マウスピースとは?

マウスピースの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【マウスピースとは?】
マウスピースについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

マウスピースとは?

マウスピース

マウスピース (Mouthpiece) とは各種目的に応じて歯・唇・舌などを用いて使用する機器・部品の総称で用途に応じた様々な形状・形態がある。日本語では口金。 楽器におけるマウスピース 金管楽器の歌口部、木管楽器の吹口部(すいこうぶ)。 スポーツにおけるマウスピース ボクシングなどの格闘技、ラグビー・アメリカンフットボール・アイスホッケー等のコンタクト・スポーツ、野球などの球技で身体への負担を軽減するために用いる口中に入れる装具。 また、スクーバダイビングにおいては空気を圧縮したタンクから呼吸に適した圧力に減圧する装置であるレギュレータと口をつなぐために口で咥える部分を言い、スノーケリングにおいてはスノーケルと一体となった口に咥える部分を言う。両者共に排水機能が付随していることが多い。 医療におけるマウスピース 医療におけるマウスピースには以下のようなものがある。 口対口の人工呼吸の際に術者と患者または意識のない人との感染を防ぐための器具。皮膚感染しないようにシート状のものにマウスピースの付いた携帯式のものがある。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9


マウスピース (楽器)

マウスピース(英: mouthpiece)とは、管楽器(気鳴楽器)において、口をあて息を吹き込む部分の部品である。発音源の形成を主な目的とする。歌口、唄口などと呼ぶこともある。 金管楽器のマウスピース 唇を軽く合わせて閉じた状態で息を吹き出した時に上下の唇の隙間で振動が起きるが、その振動をラッパ管部に伝達する受け口をマウスピースと呼ぶ。ラッパ本体に取り付けて、リムを唇に軽く押し当てた状態で演奏され、マウスピースだけを使って演奏されることは楽器の練習を除けば殆どなく、それが楽曲の中で行われれば特殊奏法に位置づけられる。 材質には真鍮が用いられることが多いが、ステンレス、チタンなどその他の金属で製作されることもあり、金属アレルギー対策などの理由で硬質の木材や、プラスチックなど、様々な材質のものが開発されている。金属製のものは通常、表面にメッキが施され、この多くは銀あるいは金である。 取り付ける楽器によって大きさや各部の比率など細部が異なるが、お椀型のカップの底に管を取り付けたような基本の構造は変わらない。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9


マウスピース (スポーツ)

マウスピースは、 ボクシングなどの格闘技、あるいはラグビーなどの激しい衝突を伴う球技などのスポーツで使用し、外傷を予防するための器具。最近はバスケットボールなどでも使用されることがある。 概略 試合中に歯列をしっかり噛み合わせておき、歯自体の損傷、歯による口内の裂傷を防ぎ、脳への振動を軽減するための器具。マウスガード、ガムシールドとも呼び、樹脂製が多い。歯と歯が十分に噛み合うことが出来るため、着用していると普段以上の筋力を発揮できるとされている。 おおむね、上顎に嵌めるタイプと、上下の歯で噛むようにするタイプに分けられる。後者の場合、当然ながら空気が通るようなつくりになっている。 この器具による口内損傷の予防効果は高く、アメリカンフットボールは特に激しい接触を伴うことで有名だが、着用が義務付けられていることによってむしろ他の競技よりも口の中を怪我する確率は低いという(ヘルメットのフェイスマスクにストラップで吊られており、プレーの直前に噛み込む)。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9


「マウスピース」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「マウスピース」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「マウスピース」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る