メヌエットとは?

メヌエットの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【メヌエットとは?】
メヌエットについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

メヌエットとは?

メヌエット

メヌエット(英: minuet、仏: menuet、独: Menuett、伊: minuetto)は、ヨーロッパの舞曲のひとつ。4分の3拍子で、各小節の1拍目にアクセントが置かれる。比較的ゆったりとしたリズムで優雅に踊られる宮廷舞踊である。フランスの民俗舞踊に由来する。バロック時代に独立した楽曲として、また、組曲の1曲として数多く作曲された後、交響曲やソナタの楽章(普通は第3楽章)に取り入れられた。ハイドンやベートーヴェンによってスケルツォが分化した。 主な作品 ビゼー: 『アルルの女』 - 第1組曲、第2組曲にそれぞれ「メヌエット」がある。 ペツォールト: 「メヌエット ト長調」 BWV Anh.114 (「J.S.バッハのメヌエット」として有名な曲だが、近年、ペツォールトによる作品と判明した) ベートーヴェン: 「6つのメヌエット」 WoO.10 第2番 ト長調(「ト調のメヌエット」として知られる) パデレフスキ: 「古風なメヌエット」 Op.14-1 ラヴェル: 「古風なメヌエット」 滝廉太郎: 「メヌエット ロ短調」 - 1900年に日本で初めて作曲されたピアノ独奏曲である。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88


「メヌエット」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「メヌエット」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「メヌエット」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る