ラプソディとは?

ラプソディの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ラプソディとは?】
ラプソディについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ラプソディとは?

ラプソディ

『狂詩曲』より : 狂詩曲(きょうしきょく)またはラプソディ(英: rhapsody、独: Rhapsodie、仏: rhapsodie、伊: rapsodia)は、自由奔放な形式で民族的または叙事的な内容を表現した楽曲。異なる曲調をメドレーのようにつなげたり、既成のメロディを引用したりすることが多い。 19世紀半ばにフランツ・リストが作曲した『ハンガリー狂詩曲』(全19曲)がおそらく最も大規模かつ有名な作品であり、後年の作品はそれに何らかの影響を受けたものと考えられる。 またガーシュウィンの『ラプソディ・イン・ブルー』は知名度が大変高く、ポピュラー音楽の分野にも影響を与えている。 代表的な作品 クラシック音楽 生年順。 リスト 『ハンガリー狂詩曲』、『スペイン狂詩曲』 ラロ 『ノルウェー狂詩曲』 ブラームス 『2つのラプソディ』(ピアノ曲)、『アルト・ラプソディ』(管弦楽と合唱) サン=サーンス 『オーヴェルニュ狂詩曲』 シャブリエ 狂詩曲『スペイン』 ドヴォルザーク 『スラヴ狂詩曲』(第1番ニ長調、第2番ト短調、第3番変イ長調) スタンフォード 『アイルランド狂詩曲』 ヤナーチェク 狂詩曲『タラス・ブーリバ』 ハーバート 『アイルランド狂詩曲』 ディーリアス 『アメリカ狂詩曲』、『ブリッグの定期市』(イングランド狂詩曲) ドビュッシー 『リストの様式による狂詩曲』(紛失)、『サクソフォーンと管弦楽のための狂詩曲』、『クラリネットと管弦楽のための第1狂詩曲』 アルヴェーン 『スウェーデン狂詩曲』(第1番『夏至の夜の徹夜祭』、第2番『ウプサラ狂詩曲』、第3番『ダーラナ狂詩曲』) ヴォーン=ウィリアムズ 『ノーフォーク狂詩曲第1番』 ラフマニノフ 『パガニーニの主題による狂詩曲』(ピアノと管弦楽のための作品) ホルスト 『サマセット狂詩曲』 ラヴェル 『スペイン狂詩曲』 ブロッホ ヘブライ狂詩曲『シェロモ』 エネスク 『ルーマニア狂詩曲』 バルトーク 『ピアノと管弦楽のためのラプソディー』(Op.1, Sz26)、『ヴァイオリンと管弦楽のためのラプソディー第1番・第2番』 ガーシュウィン 『ラプソディ・イン・ブルー』 鈴木静一『狂詩曲「海」』 伊福部昭 『日本狂詩曲』 大栗裕 『大阪のわらべうたによる狂詩曲』、『吹奏楽のための小狂詩曲』 芥川也寸志『オーケストラのためのラプソディ』 外山雄三 『管弦楽のためのラプソディ』 ポピュラー音楽 クイーン『ボヘミアン・ラプソディ』 Raphael『秋風の狂詩曲』 堂島孝平『葛飾ラプソディー』 ゴスペラーズ『狂詩曲』 ALI PROJECT『ヴェネツィアン・ラプソディー』 angela『新宿狂詩曲』 井上陽水『新しいラプソディ』 RAG FAIR『半熟ラプソディ』『早春ラプソディ』 藤山一郎『東京ラプソディ』 山下達郎『新・東京ラプソディー』 ゆず『人間狂詩曲』 海原千里・万里『大阪ラプソディー』 中村美律子『空港ラプソディー』 RCサクセション『ラプソディー』 ももいろクローバーZ『DNA狂詩曲』 GLAY『RHAPSODY』 SEKAI NO OWARI『マーメイドラプソディー』 出典 関連項目 狂想曲 奇想曲。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%87%E3%82%A3


ラプソディー・オブ・ファイア

ラプソディー・オブ・ファイア(Rhapsody of Fire)は、イタリア、トリエステ出身のシンフォニックパワーメタルバンド。2006年7月14日、著作権及び商標の問題により、ラプソディー(Rhapsody)からラプソディー・オブ・ファイアに改名した。 オーケストレーションを大々的に導入したドラマティックなメタルによって幻想的な世界を描き出すそのスタイルは、シンフォニックメタル及びパワーメタルの1つの完成形である。メタル後進国であったイタリアから突如として現れ、ラビリンス、スカイラークとともにイタリアンメタルの地位を確立し、母国イタリアを中心に多くのフォロワーを生んだ。 1997年に発表した『レジェンダリィ・テイルズ』から2002年の『パワー・オブ・ザ・ドラゴンフレイム』までの5作品は、エメラルド・ソード・サーガという1つのコンセプト・ストーリーになっている。 また、2004年に発表した『シンフォニー・オブ・エンチャンテッド・ランズ II』から2011年の『フロム・ケイオス・トゥ・エターニティー 』までの5作品は、ダーク・シークレット・サーガというコンセプト・ストーリーとなっている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%87%E3%82%A3


ラプソディー (バンド)

『ラプソディー・オブ・ファイア』より : ラプソディー・オブ・ファイア(Rhapsody of Fire)は、イタリア、トリエステ出身のシンフォニックパワーメタルバンド。2006年7月14日、著作権及び商標の問題により、ラプソディー(Rhapsody)からラプソディー・オブ・ファイアに改名した。 オーケストレーションを大々的に導入したドラマティックなメタルによって幻想的な世界を描き出すそのスタイルは、シンフォニックメタル及びパワーメタルの1つの完成形である。メタル後進国であったイタリアから突如として現れ、ラビリンス、スカイラークとともにイタリアンメタルの地位を確立し、母国イタリアを中心に多くのフォロワーを生んだ。 1997年に発表した『レジェンダリィ・テイルズ』から2002年の『パワー・オブ・ザ・ドラゴンフレイム』までの5作品は、エメラルド・ソード・サーガという1つのコンセプト・ストーリーになっている。 また、2004年に発表した『シンフォニー・オブ・エンチャンテッド・ランズ II』から2011年の『フロム・ケイオス・トゥ・エターニティー 』までの5作品は、ダーク・シークレット・サーガというコンセプト・ストーリーとなっている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%87%E3%82%A3


ラプソディー・イン・ブルー

『ラプソディ・イン・ブルー』より : ラプソディ・イン・ブルー(Rhapsody in Blue)は、アメリカの作曲家ジョージ・ガーシュウィンが作曲、ファーディ・グローフェが編曲したピアノ独奏と管弦楽のための音楽作品である。 『ラプソディ・イン・ブルー』というタイトルは「ジャズの語法によるラプソディ」といった程度の意味がある。ラプソディ(狂詩曲)には、「民族音楽風で叙事詩的な、特に形式がなく自由奔放なファンタジー風の楽曲」という意味があるので、このタイトルから、ガーシュウィンはジャズをアメリカにおけるある種の「民族音楽」と捉えていたことが窺える。 実際この曲は、アメリカ的な芸術音楽の代表格とみなされている。 「この曲は青い」という言葉が題名の由来。元は『アメリカン・ラプソディ』という題名だったが、兄のアイラ・ガーシュウィンが現在の題名を提案して変更した。 作曲の経緯・初演 ポール・ホワイトマンの提案を受け、1924年、ニューヨークのエオリアンホールで開かれた「新しい音楽の試み」と題されたコンサートに向けて作曲し、そこで初演された(同年2月12日)。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%87%E3%82%A3


ラプソディ・イン・ブルー

ラプソディ・イン・ブルー(Rhapsody in Blue)は、アメリカの作曲家ジョージ・ガーシュウィンが作曲、ファーディ・グローフェが編曲したピアノ独奏と管弦楽のための音楽作品である。 『ラプソディ・イン・ブルー』というタイトルは「ジャズの語法によるラプソディ」といった程度の意味がある。ラプソディ(狂詩曲)には、「民族音楽風で叙事詩的な、特に形式がなく自由奔放なファンタジー風の楽曲」という意味があるので、このタイトルから、ガーシュウィンはジャズをアメリカにおけるある種の「民族音楽」と捉えていたことが窺える。 実際この曲は、アメリカ的な芸術音楽の代表格とみなされている。 「この曲は青い」という言葉が題名の由来。元は『アメリカン・ラプソディ』という題名だったが、兄のアイラ・ガーシュウィンが現在の題名を提案して変更した。 作曲の経緯・初演 ポール・ホワイトマンの提案を受け、1924年、ニューヨークのエオリアンホールで開かれた「新しい音楽の試み」と題されたコンサートに向けて作曲し、そこで初演された(同年2月12日)。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%87%E3%82%A3


ラプソディー

『Rhapsody』より : 狂詩曲(きょうしきょく)またはラプソディ(英: rhapsody、独: Rhapsodie、仏: rhapsodie、伊: rapsodia)は、自由奔放な形式で民族的または叙事的な内容を表現した楽曲。異なる曲調をメドレーのようにつなげたり、既成のメロディを引用したりすることが多い。 19世紀半ばにフランツ・リストが作曲した『ハンガリー狂詩曲』(全19曲)がおそらく最も大規模かつ有名な作品であり、後年の作品はそれに何らかの影響を受けたものと考えられる。 またガーシュウィンの『ラプソディ・イン・ブルー』は知名度が大変高く、ポピュラー音楽の分野にも影響を与えている。 代表的な作品 クラシック音楽 生年順。 リスト 『ハンガリー狂詩曲』、『スペイン狂詩曲』 ラロ 『ノルウェー狂詩曲』 ブラームス 『2つのラプソディ』(ピアノ曲)、『アルト・ラプソディ』(管弦楽と合唱) サン=サーンス 『オーヴェルニュ狂詩曲』 シャブリエ 狂詩曲『スペイン』 ドヴォルザーク 『スラヴ狂詩曲』(第1番ニ長調、第2番ト短調、第3番変イ長調) スタンフォード 『アイルランド狂詩曲』 ヤナーチェク 狂詩曲『タラス・ブーリバ』 ハーバート 『アイルランド狂詩曲』 ディーリアス 『アメリカ狂詩曲』、『ブリッグの定期市』(イングランド狂詩曲) ドビュッシー 『リストの様式による狂詩曲』(紛失)、『サクソフォーンと管弦楽のための狂詩曲』、『クラリネットと管弦楽のための第1狂詩曲』 アルヴェーン 『スウェーデン狂詩曲』(第1番『夏至の夜の徹夜祭』、第2番『ウプサラ狂詩曲』、第3番『ダーラナ狂詩曲』) ヴォーン=ウィリアムズ 『ノーフォーク狂詩曲第1番』 ラフマニノフ 『パガニーニの主題による狂詩曲』(ピアノと管弦楽のための作品) ホルスト 『サマセット狂詩曲』 ラヴェル 『スペイン狂詩曲』 ブロッホ ヘブライ狂詩曲『シェロモ』 エネスク 『ルーマニア狂詩曲』 バルトーク 『ピアノと管弦楽のためのラプソディー』(Op.1, Sz26)、『ヴァイオリンと管弦楽のためのラプソディー第1番・第2番』 ガーシュウィン 『ラプソディ・イン・ブルー』 鈴木静一『狂詩曲「海」』 伊福部昭 『日本狂詩曲』 大栗裕 『大阪のわらべうたによる狂詩曲』、『吹奏楽のための小狂詩曲』 芥川也寸志『オーケストラのためのラプソディ』 外山雄三 『管弦楽のためのラプソディ』 ポピュラー音楽 クイーン『ボヘミアン・ラプソディ』 Raphael『秋風の狂詩曲』 堂島孝平『葛飾ラプソディー』 ゴスペラーズ『狂詩曲』 ALI PROJECT『ヴェネツィアン・ラプソディー』 angela『新宿狂詩曲』 井上陽水『新しいラプソディ』 RAG FAIR『半熟ラプソディ』『早春ラプソディ』 藤山一郎『東京ラプソディ』 山下達郎『新・東京ラプソディー』 ゆず『人間狂詩曲』 海原千里・万里『大阪ラプソディー』 中村美律子『空港ラプソディー』 RCサクセション『ラプソディー』 ももいろクローバーZ『DNA狂詩曲』 GLAY『RHAPSODY』 SEKAI NO OWARI『マーメイドラプソディー』 出典 関連項目 狂想曲 奇想曲。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%87%E3%82%A3


ラプソディア

ラプソディア(伊 Rapsodia)とは、 (ギリシャ語: ῥαψῳδία, rhapsodia)古代ギリシアの吟遊詩人ラプソドスが朗読する詩のこと。 イタリア語でラプソディのこと。狂詩曲を参照。 Ceuiのアルバム。Rapsodiaを参照。 (和製英語 Rhapsodia)コナミから発売されたPlayStation 2用ゲームソフト。Rhapsodiaを参照。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%87%E3%82%A3


「ラプソディ」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ラプソディ」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ラプソディ」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る