円舞曲とは?

円舞曲の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【円舞曲とは?】
円舞曲について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

円舞曲とは?

円舞曲

『ワルツ』より : ワルツ(英: waltz、英語発音: [wɔːlts] (ウォールツ)、仏: valse(ヴァルス)、独: Walzer(ヴァルツァー))とはテンポの良い淡々とした舞曲、及びそれに合わせて踊るダンスを言う(→ワルツ (ダンス) )。舞曲は3拍子が一般的である。円舞曲(えんぶきょく)。 西オーストリア・南ドイツ(ハプスブルク帝国)起源で、13世紀頃から今日のチロル州とバイエルン州の農民が踊っていたヴェラー (Weller) というダンスから成立した。単純なリズムなので平行してフランスでも類似した踊りは存在していたと思われるが、前身形態のドイツ舞曲からモーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトら名だたる大作曲家が手がけて発展させ、シュトラウス父子が爆発的に普及させたことからドイツ民族を代表する舞曲として位置づけられることが多い。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E8%88%9E%E6%9B%B2


「円舞曲」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「円舞曲」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「円舞曲」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る