ロマンスとは?

ロマンスの意味は?音楽・楽譜関連の用語辞典です。
音楽用語辞典【ロマンスとは?】
ロマンスについて:音楽用語辞典

[PR]ヤフオク!ストアから即決ですぐ買える大出血商品掲載中! 若者よ集え!ゲームやファッション、音楽まで!

ロマンスとは?

ロマンス

『ロマン』より : ロマンス (romance) は、本来は「ローマ的」という意味。中世ヨーロッパでは、正式な古典文化を意味する「ラテン」に対し「民衆のもの」という意味合いがあり、そこから以下のような意味が派生した。 空想的で大衆向けの小説、物語。 現在では特に恋愛小説を指す。 中世騎士物語 史詩(中世スペイン文学の一ジャンル) 民族叙事詩 - 当該項目参照 恋愛話、恋愛事件 ロマンス諸語 - 俗ラテン語を起源とするヨーロッパの言語の総称 ロマンス (音楽) - 自由な形式の甘美な楽曲 楽曲 クラシックの楽曲についてはロマンス (音楽) を参照。 楽曲・シングル ロマンス (ガロの曲) ロマンス (岩崎宏美の曲) ロマンス (郷ひろみの曲) ロマンス (聖飢魔IIの曲) ロマンス (原田知世の曲) ロマンス (PENICILLINの曲) ロマンス (中原麻衣の曲) ROMANCE - DREAMS COME TRUEの曲。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンスシート

『ロマンスカー』より : 座席(ざせき)とは、座るための場所およびその場所に付帯する器具のこと。通常、座席は一人の人間に対して提供されたものを指す。座席はシートとしても表記され、シーターなどの言葉でも表現される。 概念 基本的には座ることを目的とするため、一般的には椅子・ベンチ等が使用されるが、「枡席(ますせき)」や「カーペットシート」など、必ずしもそういった器具を付帯しない場合もある。後者の場合、その区画に対して定めた定員に割り振る形で座席としたり、畳や板張りなど直接ないしは覆いがない場合は座布団などの覆うもので指定・指示された区画を座席としたりする。公共交通機関においては客船における「カーペット船室」や寝台列車・夜行列車における個室寝台等が挙げられる。また、後者に含まれるものとして、「立ち席」・「立ち見席」もある。これらも安全性を考慮した上で個々に配分されている。 一般には、劇場や映画館、鉄道車両やバスでは観客や乗客に対して設けられている椅子等を指すことが多い。鉄道・航空機等の場合、座席指定料金を払うことで確実に座席を確保することができる。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンスカー

ロマンスカーとは、「ロマンスシート」を腰掛として使用した鉄道車両の愛称、あるいは列車愛称のひとつ。数々の私鉄で使われてきた愛称である。和製英語である。 ロマンスシート 映画館、喫茶店などで第二次大戦後に見られた二人掛け座席を指す和製英語。英語の"love seat"に相当する。20世紀末以降はその他の呼び名(転換クロスシート、回転クロスシートなど)が使用されることも多くなってきた。 日本の鉄道において、乗客が列車の進行方向に向けて2人単位で着席できる形式の座席は、1920年代以降広まった。鉄道省の二等車では方向転換可能な2人掛けの腰掛(転換クロスシート)が出現し、一部私鉄もこの流れを追った。また鉄道省の特急列車用三等車にも、一方向固定式の2人がけ座席が用いられるようになった。しかしこの車両を使用した場合、終着駅で1両毎に転車台で、または編成ごと方向転換を行った。これについては、デルタ線も参照されたい。 それ以前は、進行方向に向けて着席できる座席は4人1組の向かい合わせ固定式(いわゆるボックスシート)のみであり、2人単位のスペースを確保できる座席の出現は画期的であった。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンスは剣の輝き

『ロマンスは剣の輝き』(ロマンスはつるぎのかがやき)は、フェアリーテールより発売されたアダルトゲーム、及びそのシリーズ。略称は『ロマ剣』(ロマけん)。 本項では、シリーズ第1作『ロマンスは剣の輝き -THE LAST CRUSADER-』(ロマンスはつるぎのかがやき ザ・ラスト・クルセイダー)について記述する。 本作は、1995年6月23日にフェアリーテールよりPC-9800シリーズ用MS-DOSのハードディスク専用に発売された、剣と魔法のファンタジー18禁RPG。メディアがFDだったこともあり、既に入手もプレイも非常に困難な作品である。 ゲーム操作はフルマウスオペレーション。戦闘はタクティカルコンバット方式で、画面に向かって左側に自軍、右側に敵軍を配置という、PC-9800シリーズ独特のワイドサイズ (640*400) を活かしたものであった。 なお、同じくフェアリーテールから発売された『XIX[ギゼ!]』は前日談、その前にカクテル・ソフトより発売された『イルミナ!』は前々日談に当たるが、直接的な繋がりは無い。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンス (楽曲)

『ロマンス (音楽)』より : ロマンス(フランス語 仏語・英語:romance、ロシア語 露語:романс)、ロマンツェ(独語:Romanze)、もしくはロマンツァ(イタリア語 伊語:romanza)は、器楽曲のジャンル名の一つ。
ロシア語においては現在でも芸術歌曲の意味で使われているが、これは19世紀前半までフランスで芸術歌曲を「ロマンス」と呼んだ習慣に倣ったものである(近代フランス以降の芸術歌曲は「メロディ」と言う)。しかし一般的にロマンスもしくはロマンツェとは、器楽曲のジャンル名の一つであり、抒情的な旋律美とその敷衍に表現の主眼を置いたものをいう。形式による拘束がないため、作曲家によって大作から小品まで、規模はさまざまである。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンス (音楽)

ロマンス(フランス語・英語: romance, ロシア語: романс)、ロマンツェ(ドイツ語: Romanze)、ロマンツァ(イタリア語: romanza)は、器楽曲のジャンル名の一つ。 ロシア語においては現在でも芸術歌曲の意味で使われているが、これは19世紀前半までフランスで芸術歌曲を「ロマンス」と呼んだ習慣に倣ったものである(近代フランス以降の芸術歌曲は「メロディ」と言う)。しかし一般的にロマンスもしくはロマンツェとは、器楽曲のジャンル名の一つであり、抒情的な旋律美とその敷衍に表現の主眼を置いたものをいう。形式による拘束がないため、作曲家によって大作から小品まで、規模はさまざまである。 ロマンスという語は、スペイン語のロマンセ(スペイン語: romance)ないしはロマンサ(スペイン語: romanza)に遡り、もともと説話や口承文学を指すものだった。18世紀にイタリア語経由で音楽用語に取り入れられ、抒情的な楽曲に題名として添えられるようになった。内容的・性格的には、バロック音楽のエールの延長上にありながら、主情的で甘美な内容を最大の特色とする点において、19世紀のさまざまなキャラクター・ピースのはじまりになったと言ってよい。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンス語

ロマンス諸語(ロマンスしょご)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派ラテン・ファリスク語群に属する言語のうち、ラテン語の口語である俗ラテン語に起源をもつ言語の総称である。ロマン諸語、ロマンス語、ロマン語とも言う。 また、ラテン・ファリスキ語群のことをロマンス語群、イタリック語派のことをロマンス語派と言うこともある。 方言連続体についての論議の際、しばしばロマンス系諸語の近似性について言及される。これは近代言語学の父・フェルディナン・ド・ソシュールが一般言語学講義の中でフランス語とイタリア語は一つの方言連続体であり、「明確な境界線を引くことは難しい」と記している事からも窺える。ロマンス諸語は個々の言語である前にラテン語の方言であるともいえる。 分類について 言語学的にはロマンス語は、俗ラテン語を祖とする諸言語という以上の意味合いは持たず、その分類は政治的に行われてきた。分類法に関する学術的な検証は近年になって行われ始めたに過ぎず、言語系統についての議論は絶えない。イタロ・西ロマンス語やガロ・イベリア語などの細分化された分類についてはまだ確定されたものではない。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンス語派

『ロマンス語』より : ロマンス諸語(ロマンスしょご)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派ラテン・ファリスク語群に属する言語のうち、ラテン語の口語である俗ラテン語に起源をもつ言語の総称である。ロマン諸語、ロマンス語、ロマン語とも言う。 また、ラテン・ファリスキ語群のことをロマンス語群、イタリック語派のことをロマンス語派と言うこともある。 方言連続体についての論議の際、しばしばロマンス系諸語の近似性について言及される。これは近代言語学の父・フェルディナン・ド・ソシュールが一般言語学講義の中でフランス語とイタリア語は一つの方言連続体であり、「明確な境界線を引くことは難しい」と記している事からも窺える。ロマンス諸語は個々の言語である前にラテン語の方言であるともいえる。 分類について 言語学的にはロマンス語は、俗ラテン語を祖とする諸言語という以上の意味合いは持たず、その分類は政治的に行われてきた。分類法に関する学術的な検証は近年になって行われ始めたに過ぎず、言語系統についての議論は絶えない。イタロ・西ロマンス語やガロ・イベリア語などの細分化された分類についてはまだ確定されたものではない。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンス諸語

『ロマンス語』より : ロマンス諸語(ロマンスしょご)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派ラテン・ファリスク語群に属する言語のうち、ラテン語の口語である俗ラテン語に起源をもつ言語の総称である。ロマン諸語、ロマンス語、ロマン語とも言う。 また、ラテン・ファリスキ語群のことをロマンス語群、イタリック語派のことをロマンス語派と言うこともある。 方言連続体についての論議の際、しばしばロマンス系諸語の近似性について言及される。これは近代言語学の父・フェルディナン・ド・ソシュールが一般言語学講義の中でフランス語とイタリア語は一つの方言連続体であり、「明確な境界線を引くことは難しい」と記している事からも窺える。ロマンス諸語は個々の言語である前にラテン語の方言であるともいえる。 分類について 言語学的にはロマンス語は、俗ラテン語を祖とする諸言語という以上の意味合いは持たず、その分類は政治的に行われてきた。分類法に関する学術的な検証は近年になって行われ始めたに過ぎず、言語系統についての議論は絶えない。イタロ・西ロマンス語やガロ・イベリア語などの細分化された分類についてはまだ確定されたものではない。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンス (PENICILLIN)

Name ロマンス
Type シングル
Artist PENICILLIN
Background yellow
Released 1998年1月15日
Recorded -
Genre J-ROCK
Length
Label east west japan
Producer 重盛美晴
Reviews =
Chart position =
Certification =
Sales =
Last album ”夜をぶっとばせ” (1997年)

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンス語系

『イタリック語派』より : イタリック語派(イタリックごは)は、インド・ヨーロッパ語族の一語派。ケントゥム語に属す。オスク・ウンブリア語群とラテン・ファリスク語群とに分類される。紀元前1000年〜500年頃、他の語族・語派の言語とともに古代のイタリア半島で使われた(→古代イタリア地域諸言語)。イタリック語派を用いる古代の部族はイタリック人と呼ばれる。古イタリア文字を使うことが多かった。 ラテン語はイタリック語派のうち最も広く使われた言語であり、ラテン・ファリスク語群に属する。 ローマ帝国の拡大に従いラテン語が広がると他のイタリック語派の言語は死語になった。 現在のイタリア語は俗ラテン語を起源とするロマンス諸語に属する。 語群 オスク・ウンブリア語群 (Osco-Umbrian) ウンブリア語 (Umbrian) オスク語 (Oscan) サベリア語群 (Sabellian) ウェスティニ方言 (Vestinian) ウォルスク方言 (Volscian) エクウ方言 (Aequian) サビン方言 (Sabinian) 南ピケネ語 (South Picene) パエリグニ方言 (Paelignian) プレストン方言 (Prestonian) マルキニ方言 (Marrucinian) マルス方言 (Marsian) Pre-Samnite Hernicanラテン・ファリスク語群 (Latino-Faliscan) ファリスク語 (Faliscan) ラテン語 (Latin) ロマンス諸語 (Romance) - 新ラテン語 (Neo-Latin) ともいう。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンス (朝ドラ)

『ロマンス』は日本放送協会 NHKNHK朝の連続テレビ小説 連続テレビ小説で1984年4月から10月にかけて放送されていた作品で明治末年の北海道と東京を舞台に映画に情熱をかける若者たちを描いたドラマ。主役を演じた榎木孝明のテレビデビューで主題歌も担当した。テレビ小説作品では最初期にこそ男性主人公の作品もあったのだが、大ヒット作「おはなはん」以降は女性が主人公(ヒロイン)である作品が続いていた。この作品はそれ以降でははじめての男性を主人公にした連続テレビ小説作品である。また青年男子が主人公となるのもはじめて。これ以後は男性を主人公にしたドラマもいくつか製作される。

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンス (テレビドラマ)

ロマンスは、1999年4月から6月にかけて讀賣テレビ放送 よみうりテレビ制作・日本テレビ放送網 日本テレビ系列で放送されていたテレビドラマである。
北区つかこうへい劇団も協力していた。
宮沢りえ
池内博之
吉田智則 (俳優) 吉田智則
雛形あきこ
加藤晴彦
風間杜夫
西村和彦
平田満
泉ピン子
熊川哲也
竹内結子
羽野晶紀
原作:つかこうへい

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンスカード

ロマンスカード(ろまんすかーど)は、小田急電鉄が発売していたプリペイドカード。 1988年10月1日に小田急電鉄が発行を開始した「小田急電鉄線内のみ有効」のプリペイドカードである。名称の由来は小田急電鉄線内を走る小田急ロマンスカーから。 500円、1,000円、3,000円、5,000円の4種類の券種が発売され、小田急線各駅(発売当初は多摩線の黒川駅のみ利用が出来なかった)などで利用ができた。なお、5,000円券を購入すると、5,300円分の利用ができた。 日本国有鉄道→JRの発行しているオレンジカードと同様に、自動券売機にカードを挿入し、きっぷを購入しなければならなかった。 一時期、カードの裏面に「このカードで、乗越精算はできません。」(=自動精算機では利用できない)という表記がされていたが、その後発売されたカードでは自動精算機での乗り越し精算も可能になっていた。 その後、2000年10月14日に、小田急電鉄がパスネットを導入する事になり、ロマンスカードの発売は中止された。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンス中野

ロマンス中野は、日本の女性タレント。 独特なオタ芸によるパフォーマンスを繰り広げる。 以前自身が勤めていた飲食店にて過度な労働環境の辛い目にあい、会社を退社。その後、人間不信に陥り働く事も人と目をあわせる事も出来なくなり引きこもる。 そんな時、テレビで見たオタ芸に興味を持ち地下アイドルのコンサートにて最前列で踊るヲタ芸を目の当たりにし衝撃を覚え、ヲタ芸師として自身も人を元気に出来る活動をしていこうと決意し、2015年より本格的にタレント活動を開始。 出演 テレビ 関西テレビ メイドインカンサイOTK48 テレビ大阪 関西魂(MC嘉門達夫)準レギュラー 関西テレビ 宮根のどないアングル 関西テレビ ヨルスパ!類は恋を呼ぶ!? 朝日放送 ビーバップハイヒール チバテレビ Stand up!! 朝日放送「ノンスタイル石田の映画番組やります!!」 関西テレビ デリ芸 MBS ノブナガ サンテレビagehaTV レギュラー テレビ埼玉 オール☆in one アウトデラックス(2015年11月26日、フジテレビ) サンテレビ Bull RocokTV 脚注・出典 外部リンク ロマンス中野オフィシャルブログ – Amebaブログ。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンス (韓国ドラマ)

title=ロマンス
alphabet-type=英語 英題
alphabet=Romance
hangeul=로망스
hanja=-
katakana=ロマンス}}
ロマンスは2002年5月8日から6月27日にかけて韓国の韓国文化放送 MBCで放送されたテレビドラマである。全16話。監督はイ・デヨン。
儒教精神の強い韓国ではタブーとされる教師と生徒の恋愛を、明るく、時に切なく描く。主演女優のキム・ハヌルは生徒や同僚からも好かれる人気の新米高校教師を演じ、主演男優のキム・ジェウォンはどんな状況でも明るく笑顔をふりまき、アルバイトをして一家を支える男子高校生役を演じた。
キム・チェウォン(キム・ハヌル)
チェ・グァヌ(キム・ジェウォン)
イ・ウンソク(チョン・ソンファン)

【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンス・プライバシー

「ロマンス・プライバシー」は、日本の女性アイドルグループAKB48の派生ユニット・フレンチ・キスの楽曲。楽曲は秋元康により作詞、若田部誠により作曲されている。2012年7月18日にユニットの5作目のシングルとしてavex entertainmentから発売された。 楽曲のシングルCDは3種の初回生産限定盤(それぞれTYPE-A、B、Cと区別されている)、盤名がなくタイプ名のみの3種(それぞれTYPE-A、B、Cと区別されている。以下、本記事では通常盤と記す)、劇場盤の計7種類がリリースされた。劇場盤は販路限定盤で、サイト「mu-moショップ」を通してリリースされた。初回生産限定盤と通常盤の計6種にはDVDが付属しており、その収録内容はタイプ名ごとに異なっている(同一タイプの初回生産限定盤と通常盤は収録内容が同一である)。収録曲およびジャケットは3種の初回生産限定盤と劇場盤の計4種それぞれで異なっており、通常盤の3種の収録曲はそれぞれと同じタイプ名の初回生産限定盤と同一である。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンス第2番 (ベートーヴェン)

ロマンス第2番ヘ長調 Op.50は、ベートーヴェンが1798年に作曲したヴァイオリンと管弦楽のための楽曲。 ロマンス第1番ト長調 Op.40より先に作られたが、作品番号は後である。ト長調のものとは管弦楽の規模が小さい点において同じであるが、ト長調のものが和音進行を基調にしているのに対し、これは旋律的である。abaca-コーダの小ロンド形式で書かれ、その旋律の美しさによってよく取り上げられ、編曲もされる。 楽曲構成 Adagio 冒頭主題はF-A-G-B-G-F-Eの付点リズムと装飾音のついた甘美なもの。ヴァイオリンがE弦の高音域で単旋律を奏でる。ロンド形式のヘ短調部分も優美そのものである。 楽器編成 独奏ヴァイオリン、フルート1、オーボエ2、ファゴット2、ホルン(F管)2、弦五部。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンス語学

ロマンス語学(ろまんすごがく)とは、フランス語、スペイン語、イタリア語などラテン語、正確には俗ラテン語から変化してきた言語を対象とする学問。その内容はロマンス諸語の音韻、形態、文法などの通時的は変化、あるいは共時的な比較を主に行う。 関連項目 ロマンス諸語 印欧語学。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


ロマンスは剣の輝きII

『』より : 『ロマンスは剣の輝きII』(ロマンスはつるぎのかがやきツー)は、1999年12月22日にフェアリーテールよりWindows95/98/NT4.0用に発売されたR指定コンピュータRPG。 本項では、同タイトルを原作としたアダルトアニメやネットワークRPG、その他の関連作品についても記述する。 前作『ロマンスは剣の輝き』の続編であり、セシルエンドでの設定を引き継いでいる。FC会報での第一報時にはPC98用ソフトとして発売が予定されていた。 2001年にはれもんは〜とより、本作を原作とした全6巻のアダルトアニメも発売された。 2002年には角川書店により、『ロマンスは剣の輝きII 〜銀の虹を探して〜』(ロマンスはつるぎのかがやきツー ぎんのにじをさがして)としてPlayStation (PS) へ全年齢向けソフトとして移植された。 登場人物 声優名はPS版のもの。 キース・ライアン 人間の少年で、主人公。かつて義賊「シャドウブレイド」と謳われた亡父カインの意志を継いで2代目シャドウブレイドを名乗り、空中浮遊都市ダイダロスの謎を追い求める。
【引用元サイト名】Wikipedia
【引用元URL】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9


「ロマンス」関連の商品・グッズを見る
Amazonで「ロマンス」を検索する
音楽用語辞典|索引へ戻る


「ロマンス」以外の用語


音楽用語辞典|索引へ戻る