ブロックフレーテとは?

ブロックフレーテの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ブロックフレーテとは?】
ブロックフレーテについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ブロックフレーテとは?

ブロックフレーテ

『リコーダー』より : リコーダーは木管楽器の一種で、リードを使わないエアリード(無簧)式の縦笛である。ザックス=ホルンボステル分類では、気鳴楽器の中の「内隙溝フルート」となる。 英語の「recorder」は「記録するもの」の意で、ラテン語の 「recordor(思い起こす)」などから生じたことばである。(鳥などが)「歌う」「さえずる」という意味にも用いられたことがあり、そこから名づけられたとする説が有力であるが、名称の由来について確かなことはわかっていない。 発音原理は、同じくエアリード楽器であるフルートやオカリナと大きな違いはなく、右図のようにエッジの付近における気流の乱れが振動源となり、管の内部の空気(気柱)が共振して音が発生する。音孔を開閉すると、気柱の実効長が変わるので共振周波数が変化し、音高を変えることができる。フルートのような横笛では、歌口に吹き込む空気の束(エアビーム)を、奏者が自らの口唇によって調節しなければならないが、リコーダーはウインドウェイによってエアビームが一定に保たれるので、単に息を吹き込むだけで容易に音を出すことができる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%86


「ブロックフレーテ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ブロックフレーテ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ブロックフレーテ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る