ミニマル・ミュージックとは?

ミニマル・ミュージックの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ミニマル・ミュージックとは?】
ミニマル・ミュージックについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ミニマル・ミュージックとは?

ミニマル・ミュージック

ミニマル・ミュージック (Minimal Music) は、音の動きを最小限に抑え、パターン化された音型を反復させる音楽。現代音楽の1ジャンル。1960年代から盛んになった。単にミニマルと呼ばれることもある。 ミニマル・ミュージックは、1960年代のアメリカで生まれた。この時期、テリー・ライリーのIn C(1964年)やスティーヴ・ライヒの「イッツ・ゴンナ・レイン」(1965年)「カム・アウト」(1966年)などの作品が作られている。ラ・モンテ・ヤングの弦楽三重奏(1958年)をミニマル・ミュージックの始まりとする説もある。グレン・グールドは著作集でライリーの「In C」を「おかしな音楽だ」と述べたが、そのくらいインパクトは強かった。まだ商業音楽はミニマリズムの影響を受けておらず、典型的なコード進行に基づいていた。ヤングは「ミニマル」のルーツをアントン・フォン・ウェーベルンの後期作品に求めている。ウェーベルンの後期はオクターブ跳躍は厳格に禁じられ、すべて同音の反復で処理している。その典型例は「管弦楽のための変奏曲」である。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF


「ミニマル・ミュージック」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ミニマル・ミュージック」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ミニマル・ミュージック」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る