練習曲とは?

練習曲の意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【練習曲とは?】
練習曲について:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

練習曲とは?

練習曲

練習曲(れんしゅうきょく)は、楽曲の種類の一種。フランス語風にエチュード(Étude、「学習」の意:英語のstudyに当たる)ともいう。練習曲と呼ばれる楽曲は次の2種に大別され、各々の定義は若干異なる。 楽器や歌の演奏技巧を修得するための楽曲。 演奏会用練習曲。演奏するために非常に高い技巧を要求する比較的短い楽曲。性格的小品の一種である。 練習曲 通例、曲により修得すべき演奏技巧が特定されており、その技巧を曲の中で繰り返し要求し、その技巧の修得を目指す。前者に挙げられているものは文字通りの「練習曲」であり、演奏技巧の学習を目的とした、教育用の練習曲である。 「文字通りの練習曲」には大きく分けて2つの種類があり、そのひとつが、ハノンやブラームスのピアノ練習曲に代表される、機械的な練習を主な目的とした練習曲である。これらの曲は、単純な音形を反復練習することにより機械的な演奏能力を向上させることを目指している。これらの練習曲はもっぱら技術的な面のみに関心が向けられるのが常であり、通常の意味における「音楽」としては成立していない場合が多い(これらを「音楽」として演奏会で演奏するような演奏家が存在しないわけではないが、そのような試みがなされる機会はごく限られている)。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%B4%E7%BF%92%E6%9B%B2


練習曲 (ドビュッシー)

《ピアノのための12の練習曲(フランス語 仏語;”Douze Études pour piano”)》または単に《12の練習曲》は、クロード・ドビュッシーの最晩年のピアノ曲。1915年の8月から9月に作曲され、「フレデリック・ショパン ショパンの追憶に ”À la mémoire de Chopin” 」献呈された。1916年12月14日に、パリでワルター・ルンメル(:w:Walter Morse Rummel Walter Rummel)によって初演された。出版譜は第1部と第2部に分けられ、それぞれ6曲ずつで構成されている。作曲家のジャン・バラケは、第1部は「指の柔軟性とメカニズム」に、第2部は「響きとリズムの探究」に振り当てられていると註釈した。
音楽表現においてフレデリック・ショパン ショパンがドビュッシーに影響を与えた明確な痕跡は全く認められないが、《12の練習曲》を作曲した時、ドビュッシーにとってその天才ポーランド人がやはり重要なお手本であったことは明らかである。実際、ピアニストすべての専門的な得意分野であり、完璧な音楽性の上に成り立つ驚くべき演奏会用作品となっているショパンの練習曲について、考えずにいられようか。ドビュッシーとショパンの練習曲が同等にみなされるのは、まさに後者においてである。ショパンの場合と同様に、ドビュッシーの練習曲は冷たく並外れた技巧(ヴィルテュオジテ)を要求するものではなく、教育的な役割を越えている。その練習曲は技巧的であるにもかかわらず良い音楽であり、人が受ける喜びを押し広げることにより、常に音楽と演奏の役割を果たしている。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%B4%E7%BF%92%E6%9B%B2


練習曲 (ショパン)

フレデリック・ショパン作曲の練習曲(れんしゅうきょく)は、ピアノのための練習曲の中で最も有名なものの一つ。全27曲ある。練習曲ではあるが音楽的にも完成された作品であり、弾きこなすには高度な技術と芸術的センスが必要である。演奏会でも取り上げられることが多く、愛称がついている作品も多い。(なお、愛称はどれもショパン自身によるものではない。) 全部で3つの曲集からなる。 12の練習曲 作品10 12の練習曲 作品25 3つの新練習曲 12の練習曲 作品10 初版は1833年に発表された(一部は1829年には既に作曲されていた)。その時ショパンは23歳、当時パリのサロンでは既にショパンは有名な作曲家、ピアニストとして認知されていた。この曲集は当時作曲活動にひたむきであったフランツ・リストに捧げられ、二人が知り合うきっかけにもなった。 作曲年代:1829年~1832年 出版:1833年 第1番『滝』 ハ長調 「滝」や「階段」の愛称で呼ばれることがある。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%B4%E7%BF%92%E6%9B%B2


練習曲第12番 (ショパン)

正式名称 練習曲第12番
譜面 Etude 10 12.png
作曲者 フレデリック・ショパン
別名 革命
形式 練習曲
調 ハ短調
拍子 2/2
速度標語 アレグロ・コン・フォーコ
速度指定 160
出版年 1831年
作品番号 Op. 10 No. 12
フレデリック・ショパンの練習曲ハ短調作品番号 作品10-12(Étude Op.10, No.12)は『革命のエチュード』(かくめい - )として知られるピアノ独奏のための作品。1831年頃に書かれた。最初の練習曲集(作品10)の12番目として出版され、友人フランツ・リストに献呈された。
この練習曲は11月蜂起における1831年のロシア帝国 ロシアによるワルシャワ侵攻にほぼ同くして公表された。ショパンは肉体的もろさのため暴動に参加することはできず、その怒りの感情を代わりにそのとき作曲した多くの作品にぶつけている。その中で最も注目に値するのが、この革命のエチュードである。失敗に終わったポーランドのロシアに対する革命が終結したとき、ショパンは「これは私に多くの痛みを残した。それを分かっていたのかもしれない!」と泣いた。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%B4%E7%BF%92%E6%9B%B2


練習曲第3番 (ショパン)

正式名称 練習曲第3番
譜面 Etude 10 3.png
作曲者 フレデリック・ショパン
別名 別れの曲
形式 練習曲
調 ホ長調
拍子 2/4
速度標語 レント・マ・ノン・トロッポ
速度指定 50
出版年 1832年
作品番号 Op. 10 No. 3
練習曲第3番ホ長調は、フレデリック・ショパンが作曲したソロ (音楽) 独奏ピアノ曲。遅いカンタービレの練習で、右手が内声部を弾きながら、旋律の音量を維持しなければならない。日本においては、「別れの曲」の名で広く知られる。
日本では『別れの曲』の愛称で広く知られるが、これは、1934年のドイツ映画の邦題『別れの曲』(当時の欧州映画は数ヶ国語版をネイティブの俳優で同時撮影する慣習があり、日本ではなぜかフランス語版が公開された)で同曲が主題となり物語が展開していったという経緯に因む(尚、映画での演奏はEmil von Sauer)。この映画はかつてNHKで何度か取り上げられて放映されていたが(オリジナル版だったため、劇場で見たものと違うと抗議が殺到した)、DVD化されていない。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%B4%E7%BF%92%E6%9B%B2


「練習曲」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「練習曲」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「練習曲」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る