ピウとは?

ピウの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ピウとは?】
ピウについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ピウとは?

ピウス12世 (ローマ教皇)

ピウス12世(Pius PP. XII、1876年3月2日 - 1958年10月9日)はローマ教皇(在位:1939年3月2日 - 1958年10月9日)、第260代ローマ教皇。本名はエウジェニオ・マリア・ジュゼッペ・ジョヴァンニ・パチェッリ(Eugenio Maria Giuseppe Giovanni Pacelli)。未曾有の世界大戦前後という困難な時代に生き、さまざまな批判にさらされた。ピオ12世とも表記される。 生涯 生い立ち ローマで「黒い貴族」の家系に生まれる。パチェッリ家は代々教皇領政府で要職を占めた名門であり、祖父マルカントニオは副内務大臣を務め、バチカンの日刊紙「オッセルヴァトーレ・ロマーノ」の創刊に関った。父も教皇庁の顧問弁護士であった上に、伯父はレオ12世の財政顧問だった。 教皇庁の外交官 パチェッリは1899年4月に司祭叙階され、ピエトロ・ガスパッリ枢機卿のもとで働いた後、ヴァイマル共和政下のバイエルン州や中央政府に対する教皇使節を務めた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス十二世

『ピウス12世 (ローマ教皇)』より : ピウス12世(Pius PP. XII、1876年3月2日 - 1958年10月9日)はローマ教皇(在位:1939年3月2日 - 1958年10月9日)、第260代ローマ教皇。本名はエウジェニオ・マリア・ジュゼッペ・ジョヴァンニ・パチェッリ(Eugenio Maria Giuseppe Giovanni Pacelli)。未曾有の世界大戦前後という困難な時代に生き、さまざまな批判にさらされた。ピオ12世とも表記される。 生涯 生い立ち ローマで「黒い貴族」の家系に生まれる。パチェッリ家は代々教皇領政府で要職を占めた名門であり、祖父マルカントニオは副内務大臣を務め、バチカンの日刊紙「オッセルヴァトーレ・ロマーノ」の創刊に関った。父も教皇庁の顧問弁護士であった上に、伯父はレオ12世の財政顧問だった。 教皇庁の外交官 パチェッリは1899年4月に司祭叙階され、ピエトロ・ガスパッリ枢機卿のもとで働いた後、ヴァイマル共和政下のバイエルン州や中央政府に対する教皇使節を務めた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス12世

『ピウス12世 (ローマ教皇)』より : ピウス12世(Pius PP. XII、1876年3月2日 - 1958年10月9日)はローマ教皇(在位:1939年3月2日 - 1958年10月9日)、第260代ローマ教皇。本名はエウジェニオ・マリア・ジュゼッペ・ジョヴァンニ・パチェッリ(Eugenio Maria Giuseppe Giovanni Pacelli)。未曾有の世界大戦前後という困難な時代に生き、さまざまな批判にさらされた。ピオ12世とも表記される。 生涯 生い立ち ローマで「黒い貴族」の家系に生まれる。パチェッリ家は代々教皇領政府で要職を占めた名門であり、祖父マルカントニオは副内務大臣を務め、バチカンの日刊紙「オッセルヴァトーレ・ロマーノ」の創刊に関った。父も教皇庁の顧問弁護士であった上に、伯父はレオ12世の財政顧問だった。 教皇庁の外交官 パチェッリは1899年4月に司祭叙階され、ピエトロ・ガスパッリ枢機卿のもとで働いた後、ヴァイマル共和政下のバイエルン州や中央政府に対する教皇使節を務めた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス5世 (ローマ教皇)

ピウス5世(Pius V、1504年1月17日 - 1572年5月1日)はローマ教皇(在位:1566年 - 1572年)。本名アントニオ・ギスリエーリ(Antonio Ghislieri)。異端審問の世界で活躍した後、教皇として異端とプロテスタントとへの対抗に力に入れ、カトリック改革を推進した。カトリック教会の聖人。 生涯 アントニオ・ギスリエーリはミラノに近いボスコ村(現在のボスコ・マレンゴ)生まれた。14歳にしてドミニコ会に入会し、ヴォゲーラ、ヴィジェーヴァノ、ボローニャなど各地の修道院で過ごした。1528年にジェノヴァで司祭に叙階されるとパヴィーアに移り、16年間そこで教鞭をとった。彼はそこで教皇の権威の意味を再確認し、異端を弾劾する13か条の提言をまとめる中で自らの思想を明らかにしていった。院長としてアントニオは規律ある人物として有名であったが、自ら望んでコモの異端審問所へ赴いた。そこでの熱心な活動によって周囲の反発を招いたため、1550年にはローマへ戻り、異端審問の仕事に関わったあとで、教皇庁の食料管理の仕事についた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス5世

『ピウス5世 (ローマ教皇)』より : ピウス5世(Pius V、1504年1月17日 - 1572年5月1日)はローマ教皇(在位:1566年 - 1572年)。本名アントニオ・ギスリエーリ(Antonio Ghislieri)。異端審問の世界で活躍した後、教皇として異端とプロテスタントとへの対抗に力に入れ、カトリック改革を推進した。カトリック教会の聖人。 生涯 アントニオ・ギスリエーリはミラノに近いボスコ村(現在のボスコ・マレンゴ)生まれた。14歳にしてドミニコ会に入会し、ヴォゲーラ、ヴィジェーヴァノ、ボローニャなど各地の修道院で過ごした。1528年にジェノヴァで司祭に叙階されるとパヴィーアに移り、16年間そこで教鞭をとった。彼はそこで教皇の権威の意味を再確認し、異端を弾劾する13か条の提言をまとめる中で自らの思想を明らかにしていった。院長としてアントニオは規律ある人物として有名であったが、自ら望んでコモの異端審問所へ赴いた。そこでの熱心な活動によって周囲の反発を招いたため、1550年にはローマへ戻り、異端審問の仕事に関わったあとで、教皇庁の食料管理の仕事についた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス6世 (ローマ教皇)

ピウス6世(Pius VI、1717年12月25日 - 1799年8月29日)は、ローマ教皇(在位:1775年2月15日 - 1799年8月29日)。本名はジョヴァンニ・アンジェロ・ブラスキ(Giovanni Angelo Braschi)。在位は24年と長かったが、フランス革命とそれに続いて起きたフランス軍の教皇領占領によってローマを追われ、失意のうちに亡くなった。 生涯 チェゼーナの貴族の家に生まれ、法学の学位を持っていたブラスキは、はじめルッフォ枢機卿の秘書として働いていた。そこでナポリ王国の宮廷との折衝に活躍したことで、教皇ベネディクトゥス14世の目に止まった。ベネディクトゥス14世の秘書として、さらにサン・ピエトロ大聖堂の聖堂参事会員に任命されたことを皮切りに、クレメンス13世、クレメンス14世と3代の教皇に仕え、順調な栄進を遂げながら1773年に枢機卿に任命された。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス6世

『ピウス6世 (ローマ教皇)』より : ピウス6世(Pius VI、1717年12月25日 - 1799年8月29日)は、ローマ教皇(在位:1775年2月15日 - 1799年8月29日)。本名はジョヴァンニ・アンジェロ・ブラスキ(Giovanni Angelo Braschi)。在位は24年と長かったが、フランス革命とそれに続いて起きたフランス軍の教皇領占領によってローマを追われ、失意のうちに亡くなった。 生涯 チェゼーナの貴族の家に生まれ、法学の学位を持っていたブラスキは、はじめルッフォ枢機卿の秘書として働いていた。そこでナポリ王国の宮廷との折衝に活躍したことで、教皇ベネディクトゥス14世の目に止まった。ベネディクトゥス14世の秘書として、さらにサン・ピエトロ大聖堂の聖堂参事会員に任命されたことを皮切りに、クレメンス13世、クレメンス14世と3代の教皇に仕え、順調な栄進を遂げながら1773年に枢機卿に任命された。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス9世 (ローマ教皇)

ピウス9世(Pius IX、1792年5月13日 - 1878年2月7日)は、カトリック教会の司祭、第255代ローマ教皇(在位:1846年6月16日 - 1878年2月7日)。本名はジョヴァンニ・マリア・マスタイ=フェレッティ(Giovanni Maria Mastai-Ferretti)。31年7ヶ月という最長の教皇在位記録を持ち、イタリア統一運動の中で、古代以来の教皇領を失い、第1バチカン公会議を召集し、『誤謬表』を発表して近代社会との決別を宣言。また、聖母マリアの無原罪の御宿りの教義を正式に制定した。カトリック教会の福者。ピオ9世と表記されることもある。 生涯 教皇へ 18世紀の終わり、1792年に教皇領のセニガッリアで貴族の家に生まれたジョヴァンニ・フェレッティは神学校で学び、1819年に叙階された。ローマやチリで働き、スポレートの大司教に任命された後、1840年に枢機卿に選ばれた。グレゴリウス16世の死去を受けて行われたコンクラーヴェは保守派と改革派の激しいせめぎあいとなったが、紆余曲折を経て選ばれたのは改革派とみられていたフェレッティであり、ピウス9世を名乗った。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス9世

『ピウス9世 (ローマ教皇)』より : ピウス9世(Pius IX、1792年5月13日 - 1878年2月7日)は、カトリック教会の司祭、第255代ローマ教皇(在位:1846年6月16日 - 1878年2月7日)。本名はジョヴァンニ・マリア・マスタイ=フェレッティ(Giovanni Maria Mastai-Ferretti)。31年7ヶ月という最長の教皇在位記録を持ち、イタリア統一運動の中で、古代以来の教皇領を失い、第1バチカン公会議を召集し、『誤謬表』を発表して近代社会との決別を宣言。また、聖母マリアの無原罪の御宿りの教義を正式に制定した。カトリック教会の福者。ピオ9世と表記されることもある。 生涯 教皇へ 18世紀の終わり、1792年に教皇領のセニガッリアで貴族の家に生まれたジョヴァンニ・フェレッティは神学校で学び、1819年に叙階された。ローマやチリで働き、スポレートの大司教に任命された後、1840年に枢機卿に選ばれた。グレゴリウス16世の死去を受けて行われたコンクラーヴェは保守派と改革派の激しいせめぎあいとなったが、紆余曲折を経て選ばれたのは改革派とみられていたフェレッティであり、ピウス9世を名乗った。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス7世 (ローマ教皇)

ピウス7世(Pius VII、1742年8月14日 - 1823年8月20日)は第251代ローマ教皇(在位:1800年3月14日-1823年8月20日)、カトリック教会の司祭。本名、ジョルジョ・バルナバ・ルイジ・キアラモンティ(Giorgio Barnaba Luigi Chiaramonti)。ナポレオンと激しく対立して幽閉されるも、結果的に欧州外交界において教皇庁の地位を高めることになった。 生涯 ルイジ・キアラモンティは1742年にイタリアのチェゼーナで貴族の家に生まれた。ラヴェンナで学び、1756年にベネディクト会に入会した。彼は同郷の友人であったジョヴァンニ・ブラスキが教皇職につくための援助を惜しまず、その功によって教皇ピウス6世となったブラスキからローマのサン・カリスト修道院院長、司教、そして枢機卿に任命された。 1799年にピウス6世が没したため、コンクラーヴェが行われた。三ヶ月にわたって紛糾した選挙の末に選ばれたのはキアラモンティであり、彼は友人であった前任者の名前を引き継いでピウス7世を名乗った。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス7世

『ピウス7世 (ローマ教皇)』より : ピウス7世(Pius VII、1742年8月14日 - 1823年8月20日)は第251代ローマ教皇(在位:1800年3月14日-1823年8月20日)、カトリック教会の司祭。本名、ジョルジョ・バルナバ・ルイジ・キアラモンティ(Giorgio Barnaba Luigi Chiaramonti)。ナポレオンと激しく対立して幽閉されるも、結果的に欧州外交界において教皇庁の地位を高めることになった。 生涯 ルイジ・キアラモンティは1742年にイタリアのチェゼーナで貴族の家に生まれた。ラヴェンナで学び、1756年にベネディクト会に入会した。彼は同郷の友人であったジョヴァンニ・ブラスキが教皇職につくための援助を惜しまず、その功によって教皇ピウス6世となったブラスキからローマのサン・カリスト修道院院長、司教、そして枢機卿に任命された。 1799年にピウス6世が没したため、コンクラーヴェが行われた。三ヶ月にわたって紛糾した選挙の末に選ばれたのはキアラモンティであり、彼は友人であった前任者の名前を引き継いでピウス7世を名乗った。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス11世 (ローマ教皇)

ピウス11世(Pius PP. XI、1857年5月31日-1939年2月10日)はローマ教皇(在位:1922年2月6日-1939年2月10日)、カトリック教会の司祭。本名 アキッレ・ラッティ(Achille Ratti)。二つの世界大戦のはざまの時期にあって、世界平和の実現に奔走し、19世紀以来とだえていた諸国と教会の関係正常化をはかった。ピオ11世とも表記される。 生涯 オーストリア帝国のロンバルド=ヴェネト王国デージオで工場経営者を父に生まれたアキッレ・ラッティは、第一次世界大戦中の1917年から18年、教皇訪問使節としてポーランドとロシアに派遣された。1919年には駐ワルシャワ大使として赴任したが、同年2月にポーランド・ソビエト戦争が勃発すると、危険を冒して大使館に留まり、教皇のメッセンジャーとしてカトリック国ポーランドを支援した。後に要職であるミラノ大司教を経て、1922年2月に教皇に選出された。長く外交分野で働いたが、本来は学者で、諸言語に通じ、古代以来のさまざまな神学的著作に精通していた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス11世

『ピウス11世 (ローマ教皇)』より : ピウス11世(Pius PP. XI、1857年5月31日-1939年2月10日)はローマ教皇(在位:1922年2月6日-1939年2月10日)、カトリック教会の司祭。本名 アキッレ・ラッティ(Achille Ratti)。二つの世界大戦のはざまの時期にあって、世界平和の実現に奔走し、19世紀以来とだえていた諸国と教会の関係正常化をはかった。ピオ11世とも表記される。 生涯 オーストリア帝国のロンバルド=ヴェネト王国デージオで工場経営者を父に生まれたアキッレ・ラッティは、第一次世界大戦中の1917年から18年、教皇訪問使節としてポーランドとロシアに派遣された。1919年には駐ワルシャワ大使として赴任したが、同年2月にポーランド・ソビエト戦争が勃発すると、危険を冒して大使館に留まり、教皇のメッセンジャーとしてカトリック国ポーランドを支援した。後に要職であるミラノ大司教を経て、1922年2月に教皇に選出された。長く外交分野で働いたが、本来は学者で、諸言語に通じ、古代以来のさまざまな神学的著作に精通していた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス10世 (ローマ教皇)

ピウス10世(Pius PP. X、1835年6月2日 - 1914年8月20日)はローマ教皇(在位:1903年8月4日 - 1914年8月20日)、カトリック教会の司祭。本名、ジュゼッペ・メルキオッレ・サルト(Giuseppe Melchiorre Sarto)。カトリック教会の聖人であり、16世紀のピウス5世以来、400年ぶりに教皇として列聖された人物である。 生涯 ジュゼッペ・サルトは1835年にヴェネツィアに近いリエーゼで農家の息子として生まれた。父は配達の仕事をしていた郵便局員。パドヴァとトレヴィーゾの神学校で学び、1858年に司祭に叙階されるとトマス・アクィナスと教会法を学んだ。マントヴァの司教を経て、1896年に枢機卿としてヴェネツィアの大司教に任命された。しかし、当時は教会とイタリア王国が対立状態にあり、司教の任命をめぐっても、両者が対立することが多かった。サルトの大司教任命をめぐってもイタリア王国からのクレームがついたが、なんとか問題を解決することができた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス10世

『ピウス10世 (ローマ教皇)』より : ピウス10世(Pius PP. X、1835年6月2日 - 1914年8月20日)はローマ教皇(在位:1903年8月4日 - 1914年8月20日)、カトリック教会の司祭。本名、ジュゼッペ・メルキオッレ・サルト(Giuseppe Melchiorre Sarto)。カトリック教会の聖人であり、16世紀のピウス5世以来、400年ぶりに教皇として列聖された人物である。 生涯 ジュゼッペ・サルトは1835年にヴェネツィアに近いリエーゼで農家の息子として生まれた。父は配達の仕事をしていた郵便局員。パドヴァとトレヴィーゾの神学校で学び、1858年に司祭に叙階されるとトマス・アクィナスと教会法を学んだ。マントヴァの司教を経て、1896年に枢機卿としてヴェネツィアの大司教に任命された。しかし、当時は教会とイタリア王国が対立状態にあり、司教の任命をめぐっても、両者が対立することが多かった。サルトの大司教任命をめぐってもイタリア王国からのクレームがついたが、なんとか問題を解決することができた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス4世 (ローマ教皇)

ピウス4世(Pius IV、1499年3月31日 - 1565年12月9日)は、ローマ教皇(在位:1559年 - 1565年)本名はジョヴァンニ・アンジェロ・メディチ(Giovanni Angelo Medici)。中断していたトリエント公会議を再開し、完了させたことでカトリック改革の推進に大きく寄与した。名字は同じだが、メディチ家との血縁はない。 生涯 ミラノ出身。ボローニャ大学で法学を学び、法律家として名声を博した。1527年にローマへ赴き、パウルス3世の寵臣となり、いくつかの街の長官からラグーザの大司教、ボローニャの副教皇使節を経て1549年に枢機卿になった。 パウルス4世の死後の1559年12月25日に教皇に選出され、1560年1月6日にピウス4世として教皇座についた。教皇として彼が初めにおこなったことは、前教皇時代の反乱に参加したとされて断罪した人々の恩赦と、前教皇の下で専横を尽くしたカルロ・カラファ枢機卿とパリアノ男爵の裁判と両名の処刑であった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス4世

『ピウス4世 (ローマ教皇)』より : ピウス4世(Pius IV、1499年3月31日 - 1565年12月9日)は、ローマ教皇(在位:1559年 - 1565年)本名はジョヴァンニ・アンジェロ・メディチ(Giovanni Angelo Medici)。中断していたトリエント公会議を再開し、完了させたことでカトリック改革の推進に大きく寄与した。名字は同じだが、メディチ家との血縁はない。 生涯 ミラノ出身。ボローニャ大学で法学を学び、法律家として名声を博した。1527年にローマへ赴き、パウルス3世の寵臣となり、いくつかの街の長官からラグーザの大司教、ボローニャの副教皇使節を経て1549年に枢機卿になった。 パウルス4世の死後の1559年12月25日に教皇に選出され、1560年1月6日にピウス4世として教皇座についた。教皇として彼が初めにおこなったことは、前教皇時代の反乱に参加したとされて断罪した人々の恩赦と、前教皇の下で専横を尽くしたカルロ・カラファ枢機卿とパリアノ男爵の裁判と両名の処刑であった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス8世 (ローマ教皇)

ピウス8世(Pius VIII、1761年11月20日 - 1830年11月30日)は、ローマ教皇(在位1829年3月31日-1830年11月30日)、カトリック教会の司祭。本名、フランチェスコ・サヴェリオ・カスティリオーニ(Francesco Saverio Castiglioni)。ナポレオン後の欧州の新体制にカトリック教会がどう順応していくかという方向性を模索しつづけた。 生涯 1761年イタリアのチンゴリで貴族の家に生まれたカスティリオーニの前半生においてヨーロッパはまさにナポレオン時代であった。彼もフラスカーティの司教時代、政治抗争に巻き込まれる形でフランスへ連行されている。1816年にナポレオン後のヨーロッパの新秩序(いわゆるウィーン体制)が構築され、教皇庁と教皇領が復興するとカスティリオーニは枢機卿に任命され、教皇レオ12世の側近となった。レオ12世没後のコンクラーヴェで新教皇に選ばれると、カスティリオーニはピウス8世を名乗った。 彼の教皇在職時代のヨーロッパはナポレオン後の不安定な時期であった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス8世

『ピウス8世 (ローマ教皇)』より : ピウス8世(Pius VIII、1761年11月20日 - 1830年11月30日)は、ローマ教皇(在位1829年3月31日-1830年11月30日)、カトリック教会の司祭。本名、フランチェスコ・サヴェリオ・カスティリオーニ(Francesco Saverio Castiglioni)。ナポレオン後の欧州の新体制にカトリック教会がどう順応していくかという方向性を模索しつづけた。 生涯 1761年イタリアのチンゴリで貴族の家に生まれたカスティリオーニの前半生においてヨーロッパはまさにナポレオン時代であった。彼もフラスカーティの司教時代、政治抗争に巻き込まれる形でフランスへ連行されている。1816年にナポレオン後のヨーロッパの新秩序(いわゆるウィーン体制)が構築され、教皇庁と教皇領が復興するとカスティリオーニは枢機卿に任命され、教皇レオ12世の側近となった。レオ12世没後のコンクラーヴェで新教皇に選ばれると、カスティリオーニはピウス8世を名乗った。 彼の教皇在職時代のヨーロッパはナポレオン後の不安定な時期であった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


ピウス2世 (ローマ教皇)

ピウス2世(Pius II、1405年10月18日 - 1464年8月14日)は、ルネサンス期のローマ教皇(在位:1458年 - 1464年)。本名はアエネアス・シルウィウス・ピッコローミニ(Aeneas Silvius Piccolomini, イタリア語:Enea Silvio Piccolomini)。 シエナ出身で、シエナ大学で学ぶ。元々人文主義者の代表的な人物で、詩人、歴史家として高名であり、神聖ローマ帝国に仕え、皇帝の側近、外交家としても知られていた。教皇エウゲニウス4世時代のバーゼル公会議に神聖ローマ帝国の宰相として参加し、教皇派と公会議首位派の対立を収束させるべく尽力した。その後聖職者となり、カリストゥス3世の死後、教皇に選ばれ、ピウス2世を名乗る。 1459年、枢機卿ヨハンネス・ベッサリオンの尽力を得てヨーロッパ諸国に呼びかけ召集したマントヴァ教会会議で、オスマン帝国に対する十字軍遠征を提唱する。消極的な神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世に対してはかなり強硬な態度で参加を迫ったにも拘わらず、彼をはじめ応じる君主・国は殆どなかった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A6


「ピウ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ピウ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ピウ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る