などを作るときに用いられる。 刻んだ具がまな板の外に飛んでしまわないように注意する必要がある。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%8D


拍子切り

『切る (調理)』より : 切る(きる)とは、食材を調理する際の加工方法の一つ。 本稿では主に野菜を調理するときの様々な切り方について紹介する。魚介類については刺身や三枚おろし、さくどり等を参照。なお、中華料理における切り方は切る (中華料理)、フランス料理における切り方は切る (フランス料理)を参照のこと。 機能 食材を切ることには次のような機能がある。 食材の不可食部分を取り除く。 食材の形状や大きさを整える。 食材の表面積を大きくして加熱調理での熱伝導あるいは調味料の浸透をよくする。 盛り付けなどでの仕上がりを美しくする。 食材を細かくすることで消化吸収をよくする。 様々な切り方 繊切り(千切り:せんぎり) 線のように細長く切る。繊切りを参照。 針切り(はりきり) 繊切りよりさらに細長く切る。 微塵切り(みじんぎり) 1-2mm角程度の大きさに細かく切り刻む。繊切りをさらに切る事によって作る事が多い。薬味などを作るときに用いられる。 刻んだ具がまな板の外に飛んでしまわないように注意する必要がある。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%8D


拍子木

拍子木(ひょうしぎ)とは、「拍子」を取るための木の音具。柝(き)。手に持って打ち合わせると、チョン、チョンと高い澄んだ音が出る。日本では古来様々な用途に用いられてきた。 紫檀、黒檀、花梨、樫など堅い木材を細長い四角の棒状に切り、2本1組にして紐で男結びにしてつなぐ。紐は長めで、使わないときは自分の首にかけてぶら下げておくことができる。 紐を結ばない「かまぼこ型拍子木」もある。2本組であることが基本で、数え方の単位は「組」「対」である。 用途 楽器として 雅楽、祭りのお囃子などのほか、インストルメンタルなど、現代音楽でも打楽器として用いられることがある。 相撲で 「呼出し」が拍子木を打って、力士の名を呼ぶ。大相撲の呼出しが使う拍子木は、桜の木が使われている。 舞台で 歌舞伎の演出では柝を用いる事があり、芝居の開始時の合図として打ったり幕切れで打ったりし、これらの時には2本を打ち合わせる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%8D


拍手 (神道)

拍手(はくしゅ、かしわで)とは、神道の祭祀や、神社・神棚など神に拝する際に行う行為である。柏手と書かれることもあり、また、開手(ひらて)ともいう。 両手を合わせ、左右に開いた後に再び合わせる行為を指す。通常、手を再び合わせる際に音を出す。音を出す理由は、神への感謝や喜びを表すため、願いをかなえるために神を呼び出すため、邪気を祓うためといわれる。また、凶事や悲しみを表す行事においては音を出さない作法(後述)もあり、この場合は、音を出さないのは故人の霊を祓ってしまわないためなどと説明される。 種類 神社で行われる参拝作法「二拝二拍手一拝(にはい・にはくしゅ・いっぱい)」=もしくは「二礼二拍手一礼(にれい・にはくしゅ・いちれい)」など、3回以下のものは「短拍手・短手(みじかて)」と呼ばれる。出雲大社、宇佐八幡、弥彦神社の4回、伊勢神宮の8回など、4回以上手を打つものは「長拍手・長手(ながて)」と呼ばれる。他に、8回打った後に再度短拍手を1回打つ「八開手(やひらて)」もある。神葬祭で音を出さずに打つ「偲手・忍手・短手(しのびて)」や、直会で盃を受けるときに一回打つ「礼手(らいしゅ)」などもある。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%8D


拍節

音楽にあって、等しい間隔で打たれる基本的なリズムを、拍節(はくせつ)と言い、そのひとつひとつの時間単位を拍(はく)という。拍は、一般に、人間の歩行の一歩一歩に擬せられる。拍節は、音楽に内在する固定的な周期であるから、ひとつひとつの拍が必ずしも常に実際の音によって示されなければならないわけでない。 拍の長さは曲によって様々であり、ひとつの曲の中でも変化することがある。拍の周期の速さのことをテンポという。 拍に重軽が生じる時、重である拍を「強拍(独 Niederschlag、英 downbeat)」、軽である拍を「弱拍(独 Auftakt、英 upbeat)」と呼ぶ。強拍は歩行の時の利き足、または踊りの重いステップに擬せられることが多い。ひとつの強拍とひとつまたはいくつかの弱拍との組み合わせが、規則的に繰り返す時、拍子(ひょうし)が生ずる。 拍節は基本的なリズムであると考えられがちであるが、拍節を持たない音楽は世界中に見られる。 関連項目 リズム 拍子 テンポ 音価。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%8D


拍車

拍車(はくしゃ)とは、馬術において脚扶助による騎手から馬への推進の合図(扶助)を強化する副扶助のための道具である。馬に苦痛を与えるための懲罰の道具ではない。 靴のかかとの部分に装着する。乗馬用の靴(多くは長靴)にはかかとの上に拍車置きと呼ばれる突起があり、細いベルトで固定される。 形状によって棒状の突起(柄、枝、棒)を持つ「棒拍」と、西部劇などでよく見られる円盤状の「輪拍」などがある。 棒拍の中でも先端が平面のもの、球面のものなどの違いがあり、輪拍では円盤にギザギザがあるものとないものの違いがある。 突起の長さも1センチ程度のものから4センチ程度のものまである。 突起が下向きに湾曲していたり、突起の先端が丸まっていたりする方が、馬への当たりが優しいので、拍車の効きは穏やかとなる。 最近では突起のついていない擬似拍車や先端部の取替えが可能な拍車も販売されている。 馬によっては拍車によって興奮状態になってしまうので、拍車をつけない方が良い場合がある。 拍車による扶助も刺激の一種であるから、こればかりに頼り常に拍車を入れていては、馬も刺激に慣れてしまい、ついには脚扶助への反応が得られなくなってしまう。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%8D


拍手

拍手(はくしゅ)は、興行等において感動を表現するため両手で叩くこと。 拍手の成立要因 京都大学霊長類研究所の松沢哲郎教授によれば、拍手が成立するためには、2つの条件が必要で、ひとつは手が自由に使えること、もうひとつは、手を叩くという行為に何らかの意味を持たせることが出来ることであり、この条件が揃うことで拍手が成立するという。その意味で霊長類も餌を要求するときなど相手の気を引く目的で手を叩く。人間の場合の拍手は、更に手を叩くことにより賞賛・賛意・歓迎・喚起・感激・感謝といった感情を伝えることにある。江戸時代までの日本では、観劇等で音を立てることを作法に反すると考えていた。国立民族学博物館の野村雅一教授は、世界的に産業社会が確立していない地域では拍手の習慣が未発達であるとする。ミクロネシアやオセアニアの一部が該当するが拍手をする場面がないからにほかならない。拍手をするためには少数対多数つまり大勢の人たちの前で少数の人たちが何かをするという状況が必要である。 日本における拍手 明治以前の日本には大勢の観衆が少数の人に拍手で反応するといった習慣はなく、雅楽、能(猿楽)、狂言、歌舞伎などの観客は拍手しなかった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%8D


拍車の戦い

『』より :
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%8D


拍子記号

『』より :
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%8D


「拍」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「拍」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「拍」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る