ファンタジーとは?

ファンタジーの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ファンタジーとは?】
ファンタジーについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ファンタジーとは?

ファンタジー

ファンタジー(英: fantasy)とは、超自然的、幻想的、空想的な事象を、プロットの主要な要素、あるいは主題や設定に用いるフィクション等の作品のジャンルである。 このジャンルの作品の多くは、超常現象を含む架空の世界や惑星を舞台としている。ファンタジーはサイエンス・フィクションやホラーとは科学や死のテーマを避けることで概ね区別されるが、これらには互いに重なる部分も多い(いずれもスペキュレイティブ・フィクションのサブジャンルたり得る)。文芸としての「ファンタジー」は幻想文学と呼ばれるジャンルのサブジャンルでもある。 ファンタジーの定義 ファンタジーの定義は曖昧であるが、弁別的特徴として、作品内に魔法などの空想的な要素が(現実的にはありえなくとも)内部的には矛盾なく一貫性を持った設定として導入されており、そこでは神話や伝承などから得られた着想が一貫した主題となっていることが挙げられる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC


ファンタジーアース ゼロ

Title ファンタジーアース ゼロFANTASY EARTH ZERO
Genre MMORPG
Plat Microsoft Windows XP Windows XP / Microsoft Windows Vista Vista / Microsoft Windows 7 7
Dev フェニックスソフト
Pub ゲームポット
Play 多人数プレイ
Media ダウンロード、CD-ROM
Date 2006年12月21日
Price ダウンロード:無料アームドエディション:3,990円エクィテスエディション(2008/12/04発売予定):3,990円
Charge 基本無料(アイテム課金)
Rating CERO B(12歳以上対象)
ContentsIcon
Device キーボード (コンピュータ) キーボード、マウス (コンピュータ) マウス、ゲームパッド
Spec インテル Pentium 4 3GHz以上Core 2 Duo E4300 以上Memory XP:1GB以上Vista・7:2GB以上DirectX 8.1以上 nVIDIA GeForce 6600シリーズ以上ATI Radeon X700シリーズ以上
Engine
OnlineGame 1
『ファンタジーアース ゼロ』は、多人数同時参加型のオンラインゲームである。アクション要素の強い戦闘システムとリアルタイムストラテジー ストラテジゲームの要素が組み合わされた大規模対人戦闘(最大50vs50)が、ゲームの中心となっている。2008年6月現在、開発はフェニックスソフト、運営はゲームポットが行い、ライセンス元はスクウェア・エニックスとなっている。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC


ファンタジーゾーン (シューティングゲーム)

Plat アーケード[AC]セガ・マークIII[MkIII]ファミリーコンピュータ[FC]PCエンジン[PCE]セガサターン[SS]プレイステーション2[PS2]
Dev セガ
Pub セガPCE:NECアベニューFC:サン電子
Date AC:1986年MkIII:1986年6月15日FC:1987年7月20日PCE:1988年10月14日SS:1997年2月21日PS2:2003年8月28日
Genre シューティングゲーム
Play 1人
Media MkIII:1Mbitロムカセット カセットPCE:2MbitHuCARDFC:2Mbitロムカセット カセットSS:CD-ROM1枚PS2:CD-ROM1枚
Price MkIII:5000円(税抜)FC:5300円(税抜)PCE:4900円(税抜)SS:3800円PS2:2500円(税抜)
『ファンタジーゾーン』 (FANTASY ZONE) はセガが1986年に発売したアーケードゲーム 業務用横スクロールシューティングゲーム。
任意方向スクロールと買い物によるパワーアップシステムにより極めて強い個性を持つゲーム。ウィリアムズ・エレクトロニクスが1980年に発表した『ディフェンダー (ゲーム) ディフェンダー』の強い影響を受けている。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC


ファンタジー舞浜

『ムーンライト信州』より : ムーンライト信州(ムーンライトしんしゅう)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が主に新宿駅 - 松本駅・信濃大町駅・白馬駅間を中央本線・篠ノ井線・大糸線経由で運行している臨時夜行快速列車である。 本項では、中央本線東京駅 - 塩尻駅間(中央東線)で運転されていた夜行快速列車・普通列車の沿革についても記述する。 2002年12月1日ダイヤ改正で運転開始された臨時快速列車で、同改正で廃止された急行「アルプス」代替としての役割も担っている。 運行概況 臨時列車であることから下り列車は主に多客期に運転される。 上り列車は定期列車であった急行「アルプス」時代から利用が少なく、2010年より年2回上諏訪駅近くで開催される花火大会の実施当日深夜(終了後)に運転されている。 2010年~2014年は90号と続行列車として小淵沢駅や甲府駅といった途中主要駅のみに停車する92号が運転された。 停車駅 使用車両・編成 全車両座席指定席を採用。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC


ファンタジーRPGクイズ

『ファンタジーRPGクイズ』(ファンタジーアールピージークイズ)とは、物語調のクイズでテーブルトークRPG (TRPG)のファンタジー世界を解説している書籍のシリーズ。物語の舞台となる宿屋の名を取り、五竜亭シリーズとも呼ばれる。冒険企画局編。富士見ドラゴンブック(富士見書房)レーベル。全4巻。 物語で読者は、ファンタジー世界の冒険者の宿「五竜亭」を訪れた新米冒険者に見立てられ、宿に集う冒険者達の議論に参加させられる。問題ごとに、出題する冒険者が設定され、自慢話や苦労話を交えて「例えばこんな状況に陥ったら、お前ならどうする?」といった質問がなされる。回答では出題者による模範解答が示されるが唯一の正解というわけではなく、他の冒険者達も独自の見解を披露していく。 派生作品に、マギウス汎用システムのTRPG『五竜亭RPG 五竜亭の大騒動!』がある。 登場人物 カールス・グスタフ 隻眼の傭兵。左目に眼帯をしている。歴戦の冒険者であり、五竜亭の顔と呼べる存在。武器のスペシャリストであり、彼の出すクイズには武器関係のものも多い。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC


ファンタジー漫画

ファンタジー漫画(ファンタジーまんが、英: Fantasy comics)は、漫画のジャンルの一つ。ファンタジーを題材とし、現実とは異なった空想世界を舞台としたり、または魔法や幻想的な要素を含んでいるものをいう。 日本のファンタジー漫画の歴史 日本の漫画は子供向けのメディアとしてスタートしており、魔法や現実には起こらない不可思議な出来事が作品の中で描かれることは普通であり、それらをことさらにファンタジー漫画と見ることは無かったし、ジャンルとして定義されることも無かった。 今日の目で見ると、手塚治虫の『リボンの騎士』(1953年)や水野英子の『星のたてごと』(1960年)などは本格的なファンタジー漫画の先駆的な作品と見ることが出来る。 これらのファンタジー漫画として分類されうる作品は主として少女漫画で描かれていたが、1990年頃より少年漫画や青年漫画でも描かれるようになってきた。1993年には『月刊Gファンタジー』(エニックス、現・スクウェア・エニックス)、1994年には『月刊ASUKAファンタジーDX』(角川書店、後に『ふぁんデラ』と誌名を改定)などファンタジー漫画誌が創刊されており、2000年代に入ると『夢幻館』(朝日ソノラマ / 朝日新聞出版)などのファンタジーを主題とした漫画雑誌が刊行されている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC


ファンタジーランド

ファンタジーランド(Fantasyland、略称:FL、F/L)とは、世界のディズニーパークにあるテーマランドの一つである。 ファンタジーランドがあるパーク ディズニーランド(ディズニーランド・リゾート) マジック・キングダム(ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート) 東京ディズニーランド(東京ディズニーリゾート) ディズニーランド・パーク(ディズニーランド・パリ) 香港ディズニーランド(香港ディズニーランド・リゾート) ファンタジーランドはウォルト・ディズニーが制作した様々なディズニー映画を基にしたテーマランド。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC


ファンタジー作家一覧

ファンタジー作家一覧は、ファンタジー作家の五十音順の一覧である。 日本 あ行 秋田禎信 浅倉卓弥 伊藤英彦 上橋菜穂子 岡崎弘明 荻原規子 小沢章友 小野不由美 か行 鏡貴也 加地尚武 賀東招二 神坂一 北沢慶 清松みゆき 久美沙織 栗本薫 久保寺健彦 小林弘利 小林めぐみ さ行 雑賀礼史 斉藤直子 酒見賢一 榊一郎 佐藤暁(佐藤さとる) 椎野美由貴 篠崎砂美 篠月美弥 芝田勝茂 菅浩江 志村一矢 た行 高畑京一郎 喬林知 高千穂遙 鷹見一幸 たつみや章 田中芳樹 柘植めぐみ 友野詳 豊田巧 な行 中村うさぎ 流星香 梨木香歩 仁木英之 楡崎響海 は行 広井王子 広瀬隆 深沢美潮 古川日出男 ま行 水野良 宮沢賢治 森岡浩之 や行 安井健太郎 大和真也 山本弘 夢枕獏 ら行 寮美千子 わ行 アジア 韓国 イ・ヨンド チェ・ジイン チョン・ミンヒ台湾 久遠(くおん) 欧米豪 ア行 ロバート・アスプリン リチャード・アダムス ロイド・アリグザンダー ピアズ・アンソニイ ポール・アンダースン ラルフ・イーザウ ジャック・ヴァンス ジーン・ウルフ デイヴィッド・エディングス ミヒャエル・エンデ カ行 リン・カーター オースン・スコット・カード アラン・ガーナー エレン・カシュナー ランドル・ギャレット ジョナサン・キャロル スティーヴン・キング スーザン・クーパー テリー・グッドカインド スザンナ・クラーク ケン・グリムウッド ガイ・ゲイブリエル・ケイ ニール・ゲイマン サ行 ローズマリー・サトクリフ ブランドン・サンダースン マイクル・シェイ マージェリー・シャープ ルイス・シャイナー ダレン・シャン パトリック・ジュースキント ロバート・ジョーダン ダイアナ・ウィン・ジョーンズ ピーター・ストラウブ ナンシー・スプリンガー ウェン・スペンサー クラーク・アシュトン・スミス ロジャー・ゼラズニイ タ行 メーガン・ウェイレン・ターナー ロード・ダンセイニ ゴードン・R・ディクスン L・スプレイグ・ディ=キャンプ J・R・R・トールキン ステファン・ドナルドソン パメラ・トラバース ナ行 ラリー・ニーヴン ガース・ニクス キム・ニューマン ロバート・ネイサン イーディス・ネズビット アンドレ・ノートン ナオミ・ノヴィク ハ行 クライヴ・バーカー ジェームス・マシュー・バリー ロバート・E・ハワード ニール・ハンコック アショーカ・バンカー マーヴィン・ピーク トレイシー・ヒックマン L・M・ビジョルド バリー・ヒューガート レイモンド・E・フィースト ジャック・フィニイ イーデン・フィルポッツ アラン・ディーン・フォスター リイ・ブラケット テリー・プラチェット マリオン・ジマー・ブラッドリー クリストファー・プリースト アルフ・プリョイセン テリー・ブルックス フィリップ・プルマン ジェイムズ・P・ブレイロック エリザベス・ヘイドン ハンス・ベンマン(Hans Bemmann) :「石と笛」 Stein und Flote ライマン・フランク・ボーム ロビン・ホブ ワルデマル・ボンゼルス マイケル・ボンド マ行 ダイアナ・マーセラス マーガレット・マーヒー パット・マーフィー R・A・マカヴォイ アン・マキャフリイ パトリシア・A・マキリップ ジョージ・マクドナルド リチャード・マシスン A・A・ミルン ヴァルター・メアス(Walter Moers):キャプテン・ブルーベアの13と1/2の人生 A・メリット マイケル・ムアコック O・R・メリング ヤ行 トーベ・ヤンソン ジェイン・ヨーレン ルーネル・ヨンソン ラ行 セルマ・ラーゲルレーヴ アン・ライス パトリシア・ライトソン フリッツ・ライバー ハワード・フィリップス・ラヴクラフト マーセデス・ラッキー タニス・リー エリザベス・A・リン デイヴィッド・リンゼイ チャールズ・デ・リント アストリッド・リンドグレーン C・S・ルイス J・K・ローリング エミリー・ロッダ ヒュー・ロフティング アーシュラ・K・ル=グウィン ワ行 マーガレット・ワイス 関連項目 人名一覧 - 小説家。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC


ファンタジーワールド

ファンタジーワールドは、1995年10月から1997年10月3日(日付が変わった10月4日)までTBSラジオで放送されていたアニラジ番組枠。 TBSラジオのほかに、山陽放送・琉球放送でも同じ時間帯で放送されていた。 放送時間は、毎週月〜金曜の深夜24時から25時までの間(ただし、1997年4月からの半年間は深夜24時30分から25時30分に放送。この期間『UP'S〜Ultra Performer'S radio〜』はTBS・RSK・RBCのみ30分短縮)で、多くの番組が30分番組を2つ並べた2部構成で放送されていた(序盤5分はラジオドラマ枠。1時間の枠を1番組で使い切った番組もいくつか存在した)。 角川書店の提供により、同社が展開していたライトノベルやアニメ、ゲームソフト、および同社グループが刊行していた雑誌を題材とした番組が多く制作された。 放送された番組 月曜1部 小山茉美の本箱開けた 角川ドラマルネッサンス (飯塚雅弓) 声優になりたぁい! LAMUSEへの道? (小谷伸子、中川亜紀子) 月曜2部 ラジオ 声優グランプリ (大野まりな、前田千亜紀、千葉千恵巳、梶村ひろこ) センチメンタルナイト (藤田淑子、SGガールズ) 火曜1部 Tokyo Walker Radio Station (緒方恵美) 角川ドラマファンタジー フォーチュン・クッキー (深沢美潮、中川亜紀子) 火曜2部 卒業〜クロスワールド (藤田淑子、三田ゆう子、山崎和佳奈) マッコウ・萩のLUNER シルバースターストーリー (ドン・マッコウ、萩森じゅん子) 火曜 Game Walker Net (ドン・マッコウ、横山智佐) 水曜1部 緑川光のソルジャーブレイク ミッド☆ナイト あすかちゃんねる M(オレたち)にまかせろ! (緑川光、阪口大助) ミッド☆ナイト あすかちゃんねる 『M・DAY』 (緑川光) 水曜2部 マダラプロジェクトアワー 声優育成シミュレーション「学園少女」 (前田このみ、桂川千絵、桑島法子) マダラプロジェクトアワー2 S-neryのジョカラジ (前田このみ、桂川千絵、桑島法子〔公録ゲスト:前田千亜紀、豊嶋真千子〕) ミッド☆ナイト あすかちゃんねる CLAMP学園放送部 (CLAMP) 木曜1部 久川綾のMORE MORE IMPRESSION セイバーマリオネットJ 咲かせるぜ!度胸花 (今井由香、堀内賢雄) 木曜2部 MEGU・OMO 街へ出よう (林原めぐみ、西村智博) MAZE爆熱アワー (丹下桜、関智一) 木曜 ドラゴンアワー (古谷徹、柳瀬なつみ) 金曜1部 エアーズカプセル (冬馬由美、森川智之) 萩森じゅん子のMEGA BIT SCRAMBLE 角川アニメホットライン (神谷明〔アシスタント:宇和川恵美、藤巻恵理子、古山あゆみ〕) 金曜2部 プリティサミー Chisaのマジカルナイト (横山智佐) ラジオの世界エルハザード てちゃん、えっちゃんヨヨイの夜! (岩永哲哉、小桜エツ子) 夢さめ学園 イイナ向上委員会 (桑島法子、千葉千恵巳、ジョディ、竹田知世) 超時空学園 SORANE (桂川千絵、千葉千恵巳、小島幸子)※月曜 - 金曜の序盤5分は、ラジオドラマ枠「角川ドラマルネッサンス」(「パラサイト・イヴ」・「聖なる予言」など)が放送されていたことがあった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC


ファンタジーステークス

ファンタジーステークスは、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。競馬番組表での名称は「KBS京都賞 ファンタジーステークス(ケービーエスきょうとしょう ファンタジーステークス)」と表記される。 競走名の「ファンタジー(Fantasy)」は、「幻想」を意味する英語。また、文学で夢想的な物語全般を指す呼称。 「KBS京都」は、京都市に本社を置く京都放送の呼称。同社より寄贈賞の提供を受けている。 正賞はKBS京都賞。 1996年に行われた牝馬競走体系の整備に伴って新設された、3歳(現2歳)牝馬による重賞競走。創設以来、京都競馬場の芝1400m(外回り)で行われ、阪神3歳牝馬ステークス(現:阪神ジュベナイルフィリーズ)の関西地区における前哨戦として定着している。 2011年まで、阪神3歳牝馬ステークス(現:阪神ジュベナイルフィリーズ)の前哨戦としては唯一の牝馬限定戦だったが、2012年に関東地区の前哨戦としてアルテミスステークスが新設されると、本競走の開催時期は1週繰り下げられた。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC


ファンタジー・レコード

ファンタジー・レコード(Fantasy Records)は1949年にマックス・ウェイス、ソル・ウェイスの兄弟によってアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコバークレーに設立したジャズ・レコード・レーベル。 現在はコンコード・ミュージック・グループの傘下にある。 ジャズ・レーベルの再発用のレーベル、オリジナル・ジャズ・クラシックス(OJC)のほか、多数のレーベルを持つ。 日本での販売元はビクターエンタテインメントを主としていたが、2006年にアメリカ本国の配給元がユニバーサル ミュージック グループになった為、日本もユニバーサル・ミュージック・ジャパンに移っている。 沿革 1949年 マックス・ウェイス、ソル・ウェイスの兄弟によってカリフォルニア州サンフランシスコバークレーに設立。 1951年 最初の子会社、ギャラクシー・レコードを設立。 1971年 グッド・タイム・レコード、プレスティッジ・レコード、デビュー・レコードを買収。 1972年 マイルストーン・レコード、リバーサイド・レコードを買収。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC


ファンタジー級

ファンタジー級はカーニバルクルーズラインが保有するクルーズ客船。70000トンの大きさを誇るこのクラスを大量に建造・運用したことによってカーニバル社を発展させ、メガシッププームを作った名船である。 特徴としては客室がセミ・スィートの一部を除いて下方に集中していることで、そのためオープンデッキは上層にあり、ベランダ付きの客室もスィートとセミスィートの客室に限られている。また、カーニバル社の船を特徴づけるウォータースライダーの設置もこのクラスから始まった。 主要諸元 総トン数:70367t 全長:260.6m 全幅:31.39m 速度:21Knot 乗客定員数:2052名 乗組員数:920名 船籍:パナマ 就航年:1990年3月 同型船 エクスタシー センセーション イマジネーション インスピレーション ファッシネーション イレーション 世界初のアジポッド搭載客船 パラダイス パラダイスは全面禁煙船で、禁煙を意味するピクトグラムが船体に大書きしてある。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC


ファンタジー映画

ファンタジー映画は、最近映画の紹介、批評に使われるようになったもの。もしくはSF映画、児童映画の傍流で、ファンタジーをモチーフにした映画(時に「SFファンタジー映画」と称することもある)。 魔法使い、異世界、魔法生物などの題材がよく扱われる。 モチーフとしては愛と友情、主人公の人間的な成長など。 代表的な作品 オズの魔法使い ピーターパン ピノキオ メリー・ポピンズ ハリー・ポッターシリーズ 不思議の国のアリス ロード・オブ・ザ・リング ネバーエンディング・ストーリーシリーズ ダーククリスタル ラビリンス/魔王の迷宮 スター・ウォーズシリーズ。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC


ファンタジーゾーン

『ファンタジーゾーン』 (FANTASY ZONE) は、セガ(後のセガ・インタラクティブ)が1986年に稼動した業務用横スクロールシューティングゲーム。 任意方向へのスクロールと買い物によるパワーアップシステムが特徴。キャッチフレーズは「その昔。遥か宇宙の彼方にファンタジーゾーンがあった。」。 本項では、後年この作品を原典として制作された派生作品や移植作品についても解説する(特記無き場合は1作目に関しての記述)。 開発 前年にコナミ(後のコナミデジタルエンタテインメント)が稼働させ人気を博した横スクロールシューティング『グラディウス』へのアンチテーゼとして、「2系統(対空・対地)の武器を使い分ける」というシステムは踏襲しつつ、「真っ暗な宇宙空間に機械的な戦闘機」というグラフィックとは対極の、やわらかい曲線とパステルカラーで描かれた、山あり砂漠あり水ありのカラフルなステージと登場キャラクターがデザインされ、またスクロールに関しても「右方向への強制スクロール」ではなく、プレイヤーが任意の方向へスクロールできるという方式を選択した。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC


ファンタジーアース

『』より :
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC


ファンタジーアース ザ リング オブ ドミニオン

『』より :
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC


「ファンタジー」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ファンタジー」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ファンタジー」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る