モテットとは?

モテットの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【モテットとは?】
モテットについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

モテットとは?

モテット

モテット(英: 仏: motet、独: Motette、英: mottetto、羅: motetus)は、声楽曲のジャンルのひとつ。一般的に、中世末期からルネサンス音楽にかけて成立・発達した、ミサ曲以外のポリフォニーによる宗教曲を指す。 モテットという言葉自体は、歴史をさかのぼると13世紀以降に発展を始めた世俗のポリフォニー歌曲に行き着くが、音楽学者は便宜上、アルス・アンティカやアルス・ノヴァの世俗ポリフォニーについてはラテン語を用いて「モテートゥス」とし、ルネサンス以降の教会ポリフォニーについては「モテット」としている。英語とフランス語は、綴りが同じだが、フランス語では「モテ」と読む。 語源 モテットの語源は、中世フランス語で“ことば”を意味する「モ mot 」という語にさかのぼる。これはおそらく、アルス・アンティカのモテートゥスの特徴であるポリテクスト(各パートが異なる言語やテクストを併用する現象。例えば、テノール声部が文語のラテン語、それ以外のパートが世俗語である中世フランス語。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%88


「モテット」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「モテット」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「モテット」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る