ビートとは?

ビートの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ビートとは?】
ビートについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ビートとは?

ビート

ビート Beat 音楽関係 英語で打つ、叩く、鼓動、拍子などを意味する語。 ビート (音楽) - 音楽における拍子・リズム感のこと。 ドラム・ビート - 上記のうちドラムスによって生み出されるもの。 リバプールサウンド - 英語版Wikipediaではbeat musicとされる。ポピュラー音楽のジャンルの1つ。ビートルズ等が著名。 グラウンド・ビート ビート (アルバム)-キング・クリムゾンの1982年発表のアルバム。 BEAT (河村隆一の曲) - 河村隆一の楽曲。 BEAT (木村カエラの曲) - 木村カエラの楽曲。 beat - aikoの楽曲。アルバム『BABY』に収録。 映像関係 BEAT (映画) - 1998年の映画作品。 BEAT 時代の鼓動 - 読売テレビ(ytv)で放送されているミニ番組。 ビート (小説) - 2000年に発表された今野敏の異色警察小説「ビート」と、それを原作に映像化されて2011年2月13日にWOWOWで放送されたテレビドラマ。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートマニアIIDX

『Beatmania IIDX』より : 『beatmania IIDX』(ビートマニア ツーディーエックス)は1999年からコナミ(2006年3月よりコナミデジタルエンタテインメントが継承)が稼働しているDJシミュレーションの音楽ゲーム。『BEMANIシリーズ』の第2作目。 シリーズ概要 『beatmania』の操作デバイスにボタンを2つ追加し、さらにエフェクト機能の強化を図った機種。3rd styleからEMPRESSまではPlayStation 2にも移植されている。通称IIDX、弐寺、7鍵など。前身に当たる『beatmania』が既にシリーズを完結したため、現在では「beatmania」「ビーマニ」と呼んでも本シリーズを指すことがある。なお当初は「beatmania II」がシリーズタイトルであり、「DX」は筐体のバージョンという位置づけであった(詳細は後述)。 『beatmania』のアンダーグラウンド的なアプローチとの差別化を図るために、メロディアスできらびやかな音楽が特徴である。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートルズ

ザ・ビートルズ(The Beatles)はイギリス・リヴァプール出身のロックバンドである。 主に1960年代に活動した世界的に有名なロックバンド。1962年10月5日(金)にレコードデビュー。1970年4月10日(金)に事実上解散(詳細は#解散とその後のメンバーの関係およびビートルズの解散問題を参照)。"Fab Four"という愛称もある。 バンドの活動期間内に母国イギリスで12作のオリジナル・アルバムを発売し、その内11作が全英アルバムチャートで週間1位を獲得した。11作の週間1位獲得合計数は162週。年間売り上げ最高アルバム獲得数4作と第1作『プリーズ・プリーズ・ミー』による連続1位獲得30週はいずれも1960年代の最高数。シングルは22作発売し、その内17作が1位を獲得。さらにアメリカを初め各国でも高いセールスを記録(詳細は「ビートルズの作品」を参照)し、ギネス・ワールド・レコーズに最も成功したグループアーティストと認定されている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートルボーグ

ビートルボーグ(Big Bad Beetleborgs)は、日本の特撮作品重甲ビーファイターとビーファイターカブトをアメリカ合衆国でリメイクした特撮コメディテレビドラマ。1996年9月7日から1998年2月23日までフォックス放送内のFox Kidsで放送された。
第54話以降、ビートルボーグ・メタリックス(Beetleborgs Metallix)にタイトルが変更された。
ある日、オバケが出ると噂のヒルホースト・マンションを探検していたドリュー、ジョー、ローランドの3人は本物のオバケに出会ってしまう。しかし、オバケ達は友好的でその中の1人、パイプオルガンに封印されていたフラバーは、封印を解いてくれたお返しに、願いを叶えてあげると言う。彼らは大好きな漫画のヒーローにして欲しいと願い、フラバーの魔術でビートルボーグになったが、その副作用で漫画の悪役まで実体化してしまう。こうして、ビートルボーグ達の戦いが始まった。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートマニア

『Beatmania』より : 『beatmania』(ビートマニア)とはコナミ(後のコナミデジタルエンタテインメント)が1997年に稼働した音楽ゲームである。『BEMANIシリーズ』の第1作。また、同タイトルを冠する家庭用ゲームソフトや携帯ゲーム、携帯電話用アプリケーションなども存在する。 1998年末に始まった音楽ゲームのブームのきっかけを生み出したゲームの1つ。2002年夏に最終作として「beatmania THE FINAL」を発売、シリーズを完結した。 海外版としては北米で『HipHopMania』、イギリスと韓国で『beatstage』というタイトルで展開されていた。海外での家庭用版は、イギリスでのGOTTAMIX 2をベースとしたもののみが存在する。北米においては単体での移植は行われず、後述する『beatmania IIDX』とのカップリングでの発売となった(その際、タイトルは「beatmania」と日本版に合わせられた)。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートルズの作品

ビートルズの作品(ビートルズのさくひん)は、ビートルズのアルバムおよび出演映画作品の一覧。 個々の楽曲についてはビートルズの曲名一覧を、ビートルズ解散後の動きや各ソロ作品については、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー(ウィングス)、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターを参照のこと。 ディスコグラフィー 註:各アルバム名をクリックした際に現れる「収録曲」の「A面」「B面」などの表記は、当初、アナログレコードとして発売された際のもの。当時は、各面ごとに収録曲順を考慮したためにあえて記す。現在、英国版オリジナルアルバムは、全てCD化されている。したがって、CDの後半に収録の曲番は、A面の収録曲数に、B面の曲順を足したものとなる。また、オリジナルリリースがCDの場合は、曲順のみ、通し番号で記す。 なお、CD化するにあたり ジョージ・マーティンはミキシングを若干変更している。そのためアナログ版と少々異なる雰囲気になっている。 シングル盤 = 英国 = チャートは「ニュー・ミュージカル・エクスプレス」 ラヴ・ミー・ドゥ / P.S.アイ・ラヴ・ユー (1962年) 【英;17位】 プリーズ・プリーズ・ミー / アスク・ミー・ホワイ (1963年) 【英;2週2位】 フロム・ミー・トゥ・ユー / サンキュー・ガール (1963年) 【英;6週1位】 シー・ラヴズ・ユー / アイル・ゲット・ユー (1963年) 【英;通算7週1位】 抱きしめたい / ジス・ボーイ (1963年) 【英;5週1位】 キャント・バイ・ミー・ラヴ / ユー・キャント・ドゥ・ザット (1964年) 【英;3週1位】 ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ! / 今日の誓い (1964年) 【英;3週1位】 アイ・フィール・ファイン / シーズ・ア・ウーマン (1964年) 【英;5週1位】 涙の乗車券 / イエス・イット・イズ (1965年) 【英;3週1位】 ヘルプ! / アイム・ダウン (1965年) 【英;3週1位】 デイ・トリッパー / 恋を抱きしめよう (両A面 1965年) 【英;5週1位】 ペイパーバック・ライター / レイン (1966年) 【英;2週1位】 イエロー・サブマリン / エリナー・リグビー (両A面 1966年) 【英;4週1位】 ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー / ペニー・レイン (両A面 1967年) 【英;3週2位】 愛こそはすべて / ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン (1967年) 【英;3週1位】 ハロー・グッドバイ / アイ・アム・ザ・ウォルラス (1967年) 【英;7週1位】 レディ・マドンナ / ジ・インナー・ライト (1968年) 【英;2週1位】 ヘイ・ジュード / レヴォリューション (1968年)【英;2週1位】 ゲット・バック / ドント・レット・ミー・ダウン (1969年) 【英;6週1位】 ジョンとヨーコのバラード / オールド・ブラウン・シュー (1969年) 【英;3週1位】 サムシング / カム・トゥゲザー (両A面 1969年) 【英;4位】 レット・イット・ビー / ユー・ノウ・マイ・ネーム (1970年) 【英;2位】 イエスタディ / 恋する二人 (1976年) 【英;8位】 バック・イン・ザ・U.S.S.R. / ツイスト・アンド・シャウト (1976年) 【英;19位】 サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド~ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ / ア・デイ・イン・ザ・ライフ (1978年) 【英;63位】 ザ・ビートルズ・ムービー・メドレー / すてきなダンス (1982年) 【英;10位】 フリー・アズ・ア・バード / クリスマスタイム・イズ・ヒア・アゲイン (1995年) 【英;2位】 リアル・ラヴ / ベイビーズ・イン・ブラック (1996年) 【英;4位】 = 米国 = プリーズ・プリーズ・ミー / アスク・ミー・ホワイ (1963年) フロム・ミー・トゥ・ユー / サンキュー・ガール (1963年) シー・ラヴズ・ユー / アイル・ゲット・ユー (1963年) 【米;2週1位】 抱きしめたい / アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア (1963年) 【米;7週1位/14位】 プリーズ・プリーズ・ミー / フロム・ミー・トゥ・ユー (1964年) 【米;2週3位/41位】 ツイスト・アンド・シャウト / ゼアズ・ア・プレイス (1964年) 【米;4週2位/74位】 ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット / サンキュー・ガール (1964年) 【米;2位/35位】 ラヴ・ミー・ドゥ / P.S.アイ・ラヴ・ユー (1964年) 【米;1位/10位】 シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)/ アイル・ゲット・ユー (1964年) 【米;97位】 ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ! / 恋する二人 (1964年) 【米;2週1位/53位】 ぼくが泣く / すてきなダンス (1964年) 【米;2週25位/95位】 アンド・アイ・ラヴ・ハー / 恋におちたら (1964年) 【米;2週12位/53位】 マッチボックス / スロウ・ダウン (1964年) 【米;2週17位/2週25位】 アイ・フィール・ファイン / シーズ・ア・ウーマン (1964年) 【米;3週1位/2週4位】 エイト・デイズ・ア・ウィーク / パーティーはそのままに (1965年) 【米;2週1位/39位】 涙の乗車券 / イエス・イット・イズ (1965年) 【米;1位/46位】 ヘルプ / アイム・ダウン (1965年) 【米;3週1位/101位】 イエスタディ / アクト・ナチュラリー (1965年) 【米;4週1位/47位】 恋を抱きしめよう / デイ・トリッパー (1965年) 【米;3週1位/5位】 ひとりぼっちのあいつ / 消えた恋 (1966年) 【米;3位/81位】 ペイパーバック・ライター / レイン (1966年) 【米;2週1位/2週23位】 イエロー・サブマリン / エリナー・リグビー (1966年) 【米;2位/2週11位】 ストロベリー・フィールズ・フォーエバー / ペニー・レイン (1967年) 【米;8位/1位】 愛こそはすべて / ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン (1967年) 【米;1位/34位】 ハロー・グッドバイ / アイ・アム・ザ・ウォルラス (1967年) 【米;3週1位/56位】 レディ・マドンナ / ジ・インナー・ライト (1968年) 【米;3週4位/96位】 ヘイ・ジュード / レヴォリューション (1968年) 【米;9週1位/3週12位】 ゲット・バック / ドント・レット・ミー・ダウン (1969年) 【米;5週1位/35位】 ジョンとヨーコのバラード / オールド・ブラウン・シュー (1969年) 【米;3週8位】 サムシング / カム・トゥゲザー (1969年) 【米;両A面 1位】 レット・イット・ビー / ユー・ノウ・マイ・ネーム (1970年) 【米;2週1位】 ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード / フォー・ユー・ブルー (1970年) 【米;2週1位】 ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ / ヘルター・スケルター (1976年) 【米;3週7位】 オブラディ、オブラダ / ジュリア (1976年) 【米;2週49位】 サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド~ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ / ア・デイ・イン・ザ・ライフ (1978年) 【米;71位】 ザ・ビートルズ・ムービー・メドレー / すてきなダンス (1982年) 【米;2週12位】 ベイビー・イッツ・ユー, アイル・フォロー・ザ・サン, デヴィル・イン・ハー・ハート, ボーイズ (1994年) 【米;67位】 フリー・アズ・ア・バード, アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア, ジス・ボーイ, クリスマスタイム・イズ・ヒア・アゲイン (1995年) 【米;6位】 リアル・ラヴ, ベイビーズ・イン・ブラック, イエロー・サブマリン, ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア (1996年) 【米;11位】 = 日本 = 抱きしめたい / ジス・ボーイ (1964年2月5日) プリーズ・プリーズ・ミー / アスク・ミー・ホワイ (1964年3月5日)  シー・ラヴズ・ユー / アイル・ゲット・ユー (1964年4月5日) キャント・バイ・ミー・ラヴ / ユー・キャント・ドゥ・ザット (1964年4月5日) フロム・ミー・トゥ・ユー / アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア (1964年4月5日) *日本独自発売 ツイスト・アンド・シャウト / ロール・オーヴァー・ベートーヴェン (1964年5月5日) ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット / サンキュー・ガール (1964年5月5日) オール・マイ・ラヴィング / ラヴ・ミー・ドゥ (1964年5月5日) *日本独自発売 プリーズ・ミスター・ポストマン / マネー (1964年6月5日) *日本独自発売 ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ! / 今日の誓い (1964年8月5日) 恋する二人 / ぼくが泣く (1964年9月5日) アンド・アイ・ラヴ・ハー / 恋におちたら (1964年10月5日) マッチボックス / スロウ・ダウン (1964年11月5日) すてきなダンス / テル・ミー・ホワイ (1965年1月5日) *日本独自発売 アイ・フィール・ファイン / シーズ・ア・ウーマン (1965年1月5日) ロング・トール・サリー / アイ・コール・ユア・ネーム (1965年2月5日) *日本独自発売 ノー・リプライ / エイト・デイズ・ア・ウィーク (1965年2月5日) *日本独自発売 ロック・アンド・ロール・ミュージック / エヴリー・リトル・シング (1965年2月5日) *日本独自発売 ミスター・ムーンライト / ホワット・ユー・アー・ドゥーイング (1965年3月15日) *日本独自発売 カンサス・シティ~ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ / アイル・フォロー・ザ・サン (1965年3月15日) *日本独自発売 パーティーはそのままに / みんないい娘 (1965年4月15日) *日本独自発売 涙の乗車券 / イエス・イット・イズ (1965年5月15日) ヘルプ! / アイム・ダウン (1965年8月15日) ディジー・ミス・リジー / アンナ (1965年9月15日) *日本独自発売 恋のアドバイス / テル・ミー・ホワット・ユー・シー (1965年10月15日) *日本独自発売 ザ・ナイト・ビフォア / アナザー・ガール (1965年11月15日) *日本独自発売 アクト・ナチュラリー / イエスタディ (1965年11月15日) 恋を抱きしめよう / デイ・トリッパー (1966年1月15日) ひとりぼっちのあいつ / 消えた恋 (1966年4月15日) ペイパーバック・ライター / レイン (1966年6月15日) イエロー・サブマリン / エリナー・リグビー (1966年9月5日) ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー / ペニー・レイン (1967年3月15日) 愛こそはすべて / ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン (1967年8月5日) ハロー・グッドバイ / アイ・アム・ザ・ウォルラス (1968年1月10日) レディ・マドンナ / ジ・インナー・ライト (1968年4月21日) ヘイ・ジュード / レヴォリューション (1968年9月14日) オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ / ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス (1969年3月10日) *日本独自発売 ゲット・バック / ドント・レット・ミー・ダウン (1969年6月1日) ジョンとヨーコのバラード / オールド・ブラウン・シュー (1969年7月10日) カム・トゥゲザー / サムシング (1969年11月21日) レット・イット・ビー / ユー・ノウ・マイ・ネーム (1970年3月25日) オー!ダーリン / ヒア・カムズ・ザ・サン (1970年6月5日) *日本独自発売 ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード / フォー・ユー・ブルー (1970年9月5日) イエスタディ / 恋する二人 (1976年7月5日) ヘルター・スケルター / ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ (1976年7月5日) サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド~ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ / ア・デイ・イン・ザ・ライフ (1978年10月5日) レット・イット・ビー / ゲット・バック (1981年9月1日) *日本独自発売 ザ・ビートルズ・ムービー・メドレー / すてきなダンス (1982年4月21日) ベイビー・イッツ・ユー, アイル・フォロー・ザ・サン, デヴィル・イン・ハー・ハート, ボーイズ (1995年4月8日) *CDのみの発売 フリー・アズ・ア・バード, アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア, ジス・ボーイ, クリスマスタイム・イズ・ヒア・アゲイン (1996年1月1日) *CDのみの発売 リアル・ラヴ, ベイビーズ・イン・ブラック, イエロー・サブマリン, ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア (1996年3月28日) *CDのみの発売 EP = 英国 = 全盤モノラル。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートたけし

ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のコメディアン、タレント、映画監督、俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。日本国外では本名名義の映画監督・北野 武としての知名度が極めて高い。 東京都足立区島根出身。オフィス北野所属。 1980年代初頭に起こった漫才ブームの中で社会風刺を題材としたシニカルな笑いツービートで人気を獲得、フジテレビTHE MANZAIやその後継であったオレたちひょうきん族らに出演し番組が大ヒット、一般人、芸能人(特に後輩芸人)問わず未だに発言や行動に多大な影響力をもつ人物の一人。 1990年代頃より司会業や映画監督業が中心で、中には20年以上続く番組がある。 映画監督時や『平成教育委員会』(フジテレビ系列)などの番組では本名の「北野武」名義を用い、その他の番組、映画で出演するときは芸名の「ビートたけし」でタレント活動している。これに関して、2010年(平成22年)5月9日放送『平成教育委員会』では、「アカデミックな場所では『北野武』または『マス北野』、芸人として出る時は『ビートたけし』で使い分けている」との旨を述べた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートロン

『BTRON』より : BTRON(ビートロン、Business TRON)は、坂村健が提唱したTRONプロジェクトの、ビジネス局面を担当するサブプロジェクトの一つ。そこで策定されたオペレーティングシステム(OS)やキーボード、周辺機器のインタフェースの仕様など、おおむねパーソナルコンピュータ(パソコン)関連の内容を指す。 本来特定の製品ではなく、あくまでも仕様を指す。が、実際には実装を指して「BTRON」と呼ぶことも多い。現在、BTRON3の実装として、パーソナルメディア(株)のB-right/Vがあり、それを含んだソフトウェア製品の超漢字が発売されている。 仕様 BTRONは、他のTRONと同様、仕様のみが策定されており、実装方法は規定していない。この節では仕様の説明に必要な範囲で実装についても言及しているが、詳細は実装の節を参照されたい。 BTRON1・BTRON2・BTRON3 古い順に示す。BTRONプロジェクトでは、まず、松下電器産業とパーソナルメディアにより、後述するCECマシン等を想定した、16 ビットCPU286への実装である「BTRON286」が試作された。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートたけしのTVタックル

『ビートたけしのTVタックル』(ビートたけしのテレビタックル)は、テレビ朝日系列にて1989年7月3日から放送されている、政治を題材にした討論バラエティ番組である。ビートたけしが司会を務める冠番組。通称は「TVタックル」。新聞や雑誌のラテ欄には文字数の制限上「たけしのTVタックル」と表記されることがある。ステレオ放送(2014年3月31日放送分より)、文字多重放送(2012年4月2日放送分より)、ハイビジョン制作を実施している。 1989年(平成元年)7月3日に「どーする?!TVタックル」のタイトル、関口宏とビートたけしの司会でスタート。関口出演時代はテーマが毎回「日本人と○○」だった。1990年(平成2年)3月26日放送分で関口が番組を降板、1991年(平成3年)4月1日から「ビートたけしのTVタックル」と番組名を変更、ビートたけしの冠番組となり様々な時事問題をテーマとして各界の著名人などのパネリストによる論争を繰り広げる内容になった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートたけしのTVタックル

『ビートたけしのTVタックル』より : ビートたけしのTVタックル(ビートたけしのテレビタックル)とは、毎週月曜日21:00-21:54にテレビ朝日系列で放送されている世相討論バラエティ番組 バラエティテレビ番組 番組。
1989年7月3日に「どーする?!TVタックル」という番組名でスタート。関口宏とビートたけしの司会で、対談形式の内容だった。1990年3月26日放送分で関口が番組を降板、1991年4月1日から「ビートたけしのTVタックル」と番組名を変更、ビートたけしの冠番組となり、様々な時事問題をテーマとして各界の著名人などのパネリストによる論争を繰り広げる内容になった。
1991年から田嶋陽子がよく出演し、よく女性問題などを扱って他のパネリストとバトルを繰り広げ、特に舛添要一とは罵り合いになるほどだった。2001年に田嶋が参議院議員選挙に立候補した際、立候補前に田嶋が出演した収録分が放送できなくなり編集で何とか乗り切った。またその選挙活動を密着で放送。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートたけしのお笑いウルトラクイズ

『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(ビートたけしのおわらいウルトラクイズ)は、1989年1月2日から1996年4月6日にかけて日本テレビ系列で放送された特別番組で、ビートたけしの冠番組。2007年1月1日の20:30から、3時間の正月特番として11年ぶりに復活した。 日テレ系の看板番組だった『史上最大!アメリカ横断ウルトラクイズ』をモチーフとしたお笑いタレント版クイズ番組としてスタート。芸人数十人を集め、熱海(静岡県)やスパリゾートハワイアンズ(福島県いわき市・湯本温泉)など関東周辺の温泉地に宿泊しながらロケを行い、クイズ(という名の過酷なゲーム)で体力・知力を競い優勝者を決する番組である。 たけしは本番組の目的を「売れない芸人をテレビに出してやること」としていた。たけし自身も本番組がかなり気に入っていたらしく、「週刊文春」の連載で(のちに『場外乱闘』に収録)(『たけし・逸見の平成教育委員会』が予想外に好視聴率な一方で)「オイラの一番大好きな」本番組の視聴率が振るわないことを嘆いている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートルズの解散問題

ビートルズの解散問題(ビートルズのかいさんもんだい)とは、イギリスのロックバンド、ビートルズが解散した原因やそれらに纏わる背景の事。 1970年4月10日、ポール・マッカートニーはイギリスの大衆紙『デイリー・ミラー』でビートルズからの脱退を発表し、同年12月30日にはロンドン高等裁判所にアップル社と他の3人のメンバーを被告として、ビートルズの解散とアップル社における共同経営関係の解消を求める訴えを起こした。翌1971年3月12日、裁判所はポールの訴えを認め、他の3人は上告を断念したのでビートルズの解散が法的に決定された。 ビートルズについて語る本の一部では、「オノ・ヨーコがジョン・レノンをビートルズから引き離した張本人」とされる例が散見された。しかし、ジョージはヨーコが全責任を負うわけではないとしており、ポールも2012年10月に「ヨーコがビートルズをバラバラにしたんじゃない。ビートルズは自らバラバラになった」と語っている。 この項では、個々の解散の原因とされる問題ごとに区別して述べる。 公演活動の終了 1966年8月29日、ビートルズは同年夏からスタートした短期ツアーの最終公演として、サンフランシスコのキャンドルスティック・パークでコンサートを行なった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートルズの曲名一覧

本項目ビートルズの曲名一覧では、英国のロックバンド、ザ・ビートルズ (The Beatles) の個々の楽曲をリードヴォーカル別に記載する。 アルバムや映像作品に関しては別項ビートルズの作品を参照。 ジョン・レノン アクロス・ザ・ユニバース - Across the Universe エイント・シー・スイート - Ain't She Sweet オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ - All I've Got to Do 愛こそはすべて - All You Need Is Love アンド・ユア・バード・キャン・シング - And Your Bird Can Sing アンナ - Anna (Go to Him) エニイ・タイム・アット・オール - Any Time at All アスク・ミー・ホワイ - Ask Me Why ベイビー・イッツ・ユー - Baby It's You ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン - Baby You're a Rich Man バッド・ボーイ - Bad Boy ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト - Being for the Benefit of Mr. Kite! キャロル - Carol カム・トゥゲザー - Come Together クライ・ベイビー・クライ - Cry Baby Cry ディア・プルーデンス - Dear Prudence ディグ・ア・ポニー - Dig a Pony ディグ・イット - Dig It ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie ドント・レット・ミー・ダウン - Don't Let Me Down エヴリー・リトル・シング - Every Little Thing エブリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー - Everybody's Got Something to Hide Except Me and My Monkey ガール - Girl グラス・オニオン - Glass Onion グッド・モーニング・グッド・モーニング - Good Morning Good Morning ゴット・トゥ・ファインド・マイ・ベイビー - Got to Find My Baby ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン - Happiness Is a Warm Gun ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! - A Hard Day's Night ハロー・リトル・ガール - Hello Little Girl ヘルプ! - Help! ヘイ・ブルドッグ - Hey Bulldog ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ・イット - How Do You Do It アイ・アム・ザ・ウォルラス - I Am the Walrus アイ・コール・ユア・ネーム - I Call Your Name パーティーはそのままに - I Don't Want To Spoil the Party アイ・フィール・ファイン - I Feel Fine アイ・ジャスト・ドント・アンダースタンド - I Just Don't Understand 恋する二人 - I Should Have Known Better アイ・ウォント・ユー - I Want You (She's So Heavy) 恋におちたら - If I Fell アイル・ビー・バック - I'll Be Back アイム・ア・ルーザー - I'm a Loser アイム・ゴナ・シット・ライト・ダウン・アンド・クライ((オーヴァー・ユー)) - I'm Gonna Sit Right Down and Cry (Over You) アイム・オンリー・スリーピング - I'm Only Sleeping アイム・ソー・タイアード - I'm So Tired イット・ウォント・ビー・ロング - It Won't Be Long イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love ジョニー・B.グッド - Johnny B. Goode ジュリア - Julia キープ・ユア・ハンズ・オフ・マイ・ベイビー - Keep Your Hands off My Baby リーヴ・マイ・キトゥン・アローン - Leave My Kitten Alone ロンサム・ティアーズ・イン・マイ・アイズ - Lonesome Tears in My Eyes ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ - Lucy in the Sky with Diamonds マギー・メイ - Maggie Mae メイルマン、ブリング・ミー・ノー・モア・ブルース - Mailman, Bring Me No More Blues ミーン・ミスター・マスタード - Mean Mr. Mustard メンフィス・テネシー - Memphis, Tennessee マネー - Money (That's What I Want) ミスター・ムーンライト - Mr. Moonlight ノー・リプライ - No Reply ノルウェーの森 - Norwegian Wood (This Bird Has Flown) ナット・ア・セカンド・タイム - Not a Second Time ナウ・アンド・ゼン - Now and Then ひとりぼっちのあいつ - Nowhere Man ワン・アフター・909 - One After 909 プリーズ・ミスター・ポストマン - Please Mr. Postman ポリシーン・パン - Polythene Pam レイン - Rain リアル・ラヴ - Real Love レボリューション - Revolution レボリューション1 - Revolution 1 ロック・アンド・ロール・ミュージック - Rock and Roll Music 浮気娘 - Run for Your Life セクシー・セディー - Sexy Sadie シー・セッド・シー・セッド - She Said She Said ア・ショット・オヴ・リズム・アンド・ブルース - A Shot of Rhythm and Blues スロウ・ダウン - Slow Down ソルジャー・オヴ・ラヴ - Soldier of Love ストロベリー・フィールズ・フォーエバー - Strawberry Fields Forever スゥィート・リトル・シックスティーン - Sweet Little Sixteen テル・ミー・ホワイ - Tell Me Why ザットル・ビー・ザ・デイ - That'll Be the Day ジョンとヨーコのバラード - The Ballad of John And Yoko ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル - The Continuing Story of Bungalow Bill ゼアズ・ア・プレイス - There's a Place 涙の乗車券 - Ticket to Ride 会ったとたんに一目惚れ - To Know Her Is to Love Her トゥモロー・ネバー・ノウズ - Tomorrow Never Knows トゥー・マッチ・モンキー・ビジネス - Too Much Monkey Business ツイスト・アンド・シャウト - Twist and Shout ウォッチング・レインボーズ - Watching Rainbows ホワッツ・ザ・ニュー・メリージェーン - What's the New Mary Jane 家に帰れば - When I Get Home ヤー・ブルース - Yer Blues ユー・キャント・ドゥ・ザット - You Can't Do That ユール・ビー・マイン - You'll Be Mine 恋のアドバイス - You're Going to Lose that Girl 悲しみはぶっとばせ - You've Got to Hide Your Love Away ジョン・レノン,ポール・マッカートニー ベイビーズ・イン・ブラック - Baby's in Black ア・デイ・イン・ザ・ライフ - A Day in the Life エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week デイ・トリッパー - Day Tripper ドクター・ロバート - Doctor Robert フロム・ミー・トゥ・ユー - From Me to You フロム・アス・トゥ・ユー - From Us to You ハロー・リトル・ガール - Hello,Little Girl 抱きしめたい - I Want to Hold Your Hand ぼくが泣く - I'll Cry Instead アイル・ゲット・ユー - I'll Get You イン・マイ・ライフ - In My Life イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デンジャー - In Spite OF All The Danger 抱きしめたい (ドイツ語版) - Komm Gib Mir Deine Hand レンド・ミー・ユア・コム - Lend Me Your Comb リトル・チャイルド - Little Child ミズリー - Misery プリーズ・プリーズ・ミー - Please Please Me メドレー:リップ・イット・アップ/シェイク・ラトル・アンド・ロール/ブルー・スェード・シューズ - Medley: Rip It Up/Shake, Rattle and Roll/Blue Suede Shoes シー・ラヴズ・ユー - She Loves You シー・ラヴズ・ユー (ドイツ語版) - Sie Liebt Dich サム・アザー・ガイ - Some Other Guy サンキュー・ガール - Thank You Girl テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See ウェイト- Wait ワーズ・オブ・ラヴ- Words Of Love ユー・ノウ・マイ・ネーム - You Know My Name (Look up the Number) ユール・ビー・マイン - You'll Be Mine ポール・マッカートニー オール・マイ・ラヴィング - All My Loving オール・トゥゲザー・ナウ - All Together Now アンド・アイ・ラヴ・ハー - And I Love Her アナザー・ガール - Another Girl バック・イン・ザ・U.S.S.R. - Back In the USSR ベサメ・ムーチョ - Besame Mucho バースデイ - Birthday ブラックバード - Blackbird クララベラ - Clarabella” キャリー・ザット・ウェイト - Carry that Weight カム・アンド・ゲット・イット - Come and Get It エリナー・リグビー - Eleanor Rigby フィクシング・ア・ホール - Fixing a Hole フール・オン・ザ・ヒル - The Fool on the Hill フォー・ノー・ワン - For No One ゲット・バック - Get Back ゲッティング・ベター - Getting Better ゴールデン・スランバー - Golden Slumbers グッド・デイ・サンシャイン - Good Day Sunshine ゴット・トゥー・ゲット・ユー・イントゥー・マイ・ライフ - Got to Get You into My Life ハレルヤ、アイ・ラヴ・ハー・ソー - Hallelujah, I Love Her So ハロー・グッドバイ - Hello, Goodbye ヘルター・スケルター - Helter Skelter ハー・マジェスティー - Her Majesty ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア - Here, There and Everywhere ヘイ・ジュード - Hey Jude ヒッピー・ヒッピー・シェイク - Hippy Hippy Shake ホールド・ミー・タイト - Hold Me Tight ハニー・パイ - Honey Pie ザ・ハネムーン・ソング - The Honeymoon Song アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア - I Saw Her Standing There アイ・ウィル - I Will アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow the Sun アイム・ダウン - I'm Down 君はいずこへ - I'm Looking through You 夢の人 - I've Just Seen a Face ジャンク - Junk カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ - Kansas City/Hey Hey Hey Hey レディ・マドンナ - Lady Madonna レット・イット・ビー - Let It Be ライク・ドリーマーズ・ドゥ - Like Dreamers Do ロング・アンド・ワインディング・ロード - The Long and Winding Road のっぽのサリー - Long Tall Sally ラヴ・ミー・ドゥ - Love Me Do ラヴ・オヴ・ザ・ラヴド - Love of the Loved ラヴリー・リタ - Lovely Rita ルシール - Lucille マジカル・ミステリー・ツアー - Magical Mystery Tour マーサ・マイ・ディア - Martha My Dear マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー - Maxwell's Silver Hammer ミッシェル - Michelle マザー・ネイチャーズ・サン - Mother Nature's Son ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before オブラディ・オブラダ - Ob-La-Di, Ob-La-Da オー!ダーリン - Oh! Darling オー!マイ・ソウル - Ooh! My Soul P.S.アイ・ラヴ・ユー - P.S. I Love You ペイパーバック・ライター - Paperback Writer ペニー・レイン - Penny Lane ロッキー・ラクーン - Rocky Raccoon サーチン - Searchin' セプテンバー・イン・ザ・レイン - September in the Rain サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (リプライズ) - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー - She Came in through the Bathroom Window シーズ・ア・ウーマン - She's a Woman シーズ・リーヴィング・ホーム - She's Leaving Home ステップ・インサイド・ラブ/ロス・パラノイア - Step Inside Love/Los Paranoias シュアー・トゥ・フォール - Sure to Fall (In Love With You) 蜜の味 - A Taste of Honey テディ・ボーイ - Teddy Boy ザット・ミーンズ・ア・ロット - That Means a Lot ザッツ・オールライト・ママ - That's All Right (Mama) 今日の誓い - Things We Said Today ティル・ゼア・ウォズ・ユー - Till There Was You トゥ・オブ・アス - Two of Us 恋を抱きしめよう - We Can Work It Out ホワット・ユー・アー・ドゥーイング - What You're Doing ホエン・アイム・シックスティー・フォー - When I'm Sixty Four ホワイ・ドント・ウィー・ドゥー・イット・イン・ザ・ロード - Why Don't We Do It in the Road ワイルド・ハニー・パイ - Wild Honey Pie イエスタデイ - Yesterday ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー - You Never Give Me Your Money ユー・ウォント・シー・ミー - You Won't See Me ユア・マザー・シュッド・ノウ - Your Mother Should Know ポール・マッカートニー,ジョン・レノン キャント・バイ・ミー・ラヴ - Can't Buy Me Love ドライヴ・マイ・カー - Drive My Car アイル・ビー・オン・マイ・ウェイ - I'll Be on My Way アイヴ・ガッタ・フィーリング - I've Got a Feeling ジョン・レノン,ジョージ・ハリスン ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー - You Really Got A Hold On Me ジョン・レノン, ポール・マッカートニー, ジョージ・ハリスン ビコーズ - Because フリー・アズ・ア・バード - Free as a Bird サン・キング - Sun King グンキ・ンサ - Gnik Nus ジ・エンド - The End 愛のことば - The Word ジス・ボーイ - This Boy (括弧書きで、リンゴのテーマ-Ringo's Theme とも呼ばれる) イエス・イット・イズ - Yes It Is ジョージ・ハリスン, ポール・マッカートニー ドント・エヴァー・チェンジ - Don't Ever Change ソー・ハウ・カム((ノー・ワン・ラヴズ・ミー)) - So How Come (No One Loves Me) ジョージ・ハリスン オール・シングス・マスト・パス - All Things Must Pass ブルー・ジェイ・ウェイ - Blue Jay Way チェインズ - Chains クライング、ウェイティング、ホーピング - Crying, Waiting, Hoping デヴィル・イン・ハー・ハート - Devil in Her Heart ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット - Do You Want to Know a Secret ドント・バザー・ミー - Don't Bother Me ドント・エヴァー・チェンジ - Don't Ever Change みんないい娘 - Everybody's Trying to Be My Baby フォー・ユー・ブルー - For You Blue グラッド・オール・オーヴァー - Glad All Over ヒア・カムズ・ザ・サン - Here Comes the Sun アイ・フォーゴット・トゥ・リメンバー・トゥ・フォーゲット - I Forgot to Remember to Forget アイ・ミー・マイン - I Me Mine アイ・ニード・ユー - I Need You アイ・ウォント・トゥ・テル・ユー - I Want To Tell You すてきなダンス - I'm Happy Just To Dance With You 恋をするなら - If I Needed Someone ジ・インナー・ライト - The Inner Light イッツ・オール・トゥ・マッチ - It's All Too Much ロング・ロング・ロング - Long Long Long ラヴ・ユー・トゥ - Love You To ノット・ギルティ - Not Guilty ナッシン・シェイキン - Nothin' Shakin' オールド・ブラウン・シュー - Old Brown Shoe オンリー・ア・ノーザン・ソング - Only a Northern Song ピッギーズ - Piggies ロール・オーバー・ベートーヴェン - Roll over Beethoven サボイ・トラッフル - Savoy Truffle シーク・オブ・アラビー - The Sheik of Araby サムシング - Something テイク・グッド・ケア・オブ・マイ・ベイビー - Take Good Care of My Baby タックスマン - Taxman 嘘つき女 - Think for Yourself スリー・クール・キャッツ - Three Cool Cats ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス - While My Guitar Gently Weeps ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー - Within You Without You ユー・ノウ・ホワット・トゥ・ドゥ - You Know What to Do ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much ヤング・ブラッド - Young Blood リンゴ・スター アクト・ナチュラリー - Act Naturally ボーイズ - Boys ドント・パス・ミー・バイ - Don't Pass Me By グッド・ナイト - Good Night ハニー・ドント - Honey Don't アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン (彼氏になりたい) - I Wanna Be Your Man イフ・ユーヴ・ガット・トラブル - If You've Got Trouble マッチボックス - Matchbox オクトパス・ガーデン - Octopus's Garden 消えた恋 - What Goes On ポール・マッカートニーリンゴ・スター イエロー・サブマリン - Yellow Submarine ジョン・レノン,ポール・マッカートニー,ジョージ・ハリスン,リンゴ・スター シャウト - Shout ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ - With a Little Help from My Friends インストゥルメンタル/その他 12バー・オリジナル - 12 Bar Original ア・ビギニング - A Beginning カーニヴァル・オブ・ライト - Carnival of Light カイエンヌ - Cayenne クリスマス・タイム・イズ・ヒア・アゲイン - Christmas Time Is Here Again クライ・フォー・ア・シャドウ - Cry for a Shadow フライング - Flying レボリューション9 - Revolution 9 関連項目 ビートルズ ビートルズの作品。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートルズの曲名

『ビートルズの曲名一覧』より : 本項目ビートルズの曲名一覧では、英国のロックバンド、ザ・ビートルズ (The Beatles) の個々の楽曲をリードヴォーカル別に記載する。 アルバムや映像作品に関しては別項ビートルズの作品を参照。 ジョン・レノン アクロス・ザ・ユニバース - Across the Universe エイント・シー・スイート - Ain't She Sweet オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ - All I've Got to Do 愛こそはすべて - All You Need Is Love アンド・ユア・バード・キャン・シング - And Your Bird Can Sing アンナ - Anna (Go to Him) エニイ・タイム・アット・オール - Any Time at All アスク・ミー・ホワイ - Ask Me Why ベイビー・イッツ・ユー - Baby It's You ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン - Baby You're a Rich Man バッド・ボーイ - Bad Boy ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト - Being for the Benefit of Mr. Kite! キャロル - Carol カム・トゥゲザー - Come Together クライ・ベイビー・クライ - Cry Baby Cry ディア・プルーデンス - Dear Prudence ディグ・ア・ポニー - Dig a Pony ディグ・イット - Dig It ディジー・ミス・リジー - Dizzy Miss Lizzie ドント・レット・ミー・ダウン - Don't Let Me Down エヴリー・リトル・シング - Every Little Thing エブリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー - Everybody's Got Something to Hide Except Me and My Monkey ガール - Girl グラス・オニオン - Glass Onion グッド・モーニング・グッド・モーニング - Good Morning Good Morning ゴット・トゥ・ファインド・マイ・ベイビー - Got to Find My Baby ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン - Happiness Is a Warm Gun ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! - A Hard Day's Night ハロー・リトル・ガール - Hello Little Girl ヘルプ! - Help! ヘイ・ブルドッグ - Hey Bulldog ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ・イット - How Do You Do It アイ・アム・ザ・ウォルラス - I Am the Walrus アイ・コール・ユア・ネーム - I Call Your Name パーティーはそのままに - I Don't Want To Spoil the Party アイ・フィール・ファイン - I Feel Fine アイ・ジャスト・ドント・アンダースタンド - I Just Don't Understand 恋する二人 - I Should Have Known Better アイ・ウォント・ユー - I Want You (She's So Heavy) 恋におちたら - If I Fell アイル・ビー・バック - I'll Be Back アイム・ア・ルーザー - I'm a Loser アイム・ゴナ・シット・ライト・ダウン・アンド・クライ((オーヴァー・ユー)) - I'm Gonna Sit Right Down and Cry (Over You) アイム・オンリー・スリーピング - I'm Only Sleeping アイム・ソー・タイアード - I'm So Tired イット・ウォント・ビー・ロング - It Won't Be Long イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love ジョニー・B.グッド - Johnny B. Goode ジュリア - Julia キープ・ユア・ハンズ・オフ・マイ・ベイビー - Keep Your Hands off My Baby リーヴ・マイ・キトゥン・アローン - Leave My Kitten Alone ロンサム・ティアーズ・イン・マイ・アイズ - Lonesome Tears in My Eyes ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ - Lucy in the Sky with Diamonds マギー・メイ - Maggie Mae メイルマン、ブリング・ミー・ノー・モア・ブルース - Mailman, Bring Me No More Blues ミーン・ミスター・マスタード - Mean Mr. Mustard メンフィス・テネシー - Memphis, Tennessee マネー - Money (That's What I Want) ミスター・ムーンライト - Mr. Moonlight ノー・リプライ - No Reply ノルウェーの森 - Norwegian Wood (This Bird Has Flown) ナット・ア・セカンド・タイム - Not a Second Time ナウ・アンド・ゼン - Now and Then ひとりぼっちのあいつ - Nowhere Man ワン・アフター・909 - One After 909 プリーズ・ミスター・ポストマン - Please Mr. Postman ポリシーン・パン - Polythene Pam レイン - Rain リアル・ラヴ - Real Love レボリューション - Revolution レボリューション1 - Revolution 1 ロック・アンド・ロール・ミュージック - Rock and Roll Music 浮気娘 - Run for Your Life セクシー・セディー - Sexy Sadie シー・セッド・シー・セッド - She Said She Said ア・ショット・オヴ・リズム・アンド・ブルース - A Shot of Rhythm and Blues スロウ・ダウン - Slow Down ソルジャー・オヴ・ラヴ - Soldier of Love ストロベリー・フィールズ・フォーエバー - Strawberry Fields Forever スゥィート・リトル・シックスティーン - Sweet Little Sixteen テル・ミー・ホワイ - Tell Me Why ザットル・ビー・ザ・デイ - That'll Be the Day ジョンとヨーコのバラード - The Ballad of John And Yoko ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル - The Continuing Story of Bungalow Bill ゼアズ・ア・プレイス - There's a Place 涙の乗車券 - Ticket to Ride 会ったとたんに一目惚れ - To Know Her Is to Love Her トゥモロー・ネバー・ノウズ - Tomorrow Never Knows トゥー・マッチ・モンキー・ビジネス - Too Much Monkey Business ツイスト・アンド・シャウト - Twist and Shout ウォッチング・レインボーズ - Watching Rainbows ホワッツ・ザ・ニュー・メリージェーン - What's the New Mary Jane 家に帰れば - When I Get Home ヤー・ブルース - Yer Blues ユー・キャント・ドゥ・ザット - You Can't Do That ユール・ビー・マイン - You'll Be Mine 恋のアドバイス - You're Going to Lose that Girl 悲しみはぶっとばせ - You've Got to Hide Your Love Away ジョン・レノン,ポール・マッカートニー ベイビーズ・イン・ブラック - Baby's in Black ア・デイ・イン・ザ・ライフ - A Day in the Life エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight Days a Week デイ・トリッパー - Day Tripper ドクター・ロバート - Doctor Robert フロム・ミー・トゥ・ユー - From Me to You フロム・アス・トゥ・ユー - From Us to You ハロー・リトル・ガール - Hello,Little Girl 抱きしめたい - I Want to Hold Your Hand ぼくが泣く - I'll Cry Instead アイル・ゲット・ユー - I'll Get You イン・マイ・ライフ - In My Life イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デンジャー - In Spite OF All The Danger 抱きしめたい (ドイツ語版) - Komm Gib Mir Deine Hand レンド・ミー・ユア・コム - Lend Me Your Comb リトル・チャイルド - Little Child ミズリー - Misery プリーズ・プリーズ・ミー - Please Please Me メドレー:リップ・イット・アップ/シェイク・ラトル・アンド・ロール/ブルー・スェード・シューズ - Medley: Rip It Up/Shake, Rattle and Roll/Blue Suede Shoes シー・ラヴズ・ユー - She Loves You シー・ラヴズ・ユー (ドイツ語版) - Sie Liebt Dich サム・アザー・ガイ - Some Other Guy サンキュー・ガール - Thank You Girl テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See ウェイト- Wait ワーズ・オブ・ラヴ- Words Of Love ユー・ノウ・マイ・ネーム - You Know My Name (Look up the Number) ユール・ビー・マイン - You'll Be Mine ポール・マッカートニー オール・マイ・ラヴィング - All My Loving オール・トゥゲザー・ナウ - All Together Now アンド・アイ・ラヴ・ハー - And I Love Her アナザー・ガール - Another Girl バック・イン・ザ・U.S.S.R. - Back In the USSR ベサメ・ムーチョ - Besame Mucho バースデイ - Birthday ブラックバード - Blackbird クララベラ - Clarabella” キャリー・ザット・ウェイト - Carry that Weight カム・アンド・ゲット・イット - Come and Get It エリナー・リグビー - Eleanor Rigby フィクシング・ア・ホール - Fixing a Hole フール・オン・ザ・ヒル - The Fool on the Hill フォー・ノー・ワン - For No One ゲット・バック - Get Back ゲッティング・ベター - Getting Better ゴールデン・スランバー - Golden Slumbers グッド・デイ・サンシャイン - Good Day Sunshine ゴット・トゥー・ゲット・ユー・イントゥー・マイ・ライフ - Got to Get You into My Life ハレルヤ、アイ・ラヴ・ハー・ソー - Hallelujah, I Love Her So ハロー・グッドバイ - Hello, Goodbye ヘルター・スケルター - Helter Skelter ハー・マジェスティー - Her Majesty ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア - Here, There and Everywhere ヘイ・ジュード - Hey Jude ヒッピー・ヒッピー・シェイク - Hippy Hippy Shake ホールド・ミー・タイト - Hold Me Tight ハニー・パイ - Honey Pie ザ・ハネムーン・ソング - The Honeymoon Song アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア - I Saw Her Standing There アイ・ウィル - I Will アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow the Sun アイム・ダウン - I'm Down 君はいずこへ - I'm Looking through You 夢の人 - I've Just Seen a Face ジャンク - Junk カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ - Kansas City/Hey Hey Hey Hey レディ・マドンナ - Lady Madonna レット・イット・ビー - Let It Be ライク・ドリーマーズ・ドゥ - Like Dreamers Do ロング・アンド・ワインディング・ロード - The Long and Winding Road のっぽのサリー - Long Tall Sally ラヴ・ミー・ドゥ - Love Me Do ラヴ・オヴ・ザ・ラヴド - Love of the Loved ラヴリー・リタ - Lovely Rita ルシール - Lucille マジカル・ミステリー・ツアー - Magical Mystery Tour マーサ・マイ・ディア - Martha My Dear マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー - Maxwell's Silver Hammer ミッシェル - Michelle マザー・ネイチャーズ・サン - Mother Nature's Son ザ・ナイト・ビフォア - The Night Before オブラディ・オブラダ - Ob-La-Di, Ob-La-Da オー!ダーリン - Oh! Darling オー!マイ・ソウル - Ooh! My Soul P.S.アイ・ラヴ・ユー - P.S. I Love You ペイパーバック・ライター - Paperback Writer ペニー・レイン - Penny Lane ロッキー・ラクーン - Rocky Raccoon サーチン - Searchin' セプテンバー・イン・ザ・レイン - September in the Rain サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (リプライズ) - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー - She Came in through the Bathroom Window シーズ・ア・ウーマン - She's a Woman シーズ・リーヴィング・ホーム - She's Leaving Home ステップ・インサイド・ラブ/ロス・パラノイア - Step Inside Love/Los Paranoias シュアー・トゥ・フォール - Sure to Fall (In Love With You) 蜜の味 - A Taste of Honey テディ・ボーイ - Teddy Boy ザット・ミーンズ・ア・ロット - That Means a Lot ザッツ・オールライト・ママ - That's All Right (Mama) 今日の誓い - Things We Said Today ティル・ゼア・ウォズ・ユー - Till There Was You トゥ・オブ・アス - Two of Us 恋を抱きしめよう - We Can Work It Out ホワット・ユー・アー・ドゥーイング - What You're Doing ホエン・アイム・シックスティー・フォー - When I'm Sixty Four ホワイ・ドント・ウィー・ドゥー・イット・イン・ザ・ロード - Why Don't We Do It in the Road ワイルド・ハニー・パイ - Wild Honey Pie イエスタデイ - Yesterday ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー - You Never Give Me Your Money ユー・ウォント・シー・ミー - You Won't See Me ユア・マザー・シュッド・ノウ - Your Mother Should Know ポール・マッカートニー,ジョン・レノン キャント・バイ・ミー・ラヴ - Can't Buy Me Love ドライヴ・マイ・カー - Drive My Car アイル・ビー・オン・マイ・ウェイ - I'll Be on My Way アイヴ・ガッタ・フィーリング - I've Got a Feeling ジョン・レノン,ジョージ・ハリスン ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー - You Really Got A Hold On Me ジョン・レノン, ポール・マッカートニー, ジョージ・ハリスン ビコーズ - Because フリー・アズ・ア・バード - Free as a Bird サン・キング - Sun King グンキ・ンサ - Gnik Nus ジ・エンド - The End 愛のことば - The Word ジス・ボーイ - This Boy (括弧書きで、リンゴのテーマ-Ringo's Theme とも呼ばれる) イエス・イット・イズ - Yes It Is ジョージ・ハリスン, ポール・マッカートニー ドント・エヴァー・チェンジ - Don't Ever Change ソー・ハウ・カム((ノー・ワン・ラヴズ・ミー)) - So How Come (No One Loves Me) ジョージ・ハリスン オール・シングス・マスト・パス - All Things Must Pass ブルー・ジェイ・ウェイ - Blue Jay Way チェインズ - Chains クライング、ウェイティング、ホーピング - Crying, Waiting, Hoping デヴィル・イン・ハー・ハート - Devil in Her Heart ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット - Do You Want to Know a Secret ドント・バザー・ミー - Don't Bother Me ドント・エヴァー・チェンジ - Don't Ever Change みんないい娘 - Everybody's Trying to Be My Baby フォー・ユー・ブルー - For You Blue グラッド・オール・オーヴァー - Glad All Over ヒア・カムズ・ザ・サン - Here Comes the Sun アイ・フォーゴット・トゥ・リメンバー・トゥ・フォーゲット - I Forgot to Remember to Forget アイ・ミー・マイン - I Me Mine アイ・ニード・ユー - I Need You アイ・ウォント・トゥ・テル・ユー - I Want To Tell You すてきなダンス - I'm Happy Just To Dance With You 恋をするなら - If I Needed Someone ジ・インナー・ライト - The Inner Light イッツ・オール・トゥ・マッチ - It's All Too Much ロング・ロング・ロング - Long Long Long ラヴ・ユー・トゥ - Love You To ノット・ギルティ - Not Guilty ナッシン・シェイキン - Nothin' Shakin' オールド・ブラウン・シュー - Old Brown Shoe オンリー・ア・ノーザン・ソング - Only a Northern Song ピッギーズ - Piggies ロール・オーバー・ベートーヴェン - Roll over Beethoven サボイ・トラッフル - Savoy Truffle シーク・オブ・アラビー - The Sheik of Araby サムシング - Something テイク・グッド・ケア・オブ・マイ・ベイビー - Take Good Care of My Baby タックスマン - Taxman 嘘つき女 - Think for Yourself スリー・クール・キャッツ - Three Cool Cats ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス - While My Guitar Gently Weeps ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー - Within You Without You ユー・ノウ・ホワット・トゥ・ドゥ - You Know What to Do ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ - You Like Me Too Much ヤング・ブラッド - Young Blood リンゴ・スター アクト・ナチュラリー - Act Naturally ボーイズ - Boys ドント・パス・ミー・バイ - Don't Pass Me By グッド・ナイト - Good Night ハニー・ドント - Honey Don't アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン (彼氏になりたい) - I Wanna Be Your Man イフ・ユーヴ・ガット・トラブル - If You've Got Trouble マッチボックス - Matchbox オクトパス・ガーデン - Octopus's Garden 消えた恋 - What Goes On ポール・マッカートニーリンゴ・スター イエロー・サブマリン - Yellow Submarine ジョン・レノン,ポール・マッカートニー,ジョージ・ハリスン,リンゴ・スター シャウト - Shout ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ - With a Little Help from My Friends インストゥルメンタル/その他 12バー・オリジナル - 12 Bar Original ア・ビギニング - A Beginning カーニヴァル・オブ・ライト - Carnival of Light カイエンヌ - Cayenne クリスマス・タイム・イズ・ヒア・アゲイン - Christmas Time Is Here Again クライ・フォー・ア・シャドウ - Cry for a Shadow フライング - Flying レボリューション9 - Revolution 9 関連項目 ビートルズ ビートルズの作品。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートルズ論争

ビートルズ論争(ビートルズろんそう)は、来日時のビートルズをめぐって、作家小林信彦と当時駆け出しの作家でもあった音楽評論家松村雄策の間で生じた対立を第三者(マスコミ)が興味本位に「ビートルズ論争」とネーミングしたもの。主に1991年7月から1992年2月までの両者の公式発言からその対立が窺われる。小林は松村を作家としても音楽評論家としても認めることなく「作家に嫌がらせをする一人の無知なビートルズファン」と見下した対応を続け、それを不服とする松村が『ロッキング・オン』誌上で批判を展開するという構図だった。両者で争点を定めて論争をしたわけではない。 発端と経緯 発端 松村雄策が1991年6月1日発売の『ロッキング・オン』7月号に「再び天下を取った男 ポール・マッカートニー、余裕のスタジオ・ライヴ『公式海賊版』」と題する評論を発表。この文の中で 1.『小説新潮』同年4月号と5月号に掲載の小林信彦の小説『ミート・ザ・ビートルズ』 2.『小説新潮』5月号掲載の小林信彦・萩原健太の対談「ビートルズ元年の東京」の2つに触れて「これは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と『抱きしめたい』というふたつの映画を合わせたようなものである。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビート・クルセイダース

『BEAT CRUSADERS』より : BEAT CRUSADERS(ビート・クルセイダース)は、1997年にヒダカトオルを中心に結成された日本のロックバンド。略称は、ビークルまたはBECR(インディーズ時代は「B.C.」)。2010年9月に解散。 メンバー ヒダカトオル(本名:日高央(ひだかとおる)、1968年6月5日- 、千葉県船橋市高根台出身、血液型B型、明海大学卒) - ボーカル・ギター インディーズ時代の表記はhidaka。 BEAT CRUSADERSを結成する前は、旧メンバーthaiと初代ドラムのイワハラと「PESELA-QUESELA-IN」(ペセラ・ケセラ・イン)というバンドでも活動していた。 散開後は、ソロ活動、ヒダカトオルとフェッドミュージック、MONOBRIGHTを経て、新規にTHE STARBEMSを結成。さまざまなバンド、アーティストのプロデュースも行っている。ソロユニットGALLOWとしても活動中である。THE STARBEMSより前の活動は素顔にサングラスを着用して行っていたが、THE STARBEMS以降は完全に素顔で活動する。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビート・クルセイダーズ

『BEAT CRUSADERS』より : BEAT CRUSADERS(ビート・クルセイダース)は、1997年にヒダカトオルを中心に結成された日本のロックバンド。略称は、ビークルまたはBECR(インディーズ時代は「B.C.」)。2010年9月に解散。 メンバー ヒダカトオル(本名:日高央(ひだかとおる)、1968年6月5日- 、千葉県船橋市高根台出身、血液型B型、明海大学卒) - ボーカル・ギター インディーズ時代の表記はhidaka。 BEAT CRUSADERSを結成する前は、旧メンバーthaiと初代ドラムのイワハラと「PESELA-QUESELA-IN」(ペセラ・ケセラ・イン)というバンドでも活動していた。 散開後は、ソロ活動、ヒダカトオルとフェッドミュージック、MONOBRIGHTを経て、新規にTHE STARBEMSを結成。さまざまなバンド、アーティストのプロデュースも行っている。ソロユニットGALLOWとしても活動中である。THE STARBEMSより前の活動は素顔にサングラスを着用して行っていたが、THE STARBEMS以降は完全に素顔で活動する。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビート (拍子)

『拍子』より : 拍子(ひょうし)は、一般には、拍や拍の連なりのこと。西洋音楽では強拍に連なるいくつかの拍の集まりの繰り返しを言う。日本では「三三七拍子」という言葉でわかるように、この言葉は、西洋音楽の定義の「拍子」とは異なる使われ方をする。アラブ古典音楽のイーカーア(イーカー)やインド古典音楽のターラ(サンスクリット読み)を「何々拍子」と表現することがあるが、これも西洋音楽の定義の「拍子」とは異なる。 以下、本項においては、西洋音楽のそれについて述べる。 西洋音楽における拍子 西洋音楽において拍子とは、拍の連なり(拍節)において、拍に重軽が生じたとき、ひとつの重である拍(「強拍」という)とそれに後続する1つないしいくつかの軽である拍(「弱拍」という)の集まりが(原則として)周期的に繰り返され、強拍から次の強拍まででひとつのまとまりを感ずることをいう。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートたけしの学問ノススメ

『ビートたけしの学問ノススメ』(ビートたけしのがくもんノススメ)は、1984年7月12日から同年9月27日まで、木曜20時台にTBSテレビ TBS系列(ただし琉球放送除く)およびテレビ山口(当時フジテレビジョン フジテレビ系列とのクロスネット局)で放送されていたテレビドラマで、ビートたけし扮する中学校教師が主人公の学園ドラマだった。全12話。
サブタイトルに必ず「○○ガ(ハ)、怖イヨー」が付いた。物語が始まる前に、主演のビートたけしが近所の子供を集める紙芝居師という設定で紙芝居を開催。主にたけし軍団を子供役とした。実在の童話を改変し笑いにしていた。
ちなみに、この作品の終了後、「世界まるごとHOWマッチ」がこの枠に入り、以後木曜夜8時枠は毎日放送制作の番組になったが、14年半後の1999年4月に当時火曜夜9時枠に放送した「うたばん」が移行した。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートたけしのつくり方

番組名=ビートたけしのつくり方
ジャンル=バラエティ番組 バラエティ
放送時間=木曜日20:00~20:54
放送分=54
制作局=フジテレビジョン フジテレビ、イースト (テレビ制作会社) イースト
企画=北野武、鈴木哲夫
プロデューサー=吉田宏、梅本満
出演者=ビートたけし他
音声=ステレオ放送
EDテーマ=「U-miz 11月のエイプリルフール」(松任谷由実)
放送期間=1993年10月14日~1994年3月17日
放送回数=
ビートたけしのつくり方(-かた)は1993年10月14日から1994年3月17日までフジテレビジョン フジテレビ系列で毎週木曜日 木曜20:00~20:54に放送されたバラエティ番組。
放送終了から13年半経った2007年9月19日、番組の名作コントとミニドラマを集めたDVDが3枚組でポニーキャニオンから発売された。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


ビートたけしのスポーツ大将

『ビートたけしのスポーツ大将』(ビートたけしのスポーツたいしょう)は、1985年4月16日から1990年2月27日までテレビ朝日系列局で放送されたテレビ朝日製作のスポーツバラエティ番組で、ビートたけしの冠番組でもある。 番組概要 ビートたけしとその弟子軍団であるたけし軍団&たけし軍団セピアの面々が、野球、陸上競技、サッカーなど様々なスポーツに挑戦、番組で募集した一般視聴者チームや芸能人チームなどと対戦したり、スタジオでの実技挑戦などに取り組んでいた。プロ野球シーズンオフになるとプロ野球選手も草野球対決などで登場することがあった。 中断・再開 1986年12月のフライデー襲撃事件でたけしが芸能活動を自粛、番組も「ビートたけしの」のクレジットを外し、単に「スポーツ大将」として放映された。留守を預かったのはフリーアナウンサーの志生野温夫と事件に不参加のたけし軍団メンバー、つまみ枝豆、井手らっきょ、ラッシャー板前である。たけしが復帰しないまま、1987年3月に番組はいったん終了。たけしが芸能活動を再開するのにあわせて、約1年後の1988年2月10日から番組を再開し、1990年まで放映された。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88


「ビート」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ビート」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ビート」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る