ロックとは?

ロックの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ロックとは?】
ロックについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ロックとは?

ロック

ロック rock 岩石 ロック (音楽) - 音楽ジャンル ロック (潜水艦) - アメリカ海軍の潜水艦 ロック岩崎 - 元航空自衛官・エアショーパイロット ROCK-Tee - ミュージシャンで、EAST ENDのメンバー オン・ザ・ロック - カクテルやウイスキーの飲み方の一種lock 錠前 - 鍵のうち固定された側の機構。 施錠 固定・固着 ロック (情報工学) - アクセス制限のための仕組み ロック (ダンス) - ダンスのジャンル ラグビーのポジションのひとつlocke 英語の姓 ジョン・ロック - 哲学者 マシュー・ロック - 作曲家 超人ロック - 聖悠紀の漫画、および登場人物 ロック (小惑星) - 小惑星の一種roc ブラックバーン ロック - イギリスの戦闘機roqueロック競技(en) - クロッケーの亜種である球技地名 浅草公園六区 - 東京都の地区 ロック座 - 上記にある劇場 浅草ロック通り - 上記にある道 ロック=エギネール=サン=テゴネック - フランスのコミューンその他 ロック鳥 - 伝説の巨鳥 ロック・ホーム - 手塚治虫作品多数の登場人物。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマン (ゲーム)

『ロックマン』(ROCKMAN, 日本国外名: Mega Man)は、カプコンから1987年12月17日に発売されたファミリーコンピュータ対応のアクションゲーム。ロックマンシリーズの第1作目である。 いくつかのプラットフォームに移植されている(後述)が、本項では特に断りがない限りファミリーコンピュータ版(FC版)の仕様について記す。 今作は、6つの選択ステージと、それをすべてクリアした後に現れる4つのステージの、計10ステージで構成される。 本作独自の仕様 スコアの概念があり、全ての敵にスコアが設定されている他、スコア獲得用のアイテムも存在する。 敵からダメージを受けると一定時間無敵状態になるが、その間もトゲ型(三角形)のトラップに触れるとミスになる。 ステージの途中に置いてあるアイテムは、画面をスクロールさせるだけで復活する。一部復活しないアイテムもあるが、その場合も一度ミスしてやり直せば復活する。 1度クリアしたステージに再度挑戦したときもボスとは再度戦闘になる。 本作における水中での挙動は「動きが鈍る」だけであり、ジャンプ力に変化は無い。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマン2

『ロックマン (ゲーム)』より : 『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』(ロックマンツー ドクターワイリーのなぞ)は、カプコンから発売されたアクションゲーム。ファミリーコンピュータ(以下FC)用として発売され、後に各種プラットフォームに移植されるが、それぞれ仕様が異なる(後述)。 ロックマンシリーズ第2作である本作は、前作『ロックマン』よりステージが増えており、8つの選択ステージとワイリーステージ(6ステージ)の計14のステージから構成される。操作性を始め、前作のシステムを元に、以降の作品の基礎中の基礎となるシステム周りが構成されている。 一般のユーザーによるボスキャラクターのデザイン募集も本作から開始された。 復刻版であるPS版のパッケージや説明書には「シリーズ最高傑作」という記述があり、全世界市場において全ロックマンシリーズ中、最高の販売本数を記録している作品である。 前作からのシステム変更点 登場するステージボスが6体から8体に増加した(以降、ロックマンシリーズのボスキャラ数は8体となる)。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマン3

『ロックマン (ゲーム)』より : 『ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?』(ロックマンスリー ドクターワイリーのさいご!?)は、カプコンから1990年9月28日に発売されたファミリーコンピュータ専用のアクションゲーム。ロックマンシリーズ第3作である。後にプレイステーションや携帯アプリに移植されたほか、バーチャルコンソール(Wii・3DS・Wii U)やゲームアーカイブス(PSP・PS3)で配信されている。 ステージは8つの選択ステージ、選択式の?ステージ(4ステージ)、ブレイクマンとの対決ステージ、ワイリーステージ(6ステージ)の計19のステージから構成される。 ステージ数やボス戦数の多さなどはシリーズ中でも指折りである。今作からキャラクターの詳細な設定が多く発表されており、以降の重要キャラクターであるブルースが初登場したことも加え、イベントなどの演出面がよりストーリー性を帯びるようになった。 説明書とエンディングでDr.ライトナンバーズロボットデータファイルで紹介されている。ライト博士のデータが公式設定されたために記載された。 iアプリ版では操作性を考慮し、地上で下ボタンを押すとスライディングをすることが出来る。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマン4

『ロックマン (ゲーム)』より : 『ロックマン4 新たなる野望!!』(ロックマンフォー あらたなるやぼう!!)は、カプコンから1991年12月6日に発売されたファミリーコンピュータ(以下FC)専用のアクションゲーム。ロックマンシリーズ第4作である。後にプレイステーション(以下PS)や携帯アプリなどに移植された。 ステージは8つの選択ステージとDr.コサックステージ(4ステージ)、ワイリーステージ(4ステージ)の計16ステージから構成される。 チャージショットが導入されたことで前作までと比べてゲームバランスが大きく変わっており、ストーリー性の強化も顕著になった。 他のシステム変更も加えて後の作品に与えた影響は大きく、本シリーズの一つの転換点ともいえる作品である。 システムの変更点 ライト博士が密かに開発していたニューロックバスターを装着したことで、威力の高いチャージショットを撃てるようになった。最大チャージショットの威力は通常弾の3倍である。 『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/Wii U』では、ロックマンの横スマッシュ攻撃としてチャージショットが登場する。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマン5

『ロックマン (ゲーム)』より : 『ロックマン5 ブルースの罠!?』(ロックマンファイブ ブルースのわな!?)は、カプコンから1992年12月4日に発売されたファミリーコンピュータ(以下FC)専用のアクションゲーム。ロックマンシリーズ第5作である。後にプレイステーション(以下PS)や携帯アプリに移植された。 ロックマンシリーズ第5作。8つの選択ステージとブルースステージ(4ステージ)とワイリーステージ(4ステージ)の計16ステージで構成されている。 ステージの中には重力反転ステージやマリンバイクステージ等といった、それまでのシリーズ作品にはなかった特殊なものも登場する。 システムの変更点 チャージショットの当たり判定が大きくなり、「ニューロックバスター」が「スーパーロックバスター」に改称された。チャージ時間も「4」と比べ、かなり短縮されている。しかし、チャージ中にダメージを受けるとチャージし直す必要があるという欠点もある。 特殊武器の対ボスダメージが抑えられ、弱点以外は基本的に最低効果となった。 ラッシュコイルがラッシュ自身も飛び上がる仕様に変更され、二段階ジャンプが可能になった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマン6

『ロックマン (ゲーム)』より : 『ロックマン6 史上最大の戦い!!』(ロックマンシックス しじょうさいだいのたたかい!!)は、カプコンから1993年11月5日に発売されたファミリーコンピュータ専用のアクションゲーム。ファミリーコンピュータ用ソフトとしては最終作となる。後にプレイステーションや携帯アプリに移植された。 ロックマンシリーズ第6作である。本作では、シリーズ恒例のボスキャラクターの募集が日本国外からも行われ、全世界で20万通以上の応募があった。 ステージは、8つの選択ステージとMr.Xステージ(4ステージ)、ワイリーステージ(4ステージ)の計16ステージから構成される。なおボスキャラはアルファベット順にナンバリングされており、ステージスタート時のボスキャラ紹介では全身とキャラクター名のほかステータスも表示される。今作ではボス部屋が2つ存在するステージがある。 隠しアイテムとして通常時に武器エネルギー回復アイテムをとると残存エネルギーの少ないものから順に回復してくれる「エネルギーバランサー」が登場した。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマン7

『ロックマン (ゲーム)』より : 『ロックマン7 宿命の対決!』(ロックマンセブン しゅくめいのたいけつ!)は、カプコンから1995年3月24日にスーパーファミコン専用ソフトとして発売されたアクションゲーム。ロックマンシリーズ第7作である。ニンテンドウパワーからも供給された。 ロックマンのライバル、フォルテの初登場作品。 スーパーファミコンに機種変更されたことにより、グラフィックや音楽がより鮮明になった。ステージはオープニングステージと4つの前半選択ステージ、中間ステージ(1ステージ)、4つの後半選択ステージ、ワイリーステージ(4ステージ)の計14ステージから構成される。 オープニングデモの序盤のBGMは「6」のエンディング曲である。 中間ステージのBGMは「1」のガッツマンステージ、「2」のヒートマンステージ、「3」のスネークマンステージのBGMを組み合わせたアレンジ曲になっている。 ストーリー ロックマンの活躍により逮捕されたDr.ワイリーだったが、その数ヶ月後、ワイリーに万一のことが起きた時、起動するようセットされていた4体のロボットが目覚め、刑務所を襲撃。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマン8

『ロックマン (ゲーム)』より : 『ロックマン8 メタルヒーローズ』(ロックマンエイト メタルヒーローズ)は、カプコンから発売されたアクションゲーム。プレイステーション(以下PS)版は1996年12月17日に、セガサターン(以下SS)版は1997年1月17日にそれぞれ発売されている。 ロックマンシリーズ第8作である。ステージは、オープニングステージと4つの前半選択ステージ、中間ステージ(1ステージ)、4つの後半選択ステージ、ワイリーステージ(4ステージ)の計14ステージから構成されている。特殊武器を持つボスのステージは前半と後半に分かれたステージ構成になっている(なお、このシステムは『ロックマンX4』でも採用されている。)。キャラクターが声を発するようになり、さらにアニメーションシーンやオープニング曲・エンディング曲が初めて導入された。また、前作同様ネジを集めてパーツを作るシステムがあるが、入手できるネジの数が限られているため、どのアイテムを開発するかが鍵となる。ロックマン2から採用されたパスワードによるコンティニューが廃止され、シリーズ初のセーブ機能が搭載されてパスワードを入力する手間がなくなった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロック・リー

『NARUTO -ナルト-の登場人物一覧』より : ロック・リー(Rock Lee)は、岸本斉史作の漫画作品およびそれを原作としたアニメ『NARUTO -ナルト-』に登場する架空の人物。アニメでの声優は増川洋一。 【第三班】(ガイ班)の一員であり、マイト・ガイの愛弟子。チームメイトは日向ネジとテンテン。うずまきナルト達カカシ班の一期先輩にあたる。 信頼する師匠ガイの熱い意思と濃ゆい眉毛(通称ゲジマユ)、そしてオカッパの髪型を受け継ぐ熱い人物で、その容姿の濃ゆさゆえに第一印象が悪くなりがちだが、本当は誠実で誰にでも優しくできる爽やかな好青年。おっちょこちょいでもあり、ユーモア溢れる人物であるが、あまりの熱血ぶりに周囲から呆れられることもしばしば。非常に礼儀正しく、どんな人物に対しても必ず敬語で話す。一人称は「僕」。道徳心にあふれ、曲がったことを決して許さない正義感を持ち、それゆえにたびたび無茶をする。自称「木ノ葉の美しき碧い野獣」。好きな言葉は、努力・根性・愛。ガイ直伝の「自分ルール」を利用して修行するクセがある。ちなみに忍者学校時代は後ろ髪を三つ編み、ガイに弟子入りした当初は跳ね髪だった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマンエグゼ

ロックマンエグゼは、カプコンが製作したコンピューターゲーム、及びそれを原作とするアニメ、漫画作品。 GBAソフト『バトルネットワーク ロックマンエグゼ』を第1作とする一連のゲーム作品。ロックマンエグゼシリーズを参照。 テレビ東京系列で2002年~2006年に放映されたテレビアニメシリーズ。ロックマンエグゼ (アニメ)を参照。 鷹岬諒による漫画作品(月刊コロコロコミック連載)。ロックマンエグゼ (漫画)を参照。 けいじま潤原作、あさだみほ作画の漫画作品(小学館学習雑誌連載)。バトルストーリー ロックマンエグゼを参照。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマンエグゼStream

『ロックマンエグゼ』より : 『ロックマンエグゼStream』(ロックマンエグゼ ストリーム)は、カプコンのゲームソフト『ロックマンエグゼシリーズ』を原作とするテレビアニメ。 2004年10月2日から2005年9月24日まで、アニメ『ロックマンエグゼAXESS』の続編として、テレビ東京系列で毎週土曜日8時30分から9時00分の時間帯に放送された。全51話。 ストーリー ベースは『ロックマンエグゼ4』、『ロックマンエグゼ5』。基本的に前作と同じ設定を引き継いでいる(以降のシリーズも同様)。危険な惑星の抹殺を使命とする地球外ナビ・デューオが現れる。前作の事件で、デューオは地球を危険な惑星だと判断した。が、デューオは人間とネットナビが融合するクロスフュージョンに興味を持ち、人類の未来を見届けたいと考え、熱斗とロックマンに試練を課す。地球抹殺までの猶予を与え、それを回避したければ試練を乗り越えよと言う。熱斗とロックマン達の新たな戦いが始まる。 登場人物 『エグゼ』=前々作『ロックマンエグゼ』、『AXESS』=前作『ロックマンエグゼAXESS』を指す。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマンエグゼAXESS

『ロックマンエグゼ』より : 『ロックマンエグゼAXESS』(ロックマンエグゼ アクセス)は、カプコンのゲームソフト『ロックマンエグゼシリーズ』を原作とするテレビアニメ。 2003年10月4日から2004年9月25日まで、アニメ『ロックマンエグゼ』の続編として、テレビ東京系列で毎週土曜日8時30分から9時00分の時間帯に放送された。BSジャパンでも遅れネットされた。全51話。 ストーリー ベースは『バトルネットワーク ロックマンエグゼ3』、『ロックマンエグゼ4』。ゴスペルとの最終決戦後、平和を取り戻した世界でダークロイドとネビュラの手によりウイルスやダークロイドが現実世界で実体化する事件が起こる。熱斗とロックマンは融合=クロスフュージョンして、ネット社会の平和を守るネットセイバーとして様々な事件を解決してゆく。クロスフュージョンの影響で、前作後半で大活躍した「スタイルチェンジ」の代わりに「ソウルユニゾン」の能力がロックマンに発現する。ダークロイドの設定上、敵ナビにオペレーターがいない(もしくは違う)等、設定がゲームと大きく異なる箇所がある。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマンエグゼBEAST

『ロックマンエグゼ』より : 『ロックマンエグゼBEAST』(ロックマンエグゼ ビースト)は、カプコンのゲームソフト『ロックマンエグゼシリーズ』を原作とするテレビアニメ。 2005年10月1日から2006年4月1日まで、アニメ『ロックマンエグゼStream』の続編として、テレビ東京系列で毎週土曜日8時30分から9時00分の時間帯に放送された。全25話。 ストーリー ベースは『ロックマンエグゼ6』。前作のデューオの危機から1か月後。並行世界ビヨンダードより突如現れた巨大電脳獣、グレイガとファルザーは、互いにゾアノロイドと呼ばれる自律ナビを率い、次元を越えて抗争を繰り広げる。平和を脅かすグレイガ軍、ファルザー軍に立ち向かう熱斗とロックマン達。しかし、彼らと共に現れた赤ん坊ナビトリルと出会ったロックマンに、恐るべき「獣化」の力が宿る。トリルの正体、そして電脳獣が熱斗達の世界に現れた目的とは? 登場人物 主要人物 光 熱斗(ひかり ねっと) 声 - 比嘉久美子 主人公。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマンエグゼBeast

『ロックマンエグゼ』より : 『ロックマンエグゼ』は、カプコンのゲームソフト『ロックマンエグゼシリーズ』を原作とするテレビ東京系列のテレビアニメ作品。 放送データ 第1シリーズ『ロックマンエグゼ』は毎週月曜日18時30分から19時00分に放送された。 その後半年の休止を挟んだ後、毎週土曜日8時30分から9時00分の時間帯で第2シリーズ『ロックマンエグゼAXESS』(ロックマンエグゼ アクセス)、第3シリーズ『ロックマンエグゼStream』(ロックマンエグゼ ストリーム)、第4シリーズ『ロックマンエグゼBEAST』(ロックマンエグゼ ビースト)が放送。 第5シリーズ『ロックマンエグゼBEAST+』(ロックマンエグゼ ビーストプラス)はそれまでの30分放送とは異なり、同時間帯に放送される『おはコロシアム』内の短編アニメ(10分番組)として放送された。 第2シリーズ以降の詳細については、下記のリンク先を参照。 ロックマンエグゼ 放送期間:2002年3月4日 - 2003年3月31日(全56話) ロックマンエグゼAXESS 放送期間:2003年10月4日 - 2004年9月25日(全51話) ロックマンエグゼStream 放送期間:2004年10月2日 - 2005年9月24日(全51話) ロックマンエグゼBEAST 放送期間:2005年10月1日 - 2006年4月1日(全25話) ロックマンエグゼBEAST+ 放送期間:2006年4月8日 - 9月30日(全26話) ストーリー 高度に電子化された近未来の世界。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマンエグゼBeast+

『ロックマンエグゼ』より : 『ロックマンエグゼBEAST』(ロックマンエグゼ ビースト)は、カプコンのゲームソフト『ロックマンエグゼシリーズ』を原作とするテレビアニメ。 2005年10月1日から2006年4月1日まで、アニメ『ロックマンエグゼStream』の続編として、テレビ東京系列で毎週土曜日8時30分から9時00分の時間帯に放送された。全25話。 ストーリー ベースは『ロックマンエグゼ6』。前作のデューオの危機から1か月後。並行世界ビヨンダードより突如現れた巨大電脳獣、グレイガとファルザーは、互いにゾアノロイドと呼ばれる自律ナビを率い、次元を越えて抗争を繰り広げる。平和を脅かすグレイガ軍、ファルザー軍に立ち向かう熱斗とロックマン達。しかし、彼らと共に現れた赤ん坊ナビトリルと出会ったロックマンに、恐るべき「獣化」の力が宿る。トリルの正体、そして電脳獣が熱斗達の世界に現れた目的とは? 登場人物 主要人物 光 熱斗(ひかり ねっと) 声 - 比嘉久美子 主人公。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマンエグゼBEAST+

『ロックマンエグゼ』より : 『ロックマンエグゼBEAST』(ロックマンエグゼ ビースト)は、カプコンのゲームソフト『ロックマンエグゼシリーズ』を原作とするテレビアニメ。 2005年10月1日から2006年4月1日まで、アニメ『ロックマンエグゼStream』の続編として、テレビ東京系列で毎週土曜日8時30分から9時00分の時間帯に放送された。全25話。 ストーリー ベースは『ロックマンエグゼ6』。前作のデューオの危機から1か月後。並行世界ビヨンダードより突如現れた巨大電脳獣、グレイガとファルザーは、互いにゾアノロイドと呼ばれる自律ナビを率い、次元を越えて抗争を繰り広げる。平和を脅かすグレイガ軍、ファルザー軍に立ち向かう熱斗とロックマン達。しかし、彼らと共に現れた赤ん坊ナビトリルと出会ったロックマンに、恐るべき「獣化」の力が宿る。トリルの正体、そして電脳獣が熱斗達の世界に現れた目的とは? 登場人物 主要人物 光 熱斗(ひかり ねっと) 声 - 比嘉久美子 主人公。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマンエグゼBEAST+

『ロックマンエグゼ』より : 『ロックマンエグゼBEAST』(ロックマンエグゼ ビースト)は、カプコンのゲームソフト『ロックマンエグゼシリーズ』を原作とするテレビアニメ。 2005年10月1日から2006年4月1日まで、アニメ『ロックマンエグゼStream』の続編として、テレビ東京系列で毎週土曜日8時30分から9時00分の時間帯に放送された。全25話。 ストーリー ベースは『ロックマンエグゼ6』。前作のデューオの危機から1か月後。並行世界ビヨンダードより突如現れた巨大電脳獣、グレイガとファルザーは、互いにゾアノロイドと呼ばれる自律ナビを率い、次元を越えて抗争を繰り広げる。平和を脅かすグレイガ軍、ファルザー軍に立ち向かう熱斗とロックマン達。しかし、彼らと共に現れた赤ん坊ナビトリルと出会ったロックマンに、恐るべき「獣化」の力が宿る。トリルの正体、そして電脳獣が熱斗達の世界に現れた目的とは? 登場人物 主要人物 光 熱斗(ひかり ねっと) 声 - 比嘉久美子 主人公。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマンゼロ

ロックマンゼロ (ROCKMAN ZERO) とは、2002年4月26日にカプコンから発売されたゲームボーイアドバンス専用のアクションゲームである。2014年10月22日からは、Wii Uのバーチャルコンソールでも配信されている。 ロックマンゼロシリーズの第一作目で、ロックマンシリーズ15周年記念作品。ロックマンXシリーズのゼロを主人公に置きつつも、従来のシリーズとは一線を画すキャラクターデザインや世界観、「正義」と「悪」が曖昧なストーリーとなっている。 アクション部分は基本的にXシリーズのものを継承しているが、繋がりを持ち徒歩で移動可能なマップ、サイバーエルフという新たな強化システム、レベルアップする複数の武器と3種類のエレメントチップを使用する戦闘スタイル、ステージ序盤や中盤に発生する変則的なボス戦、捕らえられた仲間の救出や爆弾の解除といった特殊な目的が存在するステージの登場など、様々な試みがなされている。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマンゼロ3

『ロックマンゼロ』より : ロックマンゼロ3 (ROCKMAN ZERO3) とは、2004年4月23日にカプコンから発売されたゲームボーイアドバンス専用のアクションゲームである。2015年5月13日より、Wii Uバーチャルコンソールにて配信開始。 ロックマンゼロシリーズ3作目。前2作の反省点が特に活かされ、システムの大幅な改良が施されている。また、ボイスも徹底的に強化され、ボスのボイスの多さはXシリーズを上回る。 カードeリーダー+や『ロックマンエグゼ4』、バトルチップゲートとの連携・通信機能を持たせてあるが、次回作で廃止された。 なお、スタッフ自身は本作でシリーズ完結を予定していたらしく、「ゼロ3は広げた風呂敷を畳むための作品」と語っている 。また、本作で四天王と完全に決着をつける予定だったが、それも見送られている。 システムの変更点 サイバーエルフが減点されない「サテライト」と従来通り減点される「フュージョン」の2種類に分けられた。 武器のスキルアップシステムが廃止され、最初から全武器がチャージ可能になった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


ロックマンメガミックス

『ロックマンメガミックス』 (ROCKMAN MEGAMIX) は、有賀ヒトシが『コミックボンボン』増刊号で執筆した、ロックマンシリーズを原作とする漫画作品である。
基本的にはロックマンシリーズの世界観やキャラクターを使ったオリジナルストーリー(モチーフとした作品の数ヵ月後ないしは数年後を舞台のイメージとしているため)で、有賀独自の解釈で世界観をつくりあげている。作風としては、鉄腕アトム同様のロボットの存在意義や葛藤を描いた、シリアスで重いストーリーが展開される。
単行本には、他にデラックスボンボンで掲載された4コマ漫画や設定資料集も掲載される。また各巻の最後には、それぞれの話にまつわるエピソードを1ページ漫画で綴っている。因みに第1巻に収録された『ロックマン誕生』は描き下ろし。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF


「ロック」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ロック」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ロック」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る