ミュージカルとは?

ミュージカルの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ミュージカルとは?】
ミュージカルについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ミュージカルとは?

ミュージカル

ミュージカル(英語:musical)は、音楽、歌、台詞およびダンスを結合させた演劇形式。ユーモア、ペーソス、愛、怒りといったさまざまな感情的要素と物語を組み合わせ、全体として言葉、音楽、動き、その他エンターテイメントの各種技術を統合したものである。ミュージカル・シアター(演劇)の略語で、ミュージカル・プレイ、ミュージカル・コメディ、ミュージカル・レビューの総称である。 ミュージカルは、通常の演劇(ストレートプレイ)の中に演出として劇中歌が入っているものとは異なる。したがってジョン・ケアードが言うように、俳優が突然「私が歌うナンバーだわ」と言っているように思えるミュージカルほど悪いものはない。トレバー・ナンは「歌詞の言葉は誇張されている。だが、単純な朗唱か歌唱では、単純でつまらなくなる〜パフォーマーは歌詞やメロディを自分たちが創造していると感じるところまで行き着くべきだ」と言っているように、単純に歌と台詞と踊りが入っているだけの劇はミュージカルと言わない。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB


ミュージカル南十字星

『ミュージカル南十字星』(ミュージカルみなみじゅうじせい)は、劇団四季のミュージカル作品。浅利慶太の演出により2004年に初演された。以後、断続的に上演されている。 作品 太平洋戦争中の日本によるインドネシア進駐と軍政統治、BC級戦犯裁判において無実の罪で裁かれた日本軍将兵の悲劇を描いた、史実を踏まえたフィクション。演出として、水とインドネシアの(というよりバリ島の)伝統芸能を作中で多用している。 昭和三部作 本作は劇団四季の昭和三部作と呼ばれる作品群の一つ(残り二作は『ミュージカル李香蘭』と『ミュージカル異国の丘』)。但し、姉妹作の『異国の丘』においては九重首相と架空名にされていた近衛文麿首相は、本作品では(ナレーションで)本名で呼ばれており、三部作で作品世界がリンクしているわけではない。あくまでも「昭和の戦争」を描いた三部作という意味である。 作品中のインドネシアの文化と芸能 劇中に登場するインドネシアの芸能の一部はバリ島固有の文化であり、作劇に若干の混乱が見られる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB


ミュージカル映画

ミュージカル映画(英: Musical film)は、映画のジャンルの一つで、物語に混在して俳優が歌を歌う形式を指す。一般的に歌によって筋を発展させたり、映画上の配役を特徴付けたりする。ミュージカル映画のサブジャンルはミュージカルコメディであり、通常の音楽、ダンス、筋書きに加えて、強いユーモアの要素を持つ。 1927~1930年代 ミュージカル映画は、1920年代末期にトーキーが発明され、映画に音楽をあわせることが可能となったことを期に出現した。最初のトーキーとされるアル・ジョルスン主演の『ジャズ・シンガー』(1927) からして、音楽映画である。当初は舞台作品をそのまま映画にしたものが多く、ストーリーそのものが無いレビュー短編なども多く作られた。 しかしトーキー当初は歌もダンスも未熟な役者が多く駆り出され、粗製濫造の感もあった。そのような中で人気を集めたのは、洗練された魅力を持った欧州風オペレッタ映画であり、ハリウッドでもドイツ出身のエルンスト・ルビッチら欧州の人材が活躍した。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB


ミュージカル李香蘭

『ミュージカル李香蘭』(ミュージカルりこうらん)は、国際女優・山口淑子の半生に焦点をあてたミュージカル作品。史実を基にしているがフィクションである。浅利慶太の演出により劇団四季が断続的に上演している。原作は山口淑子と藤原作弥の共著による『李香蘭 私の半生』。劇団四季の昭和三部作と呼ばれる作品群の一つ(残り二作は『ミュージカル異国の丘』と『ミュージカル南十字星』)。 山口淑子は李香蘭の芸名を持ち、戦前は中国人と思われていた。第二次世界大戦の終結に伴い中華民国政府により漢奸裁判にかけられる。その顛末と戦争の歴史が同時進行で描かれてゆく。 1992年には中国、1997年にはシンガポールにて海外公演が行われた。 2015年には、浅利慶太プロデュース公演として上演。 スタッフなど 原作:『李香蘭 私の半生』新潮社刊より 企画・構成・演出・台本:浅利慶太 作曲:三木たかし 作詞:浅利慶太、岩谷時子、高平哲郎、高橋由美子 振付:山田卓 装置:土屋茂昭 照明:沢田祐二 主要キャスト 劇団四季公演 (最初の俳優が初演時のキャスト) 李香蘭:野村玲子、鈴木京子、井料瑠美、沼尾みゆき、笠松はる 川島芳子:保坂知寿、山崎佳美、五東由衣、濱田めぐみ、樋口麻美 李愛蓮:志村幸美、桑原美樹、五東由衣、範衛華、秋夢子 杉本:芥川英司、芝清道、坂元健児 王玉林:芝清道、熱海将人、道口瑞之、青山祐士、神永東吾 浅利慶太プロデュース公演 李香蘭:野村玲子、笠松はる 川島芳子:雅原慶、坂本里咲 李愛蓮:秋夢乃 杉本:上野聖太 王玉林:村田慶介 公演記録 劇団四季公演 1991年1月7日 - 1月27日 - 青山劇場(東京初演) 1991年3月22日 - 4月29日 - 日生劇場(東京凱旋) 1991年10月10日 - 11月3日 - 青山劇場(東京3回目) 1992年1月8日 - 2月23日 - 近鉄劇場(大阪初演) 1992年3月1日 - 3月26日 - 中日劇場(名古屋初演) 1992年5月13日 - 5月24日 - メルパルクホール福岡(福岡初演) 1996年9月5日 - 9月23日 - 青山劇場(東京4回目) 1996年10月4日 - 10月20日 - 近鉄劇場(大阪凱旋) 1997年11月9日 - 11月24日 - 青山劇場(東京5回目) 1997年12月6日 - 12月28日 - 近鉄劇場(大阪3回目) 2000年4月23日 - 6月18日 - 四季劇場[秋](東京6回目) 2000年6月29日 - 11月14日 - 全国公演 (全国各地で凱旋) 2000年8月9日 - 8月22日 - 近鉄劇場(大阪4回目) 2000年11月9日 - 11月26日 - 福岡シティ劇場(福岡凱旋) 2003年6月15日 - 7月27日 - 四季劇場[秋](東京7回目) 2005年8月15日 - 10月2日 - 四季劇場[秋](東京8回目) 2005年11月16日 - 12月11日 - 京都劇場(京都初演) 2006年4月21日 - 5月20日 - 新名古屋ミュージカル劇場(名古屋凱旋) 2013年9月8日 - 9月29日 - 四季劇場[秋](東京9回目) 浅利慶太プロデュース公演 2015年8月31日 - 9月12日:JR東日本アートセンター自由劇場 2015年12月3日 - 12月9日:JR東日本アートセンター自由劇場 演出に関して 初演からJR東日本アートセンター四季劇場[秋]が出来るまでは、東京での公演は青山劇場がほとんどであった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB


ミュージカルソー

『ミュージックソー』より : ミュージックソーは、体鳴楽器のひとつ。「ミュージカル・ソー」(英: Musical saw)、「シンギング・ソー」(英: Singing saw)とも呼ばれる。ジャグ・バンドなどでの演奏にも使用される。 西洋鋸によく似ているが、刃は付いていないか、付いていても目立てされていないので切断に用いることはできない。 一般的な奏法  奏者はイスに腰をかけて鋸のハンドル部分を両膝ではさみ右手もしくは左手で台形をした鉄板部分の先端をつまむ このとき刃の付いている楽器ではそれを自分の方にむけておく 空いた手に撥(マレット)またはヴァイオリン等の弓を持つ 鉄板部分を持った指に力を入れて鉄板をたわませ、S字カーブを描くよう曲げる このときS字の下方の半円部分の天辺あたりがもっとも音の出るポイントとなる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB


ミュージカル異国の丘

『ミュージカル異国の丘』は、西木正明の『夢顔さんによろしく』に想を得た浅利慶太の演出により、劇団四季が断続的に上演しているミュージカル作品。2001年初演。 主人公の九重秀隆は近衛文隆をモデルとし、実際に近衛文隆により試みられた和平工作事件を素材に物語が構築されている。劇団四季の昭和三部作と呼ばれる作品群の一つ(残り二作は『ミュージカル李香蘭』と『ミュージカル南十字星』)。 但し、昭和24年(1949年)に封切、上映された映画『異国の丘』とはストーリーが異なる(関連項目にある吉田正の歌謡曲「異国の丘」がこの映画で採用されている)。 公演 スタッフ 企画・演出・美術:浅利慶太 台本:浅利慶太、湯川裕光、羽鳥三実広 作曲:三木たかし、吉田 正、近衛文隆 作詞:浅利慶太、岩谷時子、荒木とよひさ、松田宏一、増田幸治、佐伯孝夫(補作詞)、越智登喜男 振付:加藤敬二 音楽監督:鎮守めぐみ 編曲:中川幸太郎、佐橋俊彦、山下康介、三木たかし 照明:紫藤正樹 主要キャスト 九重秀隆:石丸幹二、下村尊則、荒川務 宋愛玲:保坂知寿、佐渡寧子、木村花代 吉田:中嶋徹 神田:深水彰彦、武藤寛 西澤:深見正博、神保幸由  大森:川原洋一郎、江上健二 、田中廣臣  杉浦:宮川政洋、内海雅智、香川大輔 平井:有馬光貴、維田修二 宋美齢:武木綿子、八重沢真美、中野今日子 李花蓮:坂本里咲、秋本みな子、佐和由梨、濱田めぐみ、団こと葉、岡本結花 劉玄:栗原英雄、阿久津陽一郎、青山祐士 宋子明:日下武史、岡本隆生、青木朗、武見龍麿、山口嘉三 蒋賢忠:青山祐士、武藤寛、内海雅智、中村啓士、中村伝 九重菊麿:武藤寛、高林幸兵、山口嘉三、武見龍磨、岡本隆生、松宮五郎 アグネス・フォーゲル夫人:末次美紗緒、久野綾希子、武木綿子、木村不時子、大橋伸予、西田有希 クリストファー・ワトソン:広瀬明雄、岡本隆生、青木朗、武見龍麿、志村要、鈴木周 メイ総領事:羽鳥三実広、高林幸兵、青木朗、高橋征郎、武見龍麿 ナターシャ:大平敦子、山田あけ美、西村麗子、西田有希(先頭がオリジナルキャスト) 主人公の名前 劇団四季が『ミュージカル異国の丘』の製作発表を会誌等で告知した時点では、主人公名は「九重秀隆」ではなく近衛文隆であり、他の人物も実名を利用したものであった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB


ミュージカル・テニスの王子様

『ミュージカル・テニスの王子様』(ミュージカル・テニスのおうじさま)は、週刊少年ジャンプ(集英社刊)にて連載された許斐剛による少年漫画『テニスの王子様』を舞台化したミュージカル (通称・テニミュ) 。 「男性のみのキャスト陣」「少年漫画の舞台化」「スポーツ物」との条件が揃った作品は過去類を見ず、当初は製作者側も手探り状態で作り上げた。製作者・出演者を含めてテニスのルールを知っていたのは初代大石役を務めた土屋のみであり、公演で使用したラケットは土屋の私物であった。また、人によっては近寄りがたさを感じる「演劇」という媒体であった上、「人気漫画作品の舞台化」と言うメディア展開は、当時としては一般的にはまだ馴染みの薄いものであった。 そのため、初演当初は原作・アニメファンの認知度や関心も低く、前売りチケットはほとんど売れず、初日は座席が3分の1しか埋まらなかった。しかし、口コミなどにより徐々に客足は増加、千秋楽では立ち見客が出るまでとなり、追加公演や原作を追う形でのシリーズ公演を重ねる人気ミュージカルとなった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB


ミュージカル少女

ミュージカル少女(みゅーじかるしょうじょ)とは概ね高校生以下のミュージカル出演を中心に活躍する少女の総称で、インターネットの普及によって使われ始めた用語である。
1986年にミュージカル『アニー』の日本テレビ版が上演され、ジュニアミュージカルがジャンルとして確立して以降、一部の子役ファンに注目されてきたが、1991年にアイドル的なメディアミックスを伴った南青山少女歌劇団が結成されると、大きなブームメントには至らなかったが、イベント好きのアイドルファンにも注目されるようになった。2000年代に入りジュニアアイドルの人気が定着すると、一つのアイドルの形として認知されるようになった。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB


「ミュージカル」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ミュージカル」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ミュージカル」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る