エレジーとは?

エレジーの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【エレジーとは?】
エレジーについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

エレジーとは?

エレジー

エレジー(英語:elegy, elegíe)は、悲しみを歌った詩などの文学作品、楽曲。日本語では悲歌(ひか)、哀歌(あいか)、挽歌(ばんか)などと訳される。元々は古代ギリシアのエレゲイア(elegeia)で、ある種の韻律、さらに死を哀悼する詩を指した。語源はギリシャ語のエレゴス(elegos)。 古典詩のエレジー 古典詩のエレゲイアの詩形、つまりエレゲイオン(elegeion, Elegiac couplet)は2つの行から成る連句である。最初の行はダクテュロス・ヘクサメトロス(長短短六歩格)で、それにダクテュロス・ペンタメトロスの行が続く。ダクテュロス・ペンタメトロスとは、2つのダクテュロス(長短短格)-長音節-2つのダクテュロス-長音節という韻律である。ダクテュロスはヘクサメトロス、ダクテュロスの中で、場所によってスポンデイオス(長長格)に置き換えることもでき(逆に置き換えなければならないこともある)、「-」を長音節、「u」を短音節、「U」を長音節か2つの短音節とすれば、次のようになる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%BC


エレジー (バンド)

エレジー (Elegy)は、オランダのヘヴィメタルバンド。ヘンク・ヴァン・ダー・ラーズを中心として1985年に結成。 プログレッシブ・メタルの要素を大きく取り込んだパワーメタルを持ち味としている。ソロ・キャリアなどで名を馳せたイアン・パリーが加入したことでバンドは大きく躍進した。 ラインナップ 現メンバー マーティン・ヘルマンテル Martin Helmantel - ベース イアン・パリー Ian Parry - ボーカル パトリック・ロンダット Patrick Rondat - ギター Bart Bisseling - ドラム 旧メンバー Chris Terheijden - ボーカル エドワード・ホーヴィンガ - ボーカル ヘンク・ヴァン・ダー・ラーズ - ギター Arno Van Brussel - ギター Gilbert Pot - ギター Gerrit Hager - キーボード Chris Allister - キーボード Joshua Dutrieux - キーボード Bert Burgers - ドラムス Ed Warby - ドラムス Dirk Bruinenberg - ドラムス Serge Meeuwsen - ドラムス ディスコグラフィ 『迷宮の夢』 Labyrinth of dreams (1993年) 『スープレマシー』 Supremacy (1994年) 『LOST』 Lost (1995年) 『プライマル・インスティンクト』 Primal instinct (1996年) 『ステイト・オブ・マインド』 State of mind (1997年) 『マニフェステイション・オブ・フィア』 Manifestation of Fear (1998年) 『フォービドン・フルート』 Forbidden Fruit (2000年) 『プリンシプルズ・オヴ・ペイン』 Principles of Pain (2002年) 外部リンク ELEGY-Official website :)。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%BC


「エレジー」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「エレジー」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「エレジー」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る