フーガとは?

フーガの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【フーガとは?】
フーガについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

フーガとは?

フーガ

フーガ(伊: fuga、遁走曲)は、対位法を主体とした楽曲形式の1つ。ウィキペディア英語版では「形式か書式か」で異論がある。 フーガとは 提示部 フーガの大きな特徴は、カノン同様、同じ旋律が複数の声部に順次現れるということである。 この部分を主題提示部、または単に提示部、主部と呼ぶが、これには次のような原則がある。 最初に一つの声部が旋律(フーガでは最初の声部のそれを主唱という)を提示する(そのあと、結句と呼ばれる短い自由な経過句が挿入されるのが普通である)。 主唱が終わったら、別の声部で主唱を繰り返す。これを応唱という。このとき、基本的に全体を5度上げるないし4度下げる(正応)。ただし、その中で、属音は、原則として5度上げずに4度上げて(ないし5度下げて)主音にする(変応(へんのう))。これは、主音と属音を入れ替えることが求められるためである。 応唱が始まったら、最初の声部ではやや遅れて別の旋律を演奏する。これを対唱という。 3声以上ある場合には、第3の声部で主唱を演奏する。まれに応唱を演奏することがある。 第2の声部で、対唱を演奏する。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%AC


フーガモン

『デジモン一覧』より : デジモン一覧(デジモンいちらん)はバンダイのデジタルモンスターシリーズに登場する架空の生命体デジタルモンスター(デジモン)の一覧である。 デジモンは米国をはじめとする海外でもヒットしており、参考に各デジモンの英語名も併記している。 (注意:英語名が未記入のデジモンがいるが、それは海外のシリーズで登場しないということではなく、現在調査、執筆途中であるということ) なお、この一覧は登場人物・キャラクターの一覧ではなく架空の『生物種』に関する一覧である。特に断りがない限りは原案・「本郷あきよし」によって定められた設定に基づいたものであり、漫画・アニメ・ゲームなどに登場した各種族の「個体」については各作品の項目で扱っている。 登録デジモン総数:約897体 デジモン一覧 (あ-さ) デジモン一覧 (た-は) デジモン一覧 (ま-わ)。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%AC


フーガ形式

『フーガ』より : フーガ(伊: fuga、遁走曲)は、対位法を主体とした楽曲形式の1つ。ウィキペディア英語版では「形式か書式か」で異論がある。 フーガとは 提示部 フーガの大きな特徴は、カノン同様、同じ旋律が複数の声部に順次現れるということである。 この部分を主題提示部、または単に提示部、主部と呼ぶが、これには次のような原則がある。 最初に一つの声部が旋律(フーガでは最初の声部のそれを主唱という)を提示する(そのあと、結句と呼ばれる短い自由な経過句が挿入されるのが普通である)。 主唱が終わったら、別の声部で主唱を繰り返す。これを応唱という。このとき、基本的に全体を5度上げるないし4度下げる(正応)。ただし、その中で、属音は、原則として5度上げずに4度上げて(ないし5度下げて)主音にする(変応(へんのう))。これは、主音と属音を入れ替えることが求められるためである。 応唱が始まったら、最初の声部ではやや遅れて別の旋律を演奏する。これを対唱という。 3声以上ある場合には、第3の声部で主唱を演奏する。まれに応唱を演奏することがある。 第2の声部で、対唱を演奏する。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%AC


フーガの技法

『フーガの技法』(フーガのぎほう、独: Die Kunst der Fuge、英: The Art of Fugue)ニ短調 BWV1080は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハによる音楽作品。 経緯 1740年代前半に作曲が開始され、J.S.バッハ最晩年となる1740年代後半に作曲と並行して出版が準備されたが、その途中で作曲者自身の視力が急激に低下してしまい、「コントラプンクトゥス14 3つの主題による4声のフーガ」が未完成の段階で作曲が中断されてしまった。何人かの音楽学者によって「最初の12曲が1742年に、チェンバロ独奏を想定して作曲された」ことが判明しているが、残りのフーガを書き始めた経緯は、今もなお不明である。曲集はバッハの死後、未完成のまま出版された。 様々な様式・技法による14曲のフーガと4曲のカノンが現行の多くの版に収録されている。彼は卓越した対位法技法を駆使し、単純な主題を入念に組み合わせることによって、究極の構築性を実現した。 「フーガの技法」という作品は、作品固有の緊密な構築性と内在する創造性によって、クラシック音楽の最高傑作の1つに数えられている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%AC


フーガ・マジステール

フーガ CM.170 マジステール(Fouga CM.170 Magister)は、フランスのフーガ社で開発されたジェット練習機。 本機は、最初からジェットエンジンを動力とする練習機として開発された世界初の機体である(それ以前のジェット練習機は、戦闘機から派生したT-33のように、最初から練習機として開発されていた訳ではなかった)。形態の特徴は110度のV字型尾翼と主翼付根に2基のジェットエンジンを持つことである。また全高が低いため、背の高いパイロットなら地上から直接搭乗することができた。試作機は1952年7月23日に初飛行。 その優れた操縦性と燃費の良さから、ベルギー、イスラエル、ブラジル他多くの国に輸出された。曲技飛行能力にも優れていたため、フランス空軍の曲技飛行隊パトルイユ・ド・フランスでも1964年から1980年まで使用された。ドイツ、フィンランド、イスラエルではライセンス生産もされた。フランスでの生産は1969年末まで行われたが、フーガは1958年にポテに買収され、その後1967年にシュドになり、さらに1970年にアエロスパシアルとなったため、機名は何度も変わっている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%AC


フーガ マジステール

『フーガ・マジステール』より : フーガ CM.170 マジステール(Fouga CM.170 Magister)は、フランスのフーガ社で開発されたジェット練習機。 本機は、最初からジェットエンジンを動力とする練習機として開発された世界初の機体である(それ以前のジェット練習機は、戦闘機から派生したT-33のように、最初から練習機として開発されていた訳ではなかった)。形態の特徴は110度のV字型尾翼と主翼付根に2基のジェットエンジンを持つことである。また全高が低いため、背の高いパイロットなら地上から直接搭乗することができた。試作機は1952年7月23日に初飛行。 その優れた操縦性と燃費の良さから、ベルギー、イスラエル、ブラジル他多くの国に輸出された。曲技飛行能力にも優れていたため、フランス空軍の曲技飛行隊パトルイユ・ド・フランスでも1964年から1980年まで使用された。ドイツ、フィンランド、イスラエルではライセンス生産もされた。フランスでの生産は1969年末まで行われたが、フーガは1958年にポテに買収され、その後1967年にシュドになり、さらに1970年にアエロスパシアルとなったため、機名は何度も変わっている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%AC


フーガ (曖昧さ回避)

フーガ、フウガ フーガ (Fugue) - 音楽語法の1つ。 フーガ (Fuga) - ローマ神話に登場する神。ギリシア神話におけるデイモスと同一視される。曖昧さ回避に関してはダイモスも参照。 日産・フーガ (FUGA) - 日産自動車が製造中の乗用車。「風雅」と音楽語法のフーガが名称の由来。 「恋のフーガ」- ザ・ピーナッツの代表曲。 fuga - メタ構文変数の一つ。 フーガ (航空機メーカー) - フランスの航空機メーカー。 FUGA (ファッションブランド) - お兄系というストリートファッションの愛好家たちに支持されている日本のドメスティックブランド。 フウガ東京 - 関東フットサルリーグ(1部)に所属するフットサルチーム。 フウガ - 漫画『北斗の拳』の登場人物。拳王軍#カサンドラ監獄を参照。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%AC


「フーガ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「フーガ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「フーガ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る