レクイエムとは?

レクイエムの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【レクイエムとは?】
レクイエムについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

レクイエムとは?

レクイエム

レクイエム(ラテン語: Requiem、レクィエムとも表記される)は、ラテン語で「安息を」という意味の語であり、以下の意味で使われる。 死者の安息を神に願うカトリック教会のミサ。死者のためのミサ(羅: missa pro defunctis)。聖公会においても行われる。 上記のミサで用いる聖歌。完全ミサ曲のひとつ。またそれに想を得て作られた楽曲。「死者ミサ曲」、「死者のためのミサ曲」などと訳される。「鎮魂歌」(ちんこんか)、「鎮魂曲」(ちんこんきょく)と訳されることもあるが、レクイエム自体には「鎮魂」の意味はない。 宗教的な意味を離れて、単に「葬送曲」「死を悼む」という意味でレクイエムという語が使われる。このカテゴリーに声楽を伴わず、ピアノ独奏とトランペット独奏を伴う室内オーケストラのために書かれたハンス・ヴェルナー・ヘンツェの作品、オルガン独奏のための「ウェービング」に始まり、様々な楽器編成のための作品がほぼピッチ・インターヴァル技法で作曲されている松平頼暁の作品、「若き詩人のためのレクイエム」と題して電子音を含めた様々な楽器編成で構成されるベルント・アロイス・ツィンマーマンの作品などがある。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%A0


レクイエム (モーツァルト)

レクイエム ニ短調(独語名:Requiem in d-Moll)K. 626は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756年 - 1791年)が作曲したレクイエム(死者のためのミサ曲)である。モーツァルトの死により作品は未完のまま残され、弟子のフランツ・クサーヴァー・ジュースマイヤーにより補筆完成された。 しばしば、ヴェルディ、フォーレの作品とともに「三大レクイエム」の一つに数えられる。 作曲の経緯 1791年、モーツァルトはウィーンの聴衆の人気を失い、苦しい生活を送っていた。旧知のシカネーダー一座から注文を受けたジングシュピール『魔笛』K. 620の作曲をほぼ終えたモーツァルトは、プラハでのボヘミア王としての皇帝レオポルト2世の戴冠式で上演するオペラ・セリア『皇帝ティートの慈悲』K. 621の注文を7月末に受け、これを優先して作曲する。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%A0


レクイエム (ヴェルディ)

ジュゼッペ・ヴェルディの作曲したレクイエム(原題:Messa da Requiem per l'anniversario della morte di Manzoni 「マンゾーニの命日を記念するためのレクイエム」)は、カトリックのミサ曲のひとつである。イタリアの文豪アレッサンドロ・マンゾーニを追悼する目的で作曲され、マンゾーニの一周忌にあたる1874年5月22日、ミラノ、サン・マルコ教会で初演された。しばしば、モーツァルト、フォーレの作品とともに「三大レクイエム」の一つに数えられると共に、後述のとおり(好悪両面において)「最も華麗なレクイエム」と評される。 作曲の経緯 前史:「ロッシーニのためのレクイエム」 ヴェルディが宗教曲を手がけるのは、この「レクイエム」が最初ではなかった。オペラ作曲家として身を起こす以前の1830年代前半、故郷ブッセートの教会のためにいくつかの作曲を行っていることが知られている。ただしその殆どは散逸し、演奏されることはない。 また、ヴェルディは1868年に死去した大オペラ作曲家ジョアキーノ・ロッシーニを記念する「ロッシーニのためのレクイエム」を協同で作曲することを他のイタリア人作曲家(ヴェルディを除いて12人)に提案している。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%A0


レクイエム (フォーレ)

レクイエム(Requiem)ニ短調作品48は、ガブリエル・フォーレが作曲したレクイエム。 レクイエムの傑作として知られ、フォーレの全作品中で最も演奏機会が多い。フォーレの音楽活動のなかでは、ピアノ四重奏曲第2番ト短調作品45、あるいは『パヴァーヌ』作品50などと並んで、中期の幕開きを告げる代表的な作品に位置づけられる。演奏時間約40分。 しばしば、モーツァルト、ヴェルディの作品とともに「三大レクイエム」の一つに数えられる。 作曲の動機については、父親が1885年7月、母親が1887年12月にそれぞれ死去したことがよく挙げられる。ただし、フォーレが残しているスケッチによると、遅くとも1887年秋には作曲に着手しており、母親の死は直接関係していないと考えられる。さらにフォーレは、 「私のレクイエムは、特定の人物や事柄を意識して書いたものではありません。……あえていえば、楽しみのためでしょうか」と書いているのである。 また、マドレーヌ寺院での初演では、寺院の司祭から斬新過ぎると叱責されたらしい。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%A0


レクイエム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

統合依頼中
このページは、ガンダムSEEDに登場する他の兵器と統合することが提案されています。統合についての議論はノート:機動戦士ガンダムSEED#ガンダムSEEDの登場艦艇を統合 ノート:機動戦士ガンダムSEEDを参照してください。
レクイエムとは、アニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の大型兵器。アイデアの元ネタは『宇宙戦艦ヤマト』の反射衛星砲だと思われる。
地球連合軍の月面ダイダロス基地に設置された軌道間全方位戦略砲とよばれる巨大なビーム砲である。月面周囲にある廃棄されたスペースコロニー コロニーが巨大なビーム偏向装置「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」に改造されており、これらを使って発射されたビームの角度を変えることが出来るため、目標がどこにいても攻撃できる。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%A0


レクイエム・フォー・ドリーム

作品名 レクイエム・フォー・ドリームRequiem for a Dream
監督 ダーレン・アロノフスキー
製作総指揮 ボー・フリンステファン・シムコウィッツニック・ウェクスラー
製作 エリック・ワトソンパーマー・ウェスト
脚本 ヒューバート・セルビー・ジュニアダーレン・アロノフスキー
出演者 ジャレッド・レトジェニファー・コネリーエレン・バースティン
音楽 クリント・マンセル
撮影 マシュー・リバティーク
編集 ジェイ・ラビノウィッツ
配給
上映時間 102分
言語 英語
制作費 $4,500,000
興行収入
前作
次作
allcinema_id 163031
kinejun_id

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%A0


レクイエム (デュリュフレ)

モーリス・デュリュフレの《レクイエム レクィエム》作品9は、楽譜出版社デュランの依嘱によって1947年に作曲された宗教曲。混声合唱およびメゾソプラノ独唱とバリトン独唱のために作曲されており、オルガン伴奏版(またはオルガン伴奏とチェロ独奏版)、オルガンならびに弦楽合奏伴奏版、管弦楽伴奏版の3種の版が存在する。
依頼が舞い込んできたとき、デュリュフレはグレゴリオ聖歌を主題とする《組曲_(デュリュフレ) オルガン組曲》の作曲に取り組んでいた。それでデュリュフレは、《組曲》のためのスケッチを《レクィエム》の作曲に転用しており、グレゴリオ聖歌の《死者のためにミサ曲》からも多くの主題を用いている。主題の素材のほとんどがグレゴリオ聖歌に由来すると言っても過言でない。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%A0


「レクイエム」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「レクイエム」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「レクイエム」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る