マニフィカトとは?

マニフィカトの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【マニフィカトとは?】
マニフィカトについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

マニフィカトとは?

マニフィカト

マニフィカト (ラテン語: Magnificat) 「我が心、主を崇め」は、キリスト教聖歌のひとつ。ラテン語詞文の第1語を以ってこのように呼ぶ。テキストは、『ルカによる福音書』の聖母マリアの祈り(ルカ1:46-55)による。 西方教会ではカンティクムの一つとされ、マニフィカトと呼ぶほか、「聖母マリアのカンティクム」(ラテン語: Canticum Mariae, 英語: Canticle of Mary)などとも呼ぶ。 東方教会に起源をもつが、9世紀頃に西方教会にも取り入れられた。東方教会では早課に用いられるが、西方教会では聖務日課(時課/時祷)の「晩の祈り/夕の祈り」(晩課/晩祷、ラテン語: Vesperae、ヴェスペレ)に用いられる7。 現在、正教会では、主に日曜の早課において、9つのイルモスの前に歌われる。一句ごとにマリヤへの賛詞「ヘルウィムより尊くセラフィムに並びなく栄え、操を破らずして神ことばを生みし、実の生神女たる爾(なんじ)を崇め誉む(あがめほむ)」をはさんで歌う。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%88


「マニフィカト」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「マニフィカト」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「マニフィカト」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る