マズルカとは?

マズルカの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【マズルカとは?】
マズルカについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

マズルカとは?

マズルカ

マズルカ(mazurek)は(クラシックの曲名としては「mazurka」が古くより一般的に使われている)、4分の3拍子を基本とする特徴的なリズムを持つ、ポロネーズと並んで有名なポーランドの民族舞踊およびその形式(舞曲)である。第1拍は付点リズムが多く、第2もしくは第3拍にアクセントが置かれる。マズルカの他に似たものとして、より速いテンポの「オベレク(Oberek)」、ゆっくりとしたテンポの「クヤヴィヤック(Kujawiak)」など、地方により多様な名称のものがある。 19世紀、ポーランド貴族(シュラフタ)のあいだで流行した。ショパンは諸地方の舞曲の要素を統合し、マズルカを芸術作品として昇華させた。 主なマズルカの作曲家 ユゼフ・クサヴェルィ・エルスネル (Józef Ksawery Elsner) …ショパンの師匠として有名。 カロル・クルピンスキ (Karol Kurpiński) マリア・シマノフスカ (Maria Szymanowska) スタニスワフ・モニューシュコ (Stanisław Moniuszko)-- (オペラ「ハルカ」、「幽霊屋敷」) フレデリック・ショパン (Fryderyk Chopin)-- (50曲以上。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%BA%E3%83%AB%E3%82%AB


マズルカ作品68-4 (ショパン)

フレデリック・ショパン作曲のマズルカヘ短調作品68-4(マズルカ第51番(ヘンレ社原典版では第49番)、遺作)は、作曲者の死の年である1849年にパリで作曲された。現在も残っているショパン自筆のスケッチを親交の深かったチェリストのオーギュスト・フランショームが筆写し、友人のユリアン・フォンタナの校訂により1855年に出版された。なお、ショパン自筆のスケッチ、フランショームの写筆譜ともにワルシャワのショパン協会に保管されている。
このマズルカのショパンの自筆譜は、清書譜や決定稿ではなく、スケッチの段階であるため、特にトリオの部分がほとんど判別困難な状態にある。フランショームによる筆写譜では、16小節のヘ長調のトリオが前述の理由から省略されているが、ヤン・エキエルによって校訂及び復元され1965年に単行出版された楽譜や2007年に刊行された『ショパン・ナショナル・エディション』のBシリーズ・第 I 巻「マズルカ集(B)」では、トリオ部分が復元されている。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%BA%E3%83%AB%E3%82%AB


マズルカヘ短調作品68-4

『』より :
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%BA%E3%83%AB%E3%82%AB


「マズルカ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「マズルカ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「マズルカ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る