ファンクとは?

ファンクの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ファンクとは?】
ファンクについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ファンクとは?

ファンク

ファンク(funk)は音楽のジャンルのひとつであり、その中でもアフリカ系アメリカ人(黒人)起源のソウル・ミュージックのジャンルに属す。 語源 ファンクと言う言葉はそもそも「土俗的」などの意を含む俗語(スラング)だった。語源としては、クレオールの俗語で「匂い」(転じて体臭)を指す言葉であった。『ファンキー』とは元々はファンクが誕生する以前にファンキー・ジャズ (※後述するジャズ・ファンクとは異なる音楽ジャンル)に対して使われていた言葉で、ブルース、ソウル、ゴスペルなどの音楽と並んで、黒人生活全般を指す面もあった。「素晴らしい」という訳語がある一方で、「悪臭のする」という訳語もあり、転じてネガティヴな意味合いで使われることもある。このように「ファンク」という言葉は感覚的な言葉であり、明確に日本語に訳すことは難しい。 起源 ファンクは1960年代(1964年ごろ)にジェームス・ブラウンおよび彼のバンド(後のJBズ)のメンバーが中心になって、その原型が形成されたものである。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AF


ファンクションキー

ファンクションキー(英: Function key、Fキー)は、コンピュータや端末用のキーボードのキーの一部である。プログラマブル・ファンクションキー(PFキー、英: Programmable function key)、ディファイナブル・ファンクションキー(definable function key)とも呼ぶ。 ファンクションキーには個別に決まったコンピューターの機能、動作を割り振ることが可能な汎用キーである。通常は初期設定があり、特定の機能があらかじめ割り当てられている。また、アプリケーション毎に固有の機能を割り当てることも多くキーそのものが直接機能と結びついているわけではない。 IBM 3270やDEC VT100のようなビデオ表示端末 (VDT) のファンクションキーは、エスケープ文字から始まる短い特定の文字列(エスケープシーケンス)を生成し、これがホストコンピュータによって解釈される。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AF


ファンクション・ブロック・ダイアグラム

ファンクション・ブロック・ダイアグラム(Function block diagram)またはFBD言語(~げんご)はプログラマブルロジックコントローラ(PLC)用のグラフィカルなプログラム言語で、 IEC 61131-3標準で定義される5言語のうちのひとつである。 「入力パラメータ」と「出力パラメータ」をもち、複数の機能を組み合わせた制御(処理)が部品化され、1つの命令のように簡素化される。 主なコンポーネント ファンクション・ブロック・ダイアグラムを構成する主なコンポーネントには以下のものがある。 ファンクション・ブロック 1個以上の入力パラメータと1個の出力パラメータを持ついわば関数である。ファンクションは入力パラメータに与えられた値をもとに演算を行い、結果を出力パラメータに出力する。またプログラム上では同じ機能のファンクション・ブロックであっても各々が固有の内部状態を持てる(インスタンス化されているという)ものもある(例:フィルタやタイマ機能を持つものなど)。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AF


ファンクラブ (アルバム)

『ファンクラブ』は、日本のロックバンド、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの3rdフルアルバム。2006年3月15日にキューンレコードから発売。初回限定盤はスリーブケース仕様+ステッカーシート封入。 アルバム名は、あらゆる音楽に対してファンであって欲しいという願いから来ている。また、全体的に曲の内容が暗い物が多いため、明るい名前が付けられた。なお、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの公式ファンクラブは存在しない。 前作『ソルファ』とは異なり、楽曲製作やレコーディングは約2ヶ月間の期間で行われた。アルバムは、前作とは対称的に「繋がらない」ということや、「終焉」や「喪失」をテーマとしたコンセプト・アルバムとなっている。 レギュラー番組『SCHOOL OF LOCK!』にて初めてタイトルを発表した際、わざと「ファンク・ラブ (FUNK LOVE)」と読んでいた。 収録曲 暗号のワルツ (4:25)(作詞・作曲: 後藤正文) 曲の始まりは3拍子、途中からドラムだけが4拍子になり、サビに入って全てのパートが4拍子に変わる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AF


ファンクラブ

『ファンクラブ』 (Fan Club) は、芸能人やスポーツチームなどのファンで構成される団体。 後援会のより砕けた表現とも言える。応援される本人(あるいは団体)の公認で設置される『公設ファンクラブ』(Official Fan Club:OFC)が多いが、熱狂的なファンが自ら運営する『私設ファンクラブ』という形式もあり、それをタレント本人が公認している場合もある。 通常は、ファンクラブへ入会金と年会費を支払うシステムになっており、それを主な運営資金としている。メーカーとブランド主催のファンクラブの場合は、宣伝の意味合いもあり、入会金と年会費を無料とする場合もある。 ファンクラブが設置される対象 アイドル、ミュージシャン 俳優、劇団、声優(個人またはユニット) スポーツ選手、スポーツチーム(プロ野球チームやプロサッカークラブなどプロフェッショナルスポーツのそれが特に有名) 漫画家 作家 メーカー、ブランド 放送局他 主な会員特典 会員証発行 記念品、会員限定商品、サイン色紙等のプレゼント 会報誌送付(公式サイトのSSL設定つき会員用エリアで提供されることもある) チケットの優先販売、割引券発行、無料招待 会員限定イベントの参加(ファンの集い、サイン会、握手会、撮影会等 会員証が入場許可証になる) 会員限定情報配信、ダイレクトメール送付 関連商品の販売、購入額に応じたポイント付与および交換 会員からの相談・質問窓口(一般からの問い合わせに優先して回答がある)他 関連項目 追っかけ 後援会 親衛隊 (アイドル) 私設応援団 ティーンエイジ・ファンクラブ 北野ファンクラブ。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AF


ファンクショナル・トレーニング

ファンクショナル・トレーニング(functional training)とは、主にサッカーなどの球技に携わる選手を育成するトレーニング方法である。
特定のポジションの選手に、そのポジションに必要な技術を専門的に習得させるトレーニングであり、このトレーニング量が多いと、そのポジション”専門の職人選手”を作る事になる。監督のチーム作りの方針によって量は分かれるが、このトレーニングは必要不可欠なものとされる。個々に分かれて行われるトレーニングとなる為、監督の性格によっては、チームとして行わず、選手個人に任せるだけの場合もある。
ゴール (スポーツ) ゴールを奪う役目であるFW(フォワード)を育成するトレーニング方法の例
シュート (サッカー) シュート、ドリブル、ヘディング、走力スピード、プレスキック、イメージなどの個人トレーニング。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AF


ファンクス

『ザ・ファンクス』より : ザ・ファンクス(The Funks)は、プロレスのタッグチームである。 兄ドリー・ファンク・ジュニアと弟テリー・ファンクによる兄弟チームで、日本では1970年代から1980年代にかけて日本プロレスおよび全日本プロレスで活躍した。 かつての日本のプロレス界では、外人レスラーはヒール(悪役)というのが定番の図式だったが、ファンクスは全日本プロレスに参戦していた1970年代中盤からベビーフェイス(善玉)的な役回りとなり、日本人レスラー側に立つことも多くなった。ザ・ファンクスと対抗するヒール役はザ・シークとアブドーラ・ザ・ブッチャーで、両者の対決は全日本プロレスの目玉カードになっていった。この対決が一躍大人気を得たのは1977年の世界オープンタッグ選手権の最終戦。ブッチャー組がフォークを持ち出してファンクスを血まみれにする猛攻、ブッチャーとシークが二人がかりでドリーを痛めつけているところにテリーが救出に入るシーンはファンの感動を呼び、日本プロレス史に残る名場面となった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AF


ファンク・ザ・ピーナッツ

『』より :
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AF


「ファンク」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ファンク」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ファンク」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る